プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

マッシモ劇場”ラ・トラヴィアータ”

 こちらもブログアップが遅くなりましたが、6月18日日曜のマチネで、パレルモ・マッシモ劇場の「ラ・トラヴィアータ」を聴いていきました。プログラムでは「椿姫」になっていますが、ヴェルディ協会では「ラ・トラヴィアータ」の名称を取っていますので、そちらを使わせて頂きます。

 今回の公演では、日本では久々となる、レオ・ヌッチのオペラでの歌唱が聴けるのが何よりの目玉です。昨年、マドリッドで「ルイーザ・ミラー」、バルセロナで「シモン・ボッカネグラ」を聴き、ヌッチの凄さに改めて感嘆しました。しかし、何と言っても既に75歳。80歳まで歌えるとは思えないですし、レーナート・ブルゾンも75歳過ぎてから急速に衰えたことを考えても、聴ける時に聴いておこうと思いました。ヌッチを囲む歌手陣も超一流、タイトルロールにはデジレ・ランカトーレ。僕は2007年に「ラクメ」と「ランメルモールのルチア」で聴いていますが、10年ぶりになります。そして、新国立の「ラ・トラヴィアータ」ではおなじみのアントニオ・ポーリがアルフレードを歌います。その他の役もフローラのピエラ・ビヴォナを除いては、すべてイタリア人歌手で揃えた公演、本場でもなかなかないと思います。

 一幕目、チャンパの序曲は、彼が師事したジュリーニのそれに似て、ややゆっくり目。ズンパッパがはっきりと出て、イタリア感いっぱいです。この序曲を聴くと、「オペラっていいなぁ」といつも思いますね。序曲の間に舞台で動きが何もなくカーテンが閉まったままというのもクラシックで良いですね。ただ、合唱でのスタートがやや音楽と合わずにちょっとひやっとしましたが、ヴィオレッタが登場し、最初から上質な歌唱を聴かせます。10年前に比べて、声の表現力もコロラトゥーラも磨きがかかっていました。ガストーネ子爵やドゥフォール男爵の脇役も良い声をしています。そして、なんと言っても僕の一押しのイタリアンテノール、アントニオ・ポーリが素晴らしい!前にも新国立の公演の時に書いたかと思いましたが、アルフレードという役を良く研究していると思います。歴代のアルフレードを聴いても、今回トスカ役で来日しているアンジェラ・ゲオルギューと競演して一世を風靡したフランク・ロパードや古くはドミンゴ、ステファノ、そしてクラウスさえも、アルフレードは「血気盛んな若者」という性格設定をしているのですが、原作を読むと、「田舎貴族の優しいボンボン」という性格だと思うのです。これを体現しているのがポーリだと思います。歌い方にも演技にもそれが良く現れていて、一幕目で、ヴィオレッタの裏で歌う時も、2幕目の“O mio rimorso(我が後悔)“の時も最後の音を上げません。これは珍しい。彼は新国立でのイヴ・アヴェルの指揮の時も最後尾を上げていないので、これはポーリが提案しているのだと思います。「ハイCを出せば、お客が喜ぶ、アルフレードの熱気が伝わる。」という従来の型にはまった演出を覆すもので、歌手の知性とアルフレードの優しさが相まって、とても良いと思います。

 そして、2幕目のヴィオレッタの別荘の場面で、アルフレードは3曲連続でカヴァレッタを歌うのですが、これも肩に力が入っていなくて本当に素晴らしい。ヴィオレッタが私財を売り払って、その生活を支えていたことに、こういうボンボンのアルフレードだったら、気づかなかったのだろうな、というのが素直に納得できます。ここで「パリに行って金を取り返してやるぅ!!」みたいに熱唱されると、「そんなこと、なんで気づかなかったんだよ」と思ってしまうんです。先月のフェニーチェでのピエロ・プレッティも肩の力が抜けた歌い方(最後は上げていましたが)だったので、アルフレードの性格表現が変わりつつあるのかもしれません。

 そして、いよいよ御大ヌッチ登場!ヌッチのジェルモンには色々なパターンがあるんですよね。この日は、「石頭、田舎の頑固親父」というパターン。ヴィオレッタを恐喝するように迫ります。最初、やや低音弱音が出ていない感じがありましたが、”piangi, piangi(泣きなさい)“のところを、いつもよりずっと強く歌ったあたりから、調子は絶好調に。心配していた高音も伸びること!完全に舞台を支配しました。ちなみに、プログラムの歌手紹介で、別格で載せられているのは、アンジェラ・ゲオルギューなのですが、格と実力から言っても、レオ・ヌッチにすべきだと思います。

 2幕目の3者それぞれのやりとりの場面、迫力がありました。特にジェルモンが「プロヴァンスの海と土」を歌った後にアルフレードに平手打ちを食らわせ、(凄い音がしましたが、本当にやったのではないと思います。)その後にオロオロしながら歌いはじめる、”No,non udari rimoproveri(いいやおまえに小言は言うまい)“の落差の出し方、ジェルモンの心の動きを、ここまで歌唱で表現できるのかと感心しました。

 「素晴らしい」、「素晴らしい」とばかり書いているブログでアホみたいなので、3幕目の「素晴らしい」は省きます。最高でした。

 フェニーチェで会えなかった、指揮者フランチェスコ・イヴァン・チャンパ、これだけの歌手を良くまとめていたと思います。ただ、今までに聴いた彼の「シモン・ボッカネグラ」や「群盗」に比べると、おとなしい、自身の味を出し切っていない感じはややありました。歌手が歌いやすいように、、と細心の気配りをしている様子。これは、無音部の多いこの演目で、伴奏が無い時にも、歌手に向かって指揮をしていたことからも感じられました。

 僕がヌッチの公演を聴いたのは、数えてみたらこの10年で13回、シモン・ボッカネグラが一番多いのですが、今日のこのジェルモン、過去のベストスリーに入ると思います。

 さて、次はマリエッラ・デヴィーアの「ノルマ」です。気合いを入れて2日行くつもりです。チケットも手頃な値段なので、是非皆様も。。

指揮:フランチェスコ・イヴァン・チャンパ
演出:マリオ・ポンテンジャ

ヴィオレッタ:デジレ・ランカトーレ
アルフレード:アントニオ・ポーリ
ジェルモン:レオ・ヌッチ
フローラ:ピエラ・ビヴォナ
アンニーナ:アドリアーナ・イオニッツア
ガストーネ子爵:ジョルジョ・トゥルコ
ドゥフォール男爵:パオロ・オレッキア
ドビニー公爵:イタロ・プロフェリシェ
グランヴィル医師:エマヌエーレ・コルダロ

パレルモ・マッシモ劇場管弦楽団・合唱団
スポンサーサイト

東フィル定期公演リストピアノ協奏曲他

 ブログアップが遅くなってしまいましたが、先週6月14日のオペラシティでの東京フィルハーモニー第110回オペラシティ定期シリーズ公演に行ってきました。この日はリスト2作品にブラームスの交響曲第4番というもの。

 一番輝いていたのが、ピアノに若き精鋭の阪田知樹を迎えての、リストの「ピアノ協奏曲第1番変ホ長調」。超絶技巧を要求されるピアニストとしてのリストが作曲した難曲だそうですが、それをあっさりと、全く技巧感を見せずに弾いてしまうところが阪田の凄いところかと思います。ピアノのキイをなめるように弾くのではなく、しっかりとキイの底まで押し込むような感触を感じます。それでいながら、スピードと移り変わる音色を余裕たっぷりでコントロールしていました。凄いなぁ。。反田恭平とは全く正反対の24歳の天才ですね。ソロアンコールのリストの「ラ・カンパネッラ」も実存感のある美しさでいとも簡単に弾いてしまいます。魅了されました。

 それに比べて、指揮のほうは凡庸だったと思います。第一曲のリストの交響詩「レ・プレリュード」こそ、曲の持つ輝きと力強さで退屈させませんでしたが、3曲目のブラームス「交響曲第4番ホ短調」は、もともとが退屈な曲。(ブラームスファンの方にはすみません)逆に言うと指揮者の才能を披露するのに最適な曲なのですが、同じ調子で強く鳴らすことに終始しているように感じられました。聴きながら、「バレエのパドドゥの演奏みたいだなぁ」と思っていたら、この渡邊マエストロは主にバレエを指揮しているとのこと。新国立で振っているようですが、僕が行くときはポール・マーフィーが振っていたので、渡邊の指揮は聴いたことがありません。こういう指揮を聴くと、バッティストーニの凄さがわかるというものです。渡邊マエストロ、次回に期待しましょう。

指揮:渡邊一正
ピアノ:坂田知樹

リスト:交響詩「レ・プレリュード」
リスト:ピアノ協奏曲第一番

ブラームス:交響曲第四番

ジークフリート@新国立劇場

 新国立、今シーズン最後の演目はワーグナーの“ジークフリート”、ヨーロッパから戻って、ようやっと時差ボケがなおったようなので行ってきました。良かったです。今シーズンの新国立の演目では“ルチア”と並ぶ、素晴らしい出来映え!指揮、演奏、歌手、演出のすべてが高いレベルで融合した舞台でした。これまでの「ラインの黄金」、「ワルキューレ」に比べても、格段に良い舞台でした。

 指揮のマエストロ飯守、個人的には今までの2作の鳴らし方は物足りないものがありましたが、この日は3幕目にピークをもってくるようにして、上質なクライマックスを作っていました。前2作が東フィルだったのが、今回は東京交響楽団になりました。金管の鳴らし方、その美しさは、東フィルよりも良かったと思います。2幕目の森の音楽のデリケートな響き、そして3幕目で数々のモチーフが混じり合って盛り上がる音が、聞き応えがあります。しかし、来る10月の“神々の黄昏”のオケは、また変わって「読売日本交響楽団」になるんだそうです。プログラムには、「東京フィルハーモニー交響楽団」の上に、訂正をしてありました。何か不可解。同じマエストロでリングをやるのですから、3つのオケを使う意味は何があるのでしょう?政治的なことでしょうか?

 それはそれとして、歌手陣も最高の出来でした。タイトルロールの、ステファン・グールド。もう新国立付きの歌手という感じですが、“ワルキューレ”のジークムントとは、全く違う、やんちゃ坊主のジークフリートを、実に生き生きと歌ってくれました。そして、それが3幕目で「怖れを知った」ところから、声がガラッと変わるのです。大人の男としての自覚を持った声になる。。凄いですね。ほぼ全編歌いっぱなしですから、相当の体力がいると思いますが、最後のブリュンヒルデの2重唱まで、全くパワーダウンしないで歌い通しました。そのブリュンヒルデを歌った、リカルダ・メルベート、2012年のローエングリンでエルザ・フォン・ブランバントを歌って、素晴らしかったのを覚えていますが、ブリュンヒルデでは、さらに深みのある声で、3幕目のグールドとの重唱は迫力ありました。持って行かれましたね。

 ミーメ役のアンドレアス・コンラッド。ラインの黄金の時よりも良かったですね。ロード・オブ・ザ・リングのゴラムみたいな役どころで、ジークフリートを私欲から育てあげ、最後には殺そうとするのですが、なんだか憎めない、、そういうところを、宝石の原石が光るような声で実にうまく役を作っていきます。同じテノールでもジークフリートのヘルデンテノールとは全く違うんですね。2幕目は、この2人のテノールの歌合戦、そして、ミーメとアルベリヒの兄弟げんか、そして、アルベリヒとヴォータンのバリトン合戦と、本当に聴き応えがありました。アルベリヒのトーマス・ガゼリもラインの黄金から出ていますが、演技も旨い。引き込まれます。そして、特筆したいのは、エルダを歌ったクリスタ・マイヤー。ラインでは“メゾ・ソプラノ”になっていたのが、今回は“アルト”。別に人が変わったわけではないのですが、ヴォータンと二重舞台の上下で、地の底から響くトーンで舞台を締めました。短い出番でしたが、この日、最高の歌いだったと思います。

 演出も良かったです。正直、前二作の演出はあまり感心しなかったのですが、(特に中途半端なトンネルリングだった“ラインの黄金”)今回は、実に自然で、無理がなく、ストーリーを盛り上げていました。2幕までのおとぎ話のような森の中の設定と、3幕最後の黒い御影石のような炎の山の舞台。良くできていました。そして、歌手が、みんな実に演技が巧みです。先月、ミュンヘンで見た、タンホイザーは歌手が何も演技をしていなかったのが、演出との融合を拒んでいましたが、新国立の舞台は違いました。

 いや、感動しました。素晴らしいワーグナー体験でした。まだ、公演あります。お勧めします。ちなみに、休憩を入れて5時間40分の舞台、長いとは思いませんでしたが、お尻が痛くなる。これを防ぐのに、“オペラクッション”という、まあ、「座布団」ですね、一枚500円で貸し出されていました。なかなか使い心地良かったです。

フェニーチェ歌劇場“ラ・トラヴィアータ”

 かねてからの念願が叶って、ヴェネチアのフェニーチェ歌劇場で“ラ・トラヴィアータ(椿姫)”を見ることができました。なにしろ、フェニーチェ歌劇場がこの演目の初演劇場(1853年3月)なのですから、“トラヴィアータ大好き”を自認して、一昨年にはパリのモンマルトル墓地に彼女のお墓、(ヴィオレッタのモデルになったアルフォンシーヌ・プレシという女性のお墓です)にお参りにまで行った僕としては、いつかフェニーチェでトラヴィアータを見たいという想いを持ち続けてきました。過去国内外で15回以上トラヴィアータを見ています。もちろんオペラ演目でこんなに回数を見ているものはありません。トラヴィアータが大好きで、そこからヴェルディの作品をやみくもに聴いて行って今に至る、という感じです。あの美しい序曲を聴くと、感動で体が金縛りにあって動かなくなります。だから、運転中に聴くのは危いんです。

 しかし、実は1853年の3月のフェニーチェでの初演は大失敗に終わり、ヴェルディは失意のうちに、弟子のムッツィオに「トラヴィアータは昨晩失敗した。罪は私にあるのか、歌手にあるのか…..時間がそれを判断しれくれるだろう」と書いて手紙を出したと言います。通説では主演のソプラノのファンナーニ・サルヴィーニ・ドナッテリが太っていて、とても肺結核で死ぬようには見えなかったのが失敗の原因、などと言われていますが、実際はそうではなく、劇場側に急がされたための準備不足と、ヴェルディの音楽がそれまでの、リゴレットやイル・トロヴァトーレとはあまりに違う新しい音楽だったからだと思われます。そして、翌年の同劇場での公演では大成功を収め、今では世界で最も上演回数の多いオペラのひとつになったのです。

 さて、僕が行ったフェニーチェでの公演当日は、(5月28日)摂氏28度という暑さでした。真夏ですね!ジャケットを抱えて劇場に行くと、いきなり指揮者が降板! 前日まで劇場のウェブサイトに載っていたのは、フランシスコ・イヴァン・チャンパ。昨年初来日を果たした若手ですが、僕は今までに「群盗」と「シモン・ボッカネグラ」のヴェルディ2作品を聴いていて、素晴らしい躍動感のある指揮に感じ入っていました。ところが、この日のプログラムを入手すると“ディエゴ・マテウス”になっているのです。それもチャンパの突然の降板ではなくて、もともと15公演のうち9日はマテウスに決まっていたんですね。こりゃ、詐欺ですね。「当日降板」は当たり前のイタリアオペラ界ですが、これは、前から決まっていたキャスティングを発表していないという恣意的なものです。(あるいは単に忘れているのか?)ちなみに、このブログを書いている6月8日現在、まだ公演のウェブサイトは指揮者にチャンパだけを出しています。しかし、怒ってみてもしかたがないので、ここはマテウスに期待することにしました。ちなみにチャンパは今月来日する、パレルモ・マッシモ劇場の“ラ・トラヴィアータ”公演を指揮しますので、日本で仇が取れます。

 それで、このマテウスの指揮はチャンパのような躍動感のある指揮ではありませんでしたが、決して悪くなかったです。クラウディオ・アバドに師事したというのがわかるような、穏やかで丁寧な音作り。トラヴィアータに特有な無音部の美しさを作るのが素晴らしかったです。ちょっとした、音の“溜め”のとり方が、その次の音での感動を呼びます。また、歌手への合わせ方も絶妙。この日、歌手陣ではちょっと力の差が目立った(下手だった)、ジェルモンのルカ・グラッシは、「プロヴァンスの海と土」のところで、テンポが早くなったり遅くなったり、かなり聞き苦しかったのですが、これを実にうまく指揮で合わせて音楽で矯正していました。オーケストラボックスが良く見える位置にいたので、歌手とオケを丁寧に引っ張るこの若い指揮者に、なんか感動してしまいました。是非、日本にも来て欲しいですね。

 さて、歌手ですが、一幕目は全員が不調で、これは参ったなぁと思いました。タイトルロールのジェシカ・ヌッチョも、アルフレードのピエロ・プレッティは声がうわずってしまい、音程が怪しい。ガストーネの一声目“T’ho detto, Lamista qui s’intreccia al diletto. (言っただろう。この家では、友情と楽しみがおりあっているのだよ。)というところなど、冷や水をかけられるような下手さ。特に、ウィーン、ミュンヘンと、ともかく端役でも相当のレベルを保っているところを聴いてきたあとなので、フェニーチェの端役は本当に“端”だなぁと思ってしまいました。

 ところが、一幕目一場終了後の休憩でカツが入ったのか、二場になったら、「なんということでしょう!(ビフォア・アフター風に)」アルフレードとヴィオレッタがすんばらしくなっていたんです。プレッティの “O mio rimorso (私の後悔)“は、肩の力が入りすぎずに、若く、青いアルフレードの思いを良く伸びる高音をコントロールして素晴らしい出来でした。一幕目ではたいしたことのなかった拍手やブラボーも、このカバレッタの後は2-3分続きました。

 ヌッチョも一幕目とは別人のような安定した声で、深みのあって柔らかみがあるスピント(とっても魅力的な声です。去年マドリードのルイーザ・ミラーで聴いたラナ・コスに似たタイプです)で、ジェルモンとのやりとりを劇的に表現します。何より好感が持てるのは、“Morro!(死にます)“や、”Amami. Alfredo, quant’io T’amo….(私が愛しているのと同じくらい愛してね)”の盛り上がるところを、押さえ気味にさらっと、しかし激情がわかるような表現力で歌いきったところです。プレッティもヌッチョも若い(多分30歳前後)のですが、このようにコントロールした歌い方ができるというのはいいですね。ともすれば、(東欧系などに多い)この部分を盛り上げ過ぎて、いわゆる「三文オペラ」になってしまうケースは多いのです。これで、ジェルモンが良かったら言うことなかったのですが、まあ、このカーセンの演出自体がジェルモンに関しては淡泊で、ほとんど性格付けがされていないのも歌手が冴えなく聞こえる一因かもしれません。ちなみに、ヌッチョはなかなか体格が良くて、初演時をほうふつとさせてくれたのも良かったです。本人には大変失礼にあたるかと思いますが….


二幕目では、指揮の良さがはっきりわかりました。ジプシーの踊りの音楽のところは歌が無いので、指揮者は比較的自由に振れるのですが、これが素晴らしかった。“トラヴィアータ幻想曲”を聴いているような感じ。ちょっとレガートっぽく、実に美しかったです。この流れは三幕目にも続きます。ヌッチョはさらに調子を上げ、ピアニシモの声が実に悲しい。ジェルモンの手紙を読んだ後の、アリア、“道を誤った女の願い”は超一級でした。Bravaの嵐!

 最後に演出ですが、ロバート・カーセンのこの有名な演出は、1996年の火災から再建されたフェニーチェの2004年のこけら落としでお披露目されたもので、当時大変な反響を呼びました。至る所で飛び交い、天から降って来る黄金の札びら、それをガーターベルトにつっこむヴィオレッタ。ヴィオレッタの最期を見届けるやいなや、彼女の高価な毛皮を持って逃げ去るアンニーナ、同じく金銭を持ち去るグランヴィル医師など。それまで、あまりに美化されていたトラヴィアータをその時代の現実に合わせた見せ方をしたのです。これは、コンヴィチュニーの演出と並んで、珍しいトラヴィアータの読み替え演出の成功例だと思います。この日の演出はだいぶマイルドになっていて、ガーターベルトなどは登場しませんでしたが、それでも無数の札束はインパクトがあるものでした。

 ともあれ、終わってみれば満足感たっぷりの公演でした。しかし、ウィーンとミュンヘンの公演が準備充分で、一声目から100%のパフォーマンスで観客を魅了したのに対して、このフェニーチェの公演は、一幕目はまるで立ち稽古、ところが2幕目、3幕目に移るにうちに、奇跡が起きるという、この違いがゲルマンとラテンの違いなんでしょうか?車で言えばBMWとアルファロメオの違いみたいなもんですね。「故障は多いけど、絶好調だとチョー快感」みたいな….


 10日間の旅行もあと一日を残すあまり。明日は、オペラは無いので、ゆっくりとヴェネチアの沖のムラーノ島とブラーノ島に出かけて、昼間からワインで美味しいランチをしようと思います。そういえば、私事ですが、30年間抱えていたC型肝炎が昨年完治したので、再び飲めるようになったのです。医学の進歩は素晴らしいですね。帰国したら、又、ワーグナー。“ジークフリート”が待っています。

Conductor: Diego Matheuz
Director: Robert Carsen
Alfredo: Piero Pretti
Violetta Valéry: Jessica Nuccio
Giorgio Germont: Luca Grassi
Flora: Elisabetta Martorana
Annina: Sabrina Vianello
Gastone: Iorio Zennaro
Barone Douphol: Armando Gabba
Marchese d’Obigny: Matteo Ferrara
Dottor Grenvil: Mattia Denti


 

 

演出が????、バイエルンの“タンホイザー”

バイエルン国立歌劇場「タンホイザー」

 今回の旅の第2回目の観劇は、この秋に日本にも来日して公演される、バイエルン国立歌劇場の「タンホイザー」!日本公演のチケットも入手していましたが、一足お先に聴いてきました。なによりのお目当ては、来年からベルリンフィルの首席指揮者、芸術監督に就任するロシア、オムスク出身の45歳のキリル・ペトレンコ。そして日本でもおなじみのヘルデン・テノール、クラウス・フローリアン・フォークトでした。5月25日、この日はバイエルン州の休日で、お店はみんな閉店。開演の16時まで、ノイエ・ピナコテーク(新美術館)で時間をつぶしました。ミュンヘンは公演の中や街中に、美術館、博物館がたくさんあります。トラムもありますが、街の端から端まで歩いても40分くらい。天気が良かったので歩き回りました。

 さて、オペラ公演ですが、ウィーンと同様に、時間正確、ほぼ16時ぴったりに開演。登場したペトレンコは思ったよりずっと小柄でした。この日の席は、二階バルコニーの中央右よりの最前列。音楽を聴くには絶好の場所です。ペトレンコの指揮は、序曲からして実に力強く、彼自身の作りたい音楽というものがはっきりとわかる、そういう指揮です。おそらく、今回の公演は「ウィーン版」であったために、序曲(序奏?)から連続して一幕目に続きますが、弦が刻む装飾音を階段を降りるようにきっちりと鳴らして、音楽に躍動感を与えます。時には、腕力で振り回すようなところもありますが、これが又痛快です。実に筋肉質な指揮。それでいて、ひとつひとつの音が、楽器が浮き出すように繊細に聞こえてきます。意外に低い弦を強く鳴らすという趣向がなくて、中音で勝負してくる感じ。なかなか趣味の良い演奏で、僕にとっては、「新しいワーグナー」という感じがしました。歌い出しのタイミングで、歌手に向かって手を出して指示したり、合唱にも積極的に指揮をするなど、とにかく音楽でオペラをぐいぐいと引っ張っていました。(合唱も素晴らしかったです。)バイエルン歌劇場のホールは、見たところ1700−1800席でしょうか。とにかく良く響くホールです。このホールの特性をうまく使って、オーケストラを大きく聴かせていました。カーテンコールで、マエストロへの拍手と声援が一番大きかったですね。まるで地鳴りのようでした。日本のNHKホールで彼の音楽が、同じように響くかどうかは、ちょっと心配ですが、もう一度これを聴けるのは実に楽しみです。

 歌手陣では、冒頭でも触れたクラウス・フローリアン・フォークト、タンホイザーを歌うのは、これがはじめてです。僕は、日本でローエングリン、ハンブルグでヤングの指揮でマイスタージンガーのヴァルターで聴いていて、両方とももちろん素晴らしかったのですが、今回のフォークトには、今まで以上に声の熟成ぶりが伺えました。美しい高音部は、まるでウィーン合唱団員がそのまま声変わりしていないような凄さがあるのはもちろんですが、タンホイザーでは中音部に深みが出て、感情の表現力が豊かになっていました。憂いを含んだ歌声も今までになかった魅力だと思います。この人の声って、イタリアオペラで言えばバルトリのような位置にあるのではないかと思います。バルトリは超絶技巧でベルカントに脚光を浴びさせましたが、フォークトは、すくっと立ち上がる美しい高音で、今までの力の入ったヘルデンテノールとは違う新しい境地を見せてくれました。その新しさが、ペトレンコの力強い“新しいワーグナー”とはぴったり合うのですが、その分、他の歌手たちの影が薄れてしまう感じはありました。エリーザベトを歌ったアニヤ・ハルテロスは高音は美しく良く伸びるのですが、ややイタリアオペラっぽい発声で、特に巻き舌が多いのとヴィヴラートがきついのが気になりました。それでも目指しているところは、クラシックなワーグナーのソプラノの歌い方という感じ。その流れの頂点にはキルステン・フラグスタートやビルギット・ニルソンなどの往年のスター歌手が君臨する「声の殿堂」があると思うのですが、このタイプの声を目指してフォークトと並んで歌うと、ソプラノの方がなにやら古めかしく聞こえてしまうのです。この傾向はヴォルフラムを歌ったバリトンのクリスティアン・ゲルハーヘルも同様です。彼の声は悪くはなかったのですが、フォークトと、ペトレンコの新しさにやられてしまった感じです。日本で5年前にフォークトのローエングリンを初めて聴いて、雷に打たれたようになってから彼の大ファンになりましたが、今回でまたその想いはまたいっそう強くなりました。


 日本公演の前にあまり、詳細に(しかも偏った)印象を書いてしまうとネタバレにもなりかねませんが、歌手はフォークト以外は、来日するキャストはほとんど皆違うようですので、それはそれでとても楽しみです。

 そして、演出ですが、これこそネタバレなので、ここには書けないと思ったのですが、帰国したら、NBSのホームページにけっこう書かれていますね。なので、印象だけ書きます。NBSのホームページには「演出のカステルッチが登場すると、盛大なブーイングとブラボーとが入り乱れて場内は騒然。さまざまな視点を提示する新演出はコントラヴァーシャルな反応を引き起こしたものの、客席は大興奮だったとのことです。」と書かれています。この演出を面白いという人も確かにいると思います。しかし、僕としては、演出がこんなのではなかったら、もっとオペラにのめり込めたのに…という感じです。好き嫌いの前に、「邪魔」な演出でした。僕は現代演出、どちらかというと好きな方なのですが、この日の演出はタンホイザーのあらすじと音楽と全く無関係に展開しており、しかも、それにふさわしい演技を歌手がしていない。どちらかというと歌手は前を向いてクラシックに歌っている、ということで、演出がオペラ全体に溶け込んでいないのです。いずれにしろこの演出、日本でも相当な論議を呼ぶことは間違いなさそうに思います。9月の公演は、まだチケットはあるようですから、絶対にお見逃しの無いように。僕は渋谷での公演では、今度は演出に邪魔されないように舞台を見ないで、音楽と歌手だけに集中しようと思います。音楽と歌手だけで、素晴らしい充実感を与えてくれる公演であることは間違いないです。

 さて、これからフェニーチェに向かいます。

指揮:キリル・ペトレンコ
演出:ロメオ・カステルッチ
Chor
タンホイザー:クラウス・フローリアン・フォークト
ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハ:クリスティアン・ゲルハーヘル
エリザーベト:アニヤ・ハルテロス
ヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデ:ディーン・パワー
ビーテロルフ:ピーター・ロバート
ハインリヒ:ウルリヒ・レス
ラインマル・フォン・ツヴェーター:ラルフ・ルーカス
ヴェーヌス:エレーナ・パンクラトヴァ


 

ウィーンでの最高の“ばらの騎士”

一年に一回、春に欧州に家内とオペラを聴きに出かけることにしています。いつもヴェルディを中心にイタリアものばかり聴くので、ウィーンでもロンドンでもアムステルダムでもバルセロナでもたいていヴェルディになってしまいます。シモン・ボッカネグラなんか、5-6回聴いています。で、今年は趣向を変えて、劇場のある街で「ご当地もの」を聴くということを目的として、ウィーンで「ばらの騎士」、ミュンヘンで「タンホイザー」そしてヴェネツィアで「ラ・トラヴィアータ」という観劇を組みました。特にオットー・シェンク演出の豪華な「ばらの騎士」をウィーンで見るのは、随分前からの夢で、それがようやくかなったというわけです。

 5月23日のウィーン歌劇場での「ばらの騎士」は18時半開演でしたが、なにしろ当日の朝にウィーンに着いたばかりなので、とにかく途中で寝落ちしないようにと気合い充分で劇場に向かいました。席も 平土間の最前列中央部、これなら起きていられるだろうというところを取りました。結果、休憩を入れて4時間の長丁場、まぶたは痙攣し続けていましたが、なんとか寝ないで堪能できました。

 指揮のサッシャ・ゲッツェルはウィーン生まれで、ウィーンフィルのヴァイオリン奏者から指揮に転向したという47歳の気鋭。日本でも神奈川フィルで良く振っているので知っている方も多いと思いますが、僕は初めてでした。彼の「ばらの騎士は」しごく真面目な指揮だと思いますが、とにかく曲を美しく揺るがせます。序曲の最初のホルンからしてとびっきり美しい。その後に色々な音のモチーフがオケの色々なところから降って来るように聞こえて来るのですが、指揮者から3mくらいのところに座っていたので、音がとても分散して聞こえるのです。指揮者の耳にはこう聞こえるんだな、と思いましたが、それにしても、よくまあ、指揮者はこれをひとつの音楽にまとめあげるものだと感心します。木管金管の装飾音が退廃的でクリムトの筆の魔法にかかったような金箔の渦の中に聴衆を引き込みます。2年前に新国立でこの演目を指揮した、シュテファン・ショルテスが、あまりにもあっさりしすぎて、「揺らぎ」が全くなかったのを思わず思い出してしまいました。歌手とオケがユニゾンするところが何カ所かあるのですが、そこの積極的な鳴らし方が実にうまい。そして、何よりウィーンフィルの音が美しいこと。この劇場のオーケストラボックスは完全な開放型で、最前席だと弦の一本一本の音まで聞こえる感じですが、その弦の音の素晴らしいこと。まるで劇場の天井を突き抜けて夜空の奥まで伸びていくような美しさです。僕の貧弱な表現力ではそれをうまく表すことが出来ないのが残念です。そして、不思議なもので、序曲から30分もすると、最初は分散して聞こえていた音が、ひとつの音楽の塊として聞こえるようになるんです。この日の音楽は、本当に本当に素晴らしかったです。ともすれば、音楽にのめり込んで歌と舞台を忘れそうになりました。

 しかし歌手も素晴らしかったですね。オクタヴィアンのソフィー・コッシュが一幕目冒頭から、芯がきちんと通って、知的でかつ柔らかな素晴らしいメゾを聴かせます。ヴィブラートがほどんどない声はまさしくズボン役向きですが、元帥夫人の愛人として甘えたり、迫ったりする声、「ばらの騎士」としてゾフィーに対して凜々しく向かう時の声、女中のマリアンデルに化けた時のコミカルな声を見事に使い分けていて、完全に魅了されました。容姿も本当に美しく、男装の様は宝塚のようでした。ちょっとこれはファンになりそうですね。次はどこで何を歌うのか要チェックです。ゾフィー役のダニエラ・ファリー、昨年の来日公演でのツェルビネッタ以来です。あの時は、超絶コロラトゥーラを満喫しましたが、この日は、声量たっぷりで明るいソプラノを聴かせてくれました。高音が特に伸びるタイプではないのですが、ロシア系とは違うゴージャス、華やかな声で若いゾフィーにはぴったり。3幕目のオクタヴィアンとの2重唱で、オケも盛り上がってくるところは、僕の背中に電気が走りました。

 マルシャリン、元帥夫人を歌うはずだった、アンゲラ・デノケは残念ながら突然降板。代役のリンダ・ワトソンについてはあまり情報が無いのですが、リリックなソプラノで節回しがとてもうまい。そして中音部の声に色があって素敵です。一幕目で髪を整えてもらったのを鏡で見て「今日は年寄りに見える髪型ね。」と言うシーンでの中音の声の寂しさにはグッと来ました。三幕目で再登場して、オクタヴィアンがゾフィーと恋に落ち、自分が考えていたよりも早く彼が去ることを自分自身に言い聞かせるところ、そしてそれに続く三重唱は実に聞かせました。

 そして、この日舞台をグッと引き締めていたのが、オックス男爵のピーター・ローズ。低音になってもこもらない、はっきりとした声で、女声と見事に絡んでいました。どちらかというと軽い低音なのですが、イタリアのフルラネットやコロンバラなどとも違う声の質で、人間臭さが前面に出てくる歌い方です。三幕目は語り歌いのような(レチタティーヴォっぽい)ところが多いのですが、これが実に上手で引き込まれます。ともすれば、この役は、鼻を赤くしたりして、俗物っぽさを強烈に出す演出が多いのですが、この日の男爵は姿も語りも貴族然としていて、元帥夫人の従兄という役柄がぴったりです。こういう上品で下品なオックスが好きですねぇ。彼の好色漢ぶりは、実に細かいところまで気を配っている演技でうまく出していました。オックス男爵でいつも不思議に思うのは、「ばらの騎士」の中で最も優雅なワルツは、彼のテーマなんですよね。何故でしょうか?ワルツは時代考証的に合わないという批判もあるようですが、シュトラウス独特の不協和音からワルツがわき出てくる瞬間の幸せ感と言ったら、ちょっと他のオペラにはないものです。

 ファンニナルやテノール歌手、執事、酒場の主人、警官などそれ以外の歌手も粒ぞろいで、さすがウィーン歌劇場と思わされました。

 オットー・シェンクの演出は、実にクラシックで美しかったです。第一幕の元帥夫人の寝室は、天蓋のついた豪華なベッドがどんと構えています。第二幕のファンニナル家の邸宅は空に登るような階段が美しい。歌手たちの衣装も素晴らしいです。特にばらの騎士のオクタヴィアンのシルバー(アルマーニシルバーか!)の衣装はため息もの。

 ウィーンでの「ばらの騎士」は200%満足。本当に素晴らしかったです。家内と興奮してしゃべりながらの帰り道、定宿への道に迷ってしまいましたが、ウィーンの春の夜の散歩が楽しめました。

CONDUCTOR Sascha Goetzel
DIRECTOR Otto Schenk
SET DESIGN Rudolf Heinrich
COSTUMES Erni Kniepert

Feldmarschallin Linda Watson
Baron Ochs auf Lerchenau Peter Rose
Octavian Sophie Koch
Sophie Daniela Fally

バッティストーニの「春の祭典」

 久しぶりのブログです。19日金曜日の東京フィルハーモニー交響楽団オペラシティ定期公演第109回に行ってきました。バッティストーニは3月のラフマニノフ、チャイコフスキー以来です。

 まず、最初はヴェルディの歌劇オテロ第3幕からの「舞曲」。これは珍しいです。オテロ初演の1887年後にパリで初演された際に、当地のグランドオペラの趣向に合わせて3幕目の後半を改訂し、「舞曲」を入れたのだそうです。残念ながら、僕はこの「舞曲」の入ったパリ版を聴いたことがありませんでした。DVDにもなっている有名なスカラ座の2001年シーズンの、ムーティー指揮、ドミンゴ、フリットリ、ヌッチの公演は、このパリ版のはずですが、「舞曲」はそっくりはずされています。今度の9月の演奏会形式の「オテロ」では、この舞曲が入るのでしょうか?楽しみですね。

 という訳で初めて聴いたこの曲。ちょっと「マクベス」の舞曲にも似た妖艶でエキゾチックな雰囲気があって、スパイスが効いています。初めての曲なのに、素直に入ってくるメロディーの美しさと華やかさが、バッティストーニに盛り上げられたオケによって(オケが揺れ動いてました!)、序々にテンポが上がっていきます。いや、素晴らしいですね。これだけ、音楽がスタートしたとたんに、自分の感性でコンサートホールを劇的に支配するのは、バッティストーニならではだと思います。

 2曲目は、ザンドナーイの、これも珍しい曲、歌劇「ジュリエッタとロミオ」の舞曲。そう、今日は舞曲だけで構成されたコンサートなんですね。プログラムによれば、この曲はアンコールの定番だったそう。ロミオが馬を駆ってジュリエッタのもとに急ぐというシーンの音楽だそうです。メロディの雰囲気は全然違いますが、「ギョーム・テル」の序曲のようなイメージがありました。とにかく飛ばすこと飛ばすこと!バッティストーニ祭りになって、前半が終わりました。

 後半は、お目当ての「春の祭典」。バッティストーニはこの曲がよほど好きらしいですね。プログラムに2回に分けて、〜「春の祭典」によせて〜という文章を寄稿しています。かなり論理的で、且つ熱のこもった文章。翻訳の井内美香さんも苦労したのではないかと推測します。僕は、去年、ピエール・ブーレーズが亡くなった時に、彼のゆったりとした「春の祭典」と、同じ頃にリリースされた、テオドール・クルレンツィスの神経質とも言える、切れ味するどい「春の祭典」をだいぶ聴き込みましたが、いや、全然違いますね。。。当たり前のことですが。冒頭でオケの奥の方から響いて来る、ゆっくりとしたテンポのファゴットからして異質な感じ。前半は大地の上を春の妖精、、というか「幼虫」がうごめいているような不思議な迫力がありました。緩急の付け方もはっきりしていて、この演奏では踊れないな、と思いましたが、ストラヴィンスキーの現代性が、バッティストーニによって壮大なドラマになり、ステージから滝のように音楽が客席に打ち付けて来る感じ。凄かったです。

 4年前にはゲルギエフの指揮でマリインスキーバレエの、踊る「四季の祭典」も聴きましたが、この曲、指揮者によって本当に表情が変わります。また、前から3列目で生の音を聴くのが、CDをスピーカーで聴くのとこれほどに違う曲もないのでは、とも思いました。

 しかし、バッティストーニは曲の重要なエッセンスをつかみ取って、実にわかりやすく、爆発的に、、、まるでロック音楽のように聴かせますね。

 僕は、このところ、村上春樹の本を最新のものから戻るようにして、再読しているのですが、ちょうど、この前「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読み終えたばかり。この小説のバックグラウンドミュージックとして、「ハルサイ」はぴったりだと思いました。一角獣が住み「壁」にかこまれた緑の多い町に春がが来る。。。そんなイメージですね。

 あと、アンコールの「八木節」(外山雄三作曲「管弦楽のためのラプソディー」)は、実にエンターテインでした。楽しみました!


「ライセンスビジネスの戦略と実務」第2刷版発刊!

(宣伝です...)弊著、「ライセンスビジネスの戦略と実務〜キャラクター&ブランド活用マネジメント」が初版から2年たちまして4重刷になったのを機に、資料、データ、写真などを全面的に最新のものに入れ替えて、「第2刷」として発刊いたしました。昨今、なにかと話題の多い「ライセンスビジネス」を解き明かす本として、是非お読み頂ければ幸いです。この手の本(経済書)としては、大変読みやすく仕上げたつもりです。「近代ライセンスビジネスの発生は『オペラ』」という項もあります。
白桃書房新書紹介
Amazon売り場
ththIMG_2208.jpg

セビリャの理髪師、藤原歌劇団

4月30日のテアトロ・ジーリオ・ショウワでの藤原歌劇団本公演、「セビリャの理髪師」に行ってきました。今年は、2月のミンコフスキの公演に続いて2回目のセビリャです。昨年も日生劇場の公演に行っているので、世界的なロッシーニブームに僕も影響されていると言えそうです。

 今回の公演は、29日、30日の2日間、2つの違ったキャストで行われましたが、30日は若手中心のBキャスト。ロジーナの丹呉由利子がプリマデビュー、伯爵に黄木透が藤原でのデビューと、話題には事欠きません。

 まず、良かったのは主役級の歌手3人の声質が素晴らしく、且つ声がきちんとコントロールされていたこと。若い人にありがちな、声質だけに頼って声を振り回すことがないのです。これは、ベルカントのなんたるかを皆さんが、とても良く(僕なんかより、もちろん)勉強されて練習をしているからだと思います。黄木の声は甘く、まろやかなレッジェーロで、聴くものをとろけさせるものがありました。カーテンコールでは、”Bravo”に混じって、前のほうの席からは“キャー!”という女性の歓声も!おそらくはミュージカルのファンの方々でしょうが、こういうのもなかなか良いものです。(ロサンジェルスオペラの観衆みたい!)前日の公演で大アリアが聴けたということでしたので、期待をしていましたが、なかなか、なかなか、素晴らしい大アリアを歌ってくれました。音程がちょっと不安定になるところもありましたが、多くのテノールがスキップしてしまうこのアリアを立派に歌ってくれて大満足。新国立劇場での公演も、昨年末の公演で初めてマキシム・ミロノフが大アリアを歌いました。これがあるとないとでは、最後のフィナーレの感動が随分と違います。

 そして、フィガロ役の押川浩士、Bravissimo! 最初の登場のカヴァティーナで実力を見せました。軽く、しかし声の色を充分に出して、早口で観客をわしづかみにします。アジリタもすごい。伯爵との二重唱も若い頃のヌッチのフィガロを彷彿とさせる声の使い方。彼はミュージカルでも活躍しているとのこと、演技も俳優並でした。今回、舞台を一番締めていたのは押川さんだったと思います。フィガロという役は、フランスの18世紀の劇作家、ボーマルシェの3部作(セビリャの理髪師、フィガロの結婚、罪ある母)中で生まれた役柄で、明るく、機敏で、なにより幸せ感いっぱいな男なんですが、押川はこれを見事に表現していました。今月新国立で見た“フィガロの結婚”は、ブログにも書きましたが、フィガロにそういう感じが全く無かった。ここらへん、演出が、ボーマルシェの作品の流れをちょっと考えればフィガロの役作りをどうすれば良いか解ると思うのですがね。。あれはちょっと残念でした。
 
 で、もって本公演に戻ると、ロジーナ役の丹呉由利子、彼女も美声です。聴くたびにうまくなってきています。今回も、声の表現力、表情が素晴らしい。1幕目の“Una voce poco fa”も良かったですが、2幕目の、ドン・アロンゾ(実はコンテ)との歌の稽古で、ロジーナが歌う、アリア” Contro un cor che accende amore”(愛に燃える心に対して) は、ブッファでありながら、切なく燃える彼女の心を本当に良く表していました。

 歌手陣は、バルトロの田中大揮も、バジーリオの上野裕之、ベルタの吉田郁恵もとても良かったです。歌も素晴らしかったですが、皆、演技のうまいこと。これは、相当の練習をしているからこそ出来たのだと思います。演出の松本重孝は藤原ではもうおなじみですが、今回のセヴィリアはブッファのブッファたるところ、王道を示してくれました。

 最後に指揮ですが、序曲から、かなり“上品”で、テンポが遅い感じがしました。丹念に計算されて音の効果を狙っているのですが、全体にレガートに過ぎる感じがして、ブッファの楽しさを出し切れていないイメージがありました。最後のフィナーレは良かったですが、最初からあのくらいの明るさ、跳んでいる感じを出して欲しかったというのが本音。そして、オケですが、プログラムに“テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ”とだけあり、詳細は書かれていません。これは、学生(大学院生と大学生)を中心にした“あの”オケですよね。いつもながら、このオケには感動させられます。この日も、一度も「おや?」と思うような音を出さずに、指揮の示す音楽を美しく奏でていました。本当にこれも練習の賜ですね。

 何度も同じことをこのブログに書きましたが、テアトロ・ジーリオ・ショウワは大好きな劇場です。ここで、若い優秀な人の公演を聴くと1週間くらい、気分が良いです。今回もとても満足でした。

指揮:佐藤正浩
演出:松本重孝

ロジーナ:丹呉 由利子
アルマヴィーヴァ伯爵:黄木 透
フィガロ:押川 浩士
バルトロ:田中 大揮
ドン・バジーリオ:上野 裕之
ベルタ:吉田 郁恵
フィオレッロ:田村 洋貴
隊長:小田桐 貴樹
管弦楽:テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ
合唱:藤原歌劇団合唱部

フィガロの結婚@新国立劇場

 このプロダクションもだいぶ見た感じがします。アンドレア・ホモキの演出は2000年代初頭にドイツで流行った、「段ボール演出」の最たるもの。音楽の邪魔をしないし、シンプルで良いのですが、さすがにもう飽きて来ました。そろそろ新しい演出が欲しいところ。同じ低コストのフィガロ演出でも、テアトロ・ジーリオ・ショウワのマルコ・ガンディーニの演出などは、とても洒落て新しい感じがします。

 この日良かったのは、何と言ってもコンテ(伯爵)を歌ったピエトロ・スパニョーリ。日本ではあまり知られていませんし、僕も初めて聴きましたが、別格という感じでした。美声で声量もあるのに、6割の力で歌っている感じの余裕感と表現力の豊かさ。そして特にレチタティーヴォでの表現力には唸らされました。素晴らしい! コンテの下心、いやらしさが、おかしいほどに出ていました。演技も余裕でしているので、動きが華麗で、まさしく貴族に見えます。3幕目始めの「私がため息をついている間に」のアリア。いつもはブッファの中に紛れ込んでしまったセリアっぽいアリアということで、あまり感激しなかったのですが、このスパニョーリのアリアは、いやはや、本当にBravo!! 素晴らしいコンテ歌いでした。知らず知らずのうちに、コンテを中心にこのオペラを聴いていました。
 
 そして、ケルビーノを歌ったスロヴァキア生まれのヤナ・クルコヴァも出色の出来でした。ケルビーノとしてはやや甘すぎて、中性的な声ではないのですが、深みと軽みを歌い分けて聴かせます。「恋とはどんなもの」では、このオペラ中、彼女だけがベルカントしていました。素敵でした。演技もユーモラスで、この人もBrava!

スザンナ役の中村恵理も素晴らしい声でした。ただ、スザンヌとしては声がやや立派になりすぎてしまって、スブレット感があまり出ていなかったのが少し残念。コンテッサが口述で恋文を書かせる場面の二重唱などは、口元を見ていないとどちらが歌っているかわからないほど、声の分類から見ると、二人がかぶってしまっていました。次に歌う時はコンテッサかもしれません。

 それよりももっと残念だったのは、当初、マルクス・ウェルヴァが歌う予定だったフィガロを歌ったアダム・パルカです。声質はとても良いのですが、重い声を持てあましているように、ずっと一本調子。ブッファの感じが全然出ていません。スザンヌと若い愛し合う二人という感じが無いのです。演技もあまりうまくなく、だいたい、スザンヌの方をあまり見ている感じがしない。スザンナから“フィガレット(フィガロちゃん)と呼ばれているんだから、それなりに甘い雰囲気ださないとだめですねぇ。(ちなみに、フィガロはスザンナのことをスザネッタとやはり愛称で呼んでいます。)そういうわけで、彼が出て来ると正直、ちょっと退屈なんです。この日の公演が、随分と長く感じてしまった原因でもある、と言ったらかわいそうですかね。この日彼はカーテンコールも含めてBravoが全くなかったです。

 中村以外の日本人の歌手陣もとても良かったです。マルッチェリーナの竹本節子は、ぴったりのはまり役!実に楽しい雰囲気を出してくれていました。バルバリーナの吉原圭子、バルトロの久保田真澄も良かったなぁ。僕の好きな糸賀修平は、もっと歌う役を付けてほしかったです。

 そして、指揮のコンスタンティン・トリンクス。1幕目はかなりひどかったですね。全く歌手と合わない。半音くらい先を行ってしまっていました。初日ということを考えても、ちょっとお粗末。2幕目以降はだんだんと良くなってはいましたが、何か音がもったりした感じです。そして、どういうフィガロの音楽を作りたいかがわからない。最近は、フィガロも積極的に「意思表示」をする指揮が多く、そのすべてが素晴らしいわけではありませんが、一昨年のテアトロ・ジーリオ・ショウワのムーハイ・タン、同じくハンガリーオペラ来日でフィガロを振ったバラージュ・コチャールなどは、序曲からフィナーレまで、明確な自分の「フィガロ設計図」を持っていました。その指揮者の意志が演出と歌手とに伝わって、両者の「フィガロの結婚」の公演は本当に素晴らしかったです。トリンクスは、2008年の新国立のドン・ジョヴァンニでも、大味で音が大きかったのだけが印象に残っています。帰りの車で、クルレンツィスのフィガロを聞きながら帰りましたが、ますますそんな思いを強くしました。やっぱり、オペラは「指揮者」が最重要要素ですね。

なにか、今日のブログ、ネガティブコメントが多くなってしまいましたが、スパニョーリ、クルコヴァ、中村、それからアガ・ミコライも素晴らしかったです。やはり、最近の新国立のレベルが上がったので、こちらの望むレベルも上がってしまっていると思います。初日18:30と少し早い始まりでしたが、ほぼ満席。スパニョーリを聴くだけでも、充分お釣りが来るだけの価値があります!!

さて、次の観劇はGWの藤原の「セヴィリアの理髪師」です。

指揮:コンスタンティン・トリンクス
演出:アンドレアス・ホモキ
美術:フランク・フィリップ・シュレスマン
衣裳:メヒトヒルト・ザイペル
照明:フランク・エヴァン
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

アルマヴィーヴァ伯爵:ピエトロ・スパニョーリ
伯爵夫人:アガ・ミコライ
フィガロ:アダム・パルカ
スザンナ:中村恵理
ケルビーノ:ヤナ・クルコヴァ
マルチェッリーナ:竹本節子
バルトロ:久保田真澄
バジリオ:小山陽二郎
ドン・クルツィオ:糸賀修平
アントーニオ:晴 雅彦
バルバリーナ:吉原圭子
二人の娘:岩本麻里、小林昌代
合唱:新国立劇場合唱団

 

ナタリー・デセイ&フィリップ・カサール デュオ・リサイタル

 4月19日のオペラシティのリサイタルに行ってきました。デセイを聴くのは久しぶり!(CDではしょっちゅう聴いていますが)至福の2時間を過ごしました。デセイの声は、オペラを歌っていたころに比べると、高音が丸くなった感じがしますが、これは「衰えた」というよりも、リートやポップスも歌って「声質が変わった」というべきだと思います。口から声が出ているというよりは、デセイの頭の周りに直径1mくらいの空気の球ができて、そこから声が響いてくる感じ。(なんか昔の球形スピーカーみたいですね。ビクターのGB-1?)実にまろやかです。しかし、表現力が素晴らしい!シューベルトのリートの落ち着いた響きや、初めて聴くプフィッナーの歌曲「古い歌」のユーモラスな表現、ショーソンからドビュッシーに至る、フランス歌曲ならではの洒落たメロディライン。声量を抑えた分、繊細なイメージを声に託して歌うデセイのなんと魅力的なこと。

 ピアノのフィリップ・カサールとのデュオももう5年くらいになりますかね。CDも一緒に3枚出しています。息もぴったり合っています。水の流れの音のように、舞台の上に音符を広げて行きます。若い頃のバレンボイムみたいですね。ドビュッシーの2曲、素晴らしかったです。デセイとのユーモアのある掛け合いも最高。そして、パミーナのアリアの最初のところでは、モーツァルトのピアノ協奏曲23番の出だしの部分を使うという、なんと洒落た仕掛けでしょう。バレエの“ル・パルク”が始まるのかと思ってしまいました。

 この日は、デセイの52歳の誕生日。ハッピーバースデイを聴衆が歌って、花束とケーキを舞台に持ち込みます。そして、4曲のアンコールのサービス。僕の大好きなドリーブが2曲もあって嬉しかったです。アンコール1曲目の「カディスの娘たち」が始まった時は興奮しました。

 今まで聴いたデセイ、いつも咳をしていました。ちょっと癖のような感じですが、明らかに風邪っぽいこともありました。この日も途中少し咳をしていましたが、喉の調子は絶好調だったと思います。また、オペラに戻らないかなぁと思ってしまいます。「マスネ」や「連隊の娘」聴きたいですよねー。

・モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』より
・スザンナのアリア「とうとうその時が来た〜恋人よ、早くここへ」 
シューベルト:
・ひめごと D719 
・若き尼 D828 
・ミニョンの歌 D877 
・ズライカⅠ D720 
・糸を紡ぐグレートヒェン D118 
・モーツァルト:歌劇『魔笛』よりパミーナのアリア「愛の喜びは消え」 
・プフィッツナー:歌曲集《古い歌》op.33 
休憩
・ショーソン:終わりなき歌 op.37 
・ビゼー:別れを告げるアラビアの女主人 
ドビュッシー(ピアノ・ソロ):
・亜麻色の髪の乙女 
・水の精 
ドビュッシー:
・未練 
・死化粧 
・グノー:歌劇『ファウスト』より宝石の歌「何と美しいこの姿」 

アンコール曲

・ドリーブ:カディスの娘たち
・R.シュトラウス:僕の頭上に広げておくれ op.19-2
・ドビュッシー:歌劇『ペレアスとメリザンド』第3幕より
・ドリーブ:歌劇『ラクメ』より「美しい夢をくださったあなた」

新国立劇場 オテロ

 久々のブログになってしまいしたが、4月12日の新国立劇場の「オテロ」に行ってきました。ヴェルディのオペラは久しぶりで、昨年10月のマリインスキーの「ドン・カルロ」以来です。「オテロ」はさらに久しぶりで2013年のフェニーチェ歌劇場来日の時以来。あの時は、ミョンフン、クンデに感激して2日行きましたっけ。

 この日の新国の公演、素晴らしかったです。まず、何が素晴らしかったかというと、「ヴェルディが素晴らしい!」と言いたい!1871年の「アイーダ」の時に、既に58歳だったヴェルディ、1873年に「レクイエム」を書いていますが、オペラとしての次作のオテロが初演されたのは1887年、74歳の時だったのですから、60歳代にはオペラは何も書いていないことになります。その間、イタリアではワーグナーの作品が続々と上演されており、特に、アイーダのイメージモデルになった、ヴェルディの愛人テレーザ・シュトルツ(ソプラノ)の前の夫で指揮者のアンジェロ・マリアーニは、ヴェルディへの当てつけのように、1867年のドン・カルロのイタリア初演を最後に、ワーグナーのローエングリンやタンホイザーのイタリア初演を指揮し、大成功をしています。ヴェルディはこれらの公演を聴きに行ったようです。ワーグナーにかなわない、と思ったわけではないでしょうが、同じ土俵に乗ろうとしなかったのだと思います。

 このヴェルディに再び火を付けたのは、詩人、作曲家のアリーゴ・ボーイト。長年の対立を経て、協力関係に至る史実は、ドラマのようで感動的です。ここらへんのことは、今回の公演のプログラムの加藤浩子氏の素晴らしい解説にも書かれています。

 そんなことを考えながら新国立まで車で行きました。もう公演が始まる前から僕はヴェルディ感いっぱいでした。加藤氏が書かれているように、ヴェルディのオペラは「一瞬のうちに襟首を掴まれてドラマのなかに投げ込まれる快感があると思うが、『オテロ』はその緊張感が2時間余にわたって続く、奇跡的なオペラ」です。番号オペラから脱し、序曲も、序奏もなくいきなり嵐の音楽で始まる一幕目。カリニャーニの指揮は、大音量で勢い良く始まるのですが、ややハウリング気味か?2009年の新国立でのフリッツァの指揮でも感じたのですが、この最初の音をトスカニーニのように鋭く研ぎ澄まされた雷のように出すのは難しいのでしょうか?なんとはなく音が散らかって聞こえるのです。その点では、2013年のフェニーチェ歌劇団来日の時のミョンフン、ちょっと古いですが2003年のスカラ来日の時のムーティは、音が刀のようになっていました。

 指揮、歌手とも、1幕目は安全運転という感じ。タイトルロールのカルロ・ヴェントレは中音の弱音で音程がやや定まらず、デズデモーナのファルノッキアも中音がはっきりしませんでした。

 ところが、休憩後の3幕目、4幕目は素晴らしかったです。指揮はグングンと歌唱をひっぱり、落とすところは落として歌唱を浮き上がらせます。楽器の音が明確になり、音楽が全体として塊感が強くなって、引っ張り込まれます。3幕目は全体が、ヤーゴの奸計が進んで行く幕で、音楽もそれを表していて、全幕中、最も長く、最も聞き応えがある(と個人的に思っている)ところです。感情に振り回されるオテロを歌うヴェントレも1,2幕とは打って変わって、中音から高音まで輝きのある声になりました。今回の主演級3人の中では、一番情感が歌に表れていたと思います。個人的には、あまりにも単純にデズモデーナへの疑惑に取り憑かれてしまうオテロには、僕の心は同調できませんが、ヴェントレは歌唱と演技でその悩みの苦しさを見事に表現していました。ファルノッキアも中低音が明瞭になり、高音は1,2幕目よりも伸びが出ました。その分ヴィヴラートもかかりましたが。スピントですが、鋼のような声ではなく、シルキーな歌声。柳の歌からアヴェ・マリアは良かったですね〜。ちなみに、ヴェルディがこの「オテロ」をボーイトと作ったイタリアの小さな村のサンターガータの邸宅には、本当に柳の木が何本もあるのです。2013年にヴェルディ生誕200年の時に、ここを訪れ、痛く感激した覚えがあります。

 繰り返しますが、休憩後の3幕と4幕目は、まるでサッカーのハーフタイムに監督と選手が気合いを入れた効果が出たかのように、良くなりました。初日はどうだったのでしょうか?

 歌手に戻りまして、イアーゴを歌った、ブルガリア生まれのウラディーミル・ストヤノフ。何かで昔聴いていてますが残念ながら思い出せません。暗めで高めのヴァリトンなのですが、イアーゴというのは、歌手自身が、相当に性格付けをはっきりとさせなくてはおもしろくないと思います。今までにヌッチ、フロンターリ、ガッロ(3回!)で聴いていますが、それぞれに、かなりはっきりとした毒々しい性格付けをして、歌唱と演技をしていました。そこらへんが、ストヤノフの場合希薄な感じを受けました。原作では28歳の役柄ということなので、それにはヌッチなどよりもずっと近いと思うのですが、「謀略を巡らせる悪い人」という感じがしなかったのは僕だけでしょうか?3幕目では、音楽が実に"ヤーゴ的”(ヤーゴの悪魔のトリルなども出てくる)なのですが、肝心のヤーゴがちょっと素直過ぎる感じが否めませんでした。

 日本人歌手陣もなかなか豪華でした。出番は少なかったのですが、最後のところのエミーリアの清水華澄さんは良かったなぁ。

 このオペラを聴く時には、1幕目、2幕目は字幕を見ますが、3幕目以降はあまり見ないようにしています。さっきも書きましたが、オテロの単純さが、あまりにも現実的ではなく、デズモデーナを殺すだけの必然性が感じられないのです。ですので、ここはそういう理屈は抜きにして、悩み抜くオテロの歌唱と演技、哀れなデズモデーナの美しい歌声に集中します。

 演出は、新国立ではもう何回目かになるマルトーネのもの。何トンもの水を使うのが美しいです。僕は好きですね、この演出。ちょっとキリコの絵のような感じがあり、まわりを石の建物で囲まれた水場と寝室は、そこからどこにも逃れられないオテロ、デズモデーナ、イアーゴの立場を際立させていると思います。

 色々と書きましたが、ヴェルディの傑作オペラを充分に堪能させてくれる、水準をはるかに超えた出来でした。ここ数年、新国立のオペラの水準は格段に上がっているので、さらに「もっと」と思ってしまうことはありますが。

 この次の中村理恵さんの「フィガロの結婚」も楽しみですね。

thth_IMG_0182.jpg  
イタリア、パルマ近くのサンターガータのヴェルディ邸の柳

【指揮】パオロ・カリニャーニ
【演出】マリオ・マルトーネ

【オテロ】カルロ・ヴェントレ
【デズデーモナ】セレーナ・ファルノッキア
【イアーゴ】ウラディーミル・ストヤノフ
【ロドヴィーコ】妻屋秀和
【カッシオ】与儀 巧
【エミーリア】清水華澄
【ロデリーゴ】村上敏明
【モンターノ】伊藤貴之
【伝令】タン・ジュンボ

【合唱指揮】三澤洋史
【合唱】新国立劇場合唱団
【児童合唱】世田谷ジュニア合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

中村恵理B→Cソプラノリサイタル

 3月21日、オペラシティのリサイタルホールに初めて行きました。ソプラノの中村恵理のリサイタル。”B→C”と銘打っていますが、これは「バッハからコンテンポラリーまで」という意味です。250席のホールは、サントリーのブルーローズよりまだ小さく、木の内装は暖かい感じです。

 この日はピアニストで作曲家の英国人リチャード・ワイルズの伴奏で、バッハからワイルズ迄の小品15曲の構成で、中村自身が「今回の公演は、私の音楽史の中で嵐の章になる。」と言っているように、斬新で精力的なプログラムでした。

 僕と家内は、中村恵理が新国立の研修生だったころから、その声に魅了されていました。この日も、ふくよかで深みがあり、そして強く、しかし良くコントロールされた美しい声を堪能しました。最初の3曲は、ロベルト・シューマンの妻、クララ・シューマンの美しい歌曲。そして次はフェリックス・メンデルスゾーンの姉のファニーの2曲と、この日は女性作曲家の作品を多く取り上げていました。この5曲、繊細でキラキラしていて、中村の高音が輝いていました。本当、ため息ものです。

 そして、バッハのカンタータに続き、“C”の現代作品に移ります。グバイドゥーリナ、ショスタコーヴィッチと吠えるような声の曲が続いたあとの”天人五衰“は、三島由紀夫の詩にワイルズが中村恵理のために曲を付けたもの。日本語の歌曲です。絵画展に例えれば、洋画が並ぶ中に金箔を使った日本画が一枚入ったような感じです。静寂を感じさせる、それは美しい歌唱でした。この日の曲の構成は、おそらく中村とワイルズが考えたものでしょうが、15曲がストーリーを持って連なるように注意深く並べられていました。 

 休憩後の7曲は印象派のイメージ(時代的にも)を持つ、これも女性作曲家のリリー・ブランジェの2作品がみずみずしく、中村の声も弾みます。そしてユーモラスなルトスワフスキの寓話をもとにした2曲。2番目のアントレの前のソルベみたいですね。そして、ワイルズの力作、未発表のオペラ“分裂と征服”から1曲。20世紀初頭に英国で参政権を求めて声を上げた女性たちの生き様を描いたもの。力強い叫びが英語で響きます。最後の言葉は”How funny!”。

 ラストの歌はヴェルディの “E strano/そはかの人か….花から花へ“。正直、それまでの流れの中から、急にクラシックなヴェルディのメロディにどのようにつながるのかと思いましたが、スタッカートを使ったピアノと無伴奏の部分を多くしたりして、見事にヴェルディを現代音楽につなげました。まるで、グレン・グールドがヴェルディを弾いているようでした。中村の歌唱は最高潮に達します。強く、そしてふくよか。聴き応えがありました。終わるとBrava, Braviの嵐。

 実に内容のある、素晴らしいリサイタルでした。前日の”ルチア“に染まっていた頭がリセットされました。中村理恵は4月の新国立の”フィガロの結婚“でスザンナを歌います。これも楽しみですね。

ソプラノ:中村恵理
ピアノ:リチャード・ワイルズ


• クララ・シューマン:《3つの歌》op.12から「彼は嵐と雨の中をやってきた」 
• クララ・シューマン:《6つの歌》op.13から「私はあなたの眼のなかに」 
• クララ・シューマン:《3つの歌》op.12から「美しさゆえに愛するのなら」 
• ファニー・メンデルスゾーン:《12の歌》op.9から「失うこと」 
• ファニー・メンデルスゾーン:《6つの歌》op.1から「朝のセレナーデ」 
• J.S.バッハ:カンタータ第57番《試練に耐えうる人は幸いなり》BWV57から
• 「俗世の命を速やかに終えて」「私は死を、死を望みます」 
• ワイルズ:《最終歌》(2016、中村恵理委嘱作品)から「エピソード ── 三島由紀夫『天人五衰』より」
• グバイドゥーリナ:《T.S.エリオットへのオマージュ》(1987)から「冷気が足元から膝に上ってく
• ショスタコーヴィチ:《アレクサンドル・ブロークの詩による7つの歌》op.127(1967)から「ガマユーン」 
• メシアン:《ミのための詩》から「恐怖」「妻」 
• リリ・ブーランジェ:《空の晴れ間》から「ベッドの裾のところに」「二本のおだまきが」 
• ルトスワフスキ:《歌の花と歌のお話》(1989~90)から「かめ」「バッタ」 
• ワイルズ:《分裂と征服》(1993)から「なんと奇妙な」
• ヴェルディ:《椿姫》から「そはかの人か…花から花へ」
• 【アンコール曲】ワイルズ:《最終歌》から「エピソード ── ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』より」 

ルチア@新国立劇場

 20日のマチネ公演に行ってきました。実は18日土曜日のチケットを取っていたのですが、大学の卒業式と重なってしまっているのに気づかず、2月になってからあわてて電話で取り直したのです。もうあまり席が残っていなくて危ないところでした。

 まずは感想ですが、「素晴らしい」という以外に言いようがありません。18日に先に聴いた家内から既に印象を聞いてはいましたが、ベルカントオペラを滅多にやらなかった新国立劇場が満を持して放った大ヒットだと思います。これで、個人的には3回目の生”ランメルモールのルチア“(ランカトーレ、デセイで聴いています)鑑賞になりますが、今回は、歌手、指揮、オケ、演出、舞台美術のすべて揃って素晴らしく、総合的には文句なくベストでした。

 今日は歌手から話をしたいと思います。何と言ってもタイトルロールを演じたオルガ・ペレチャッコ=マリオッティは、”美しき清き“という表現がぴったりな声。(容姿も…)声を張り上げず、持ち上げず、すくっと高音が立ち上がります。彼女のような自然な感じのコロラトゥーラを、あまり聴いたことがありません。いつも良く聴くのはカラス、ステファノ盤で、今回の予習用に聴いていたのは2014年のミュンヘンでのダムラウ、カレヤ盤でした。ダムラウはもちろんすごいのですが、”ドラマチック”なコロラトゥーラだと思います。アジリタというほうがふさわしいか。。。それに対しペレチャッコは「行くぞ!歌うぞ!」という感じが全くせずに、自然にコロラトゥーラに入ります。弱音、微音でも綺麗にベルカントします。

一幕目、ルチアが侍女のアリーサを従えて泉のたもとで歌うアリア(カヴァティーナでしょうか?)“regnava nel silenzio(あたりは静寂に包まれて)”は、僕の大好きな曲なのですが、中音、低音でのコロラトゥーラが要求されます。主題を繰り返し歌う最初の部分の、”Qual di chi parla, muoversi, il labbro suo vedea, (まるで誰かに語りかけるかのように唇が動くのを見た。)のこところ、音が下がるところで、音程をはずしかける歌手を聴いたことがありますが、歌い始めてまもないところで、喉が温まっていないでこの難曲を歌うのは大変難しいのだと思います。しかし、ペレチャッコは軽々とこなします。もうこれで感動でした。”狂乱の場“はもちろんbravissimo!! 彼女はデヴィーアの弟子ということですが、なるほどそのシンプルにして研ぎ澄まされた清らかさを聴いて納得。新国立出演のあとに、4月にはMETでリゴレットのジルダ、5月、ボリショイでヴィオレッタ、そして6月にはベルリンで真珠取りのレイラと立て続けに主演で歌うそうです。みんな聴きたくなります。

 エドガルド役の、スペイン人、イスマエル・ジョルディもとても良かったです。歌唱の技巧的にはまだこれからだと思うのですが、感情の込め方に深みがあって引き込まれます。ペレチャッコと二人で、本当に「若いカップルの熱愛」という感じが出ていて魅力的でした。プログラムを見て気づきましたが、2002年の新国立ではエドガルドをファビオ・サルトリが歌っているんです!サルトリのエドガルドというのも良かったでしょうね。(その頃はまだ痩せていただろうし。。)

 そして、エンリーコのポーランド人バリトン、アルトゥール・ルチンスキーは浪々とした美声で、兄の権威そのものが歌っているように聞こえます。まさに適役。ライモンドの妻屋秀和も良かった。2幕目のルチアとのやりとりは緊迫感があって引きつけられました。このシーン、なんかラ・トラヴィアータの2幕1場のジェルモンとヴィオレッタのやりとりを感じました。2幕目はズンパッパもあるし、6重唱の始めの男声2重唱がカルロとロドリーゴっぽかったり、このオペラのいたるところにヴェルディが引き継いだニュアンスがありますね。ヴェルディはベッリーニ嫌い(「長〜い、長〜い曲」と切り捨てたようです。)だったようですが、ドニゼッティの系譜に連なっているなぁと感じた次第。

 このオペラでは合唱がとても重要です。序曲からいきなり合唱に入ります。新国立の合唱団はこの最初の合唱から最後まで、素晴らしいパフォーマンスを聴かせてくれました。引っ越し公演でも合唱がいまいちということはままあることなので、今回は、個々の歌手と併せて、合唱も最高で、つまりはベストの歌唱のキャスティングではないでしょうか?

 そして、指揮のジャンパオロ・ビザンティを褒めるのも忘れてはなりません。大きなオーケストラを鳴らすのではなく、各パートの音を精緻に且つ、くっきりと浮き出させて、歌手を押し出しながら、鳴らすところは鳴らす。そして何より品格がありました。それがこのオペラを更に魅力的なものにしていました。狂乱の場でのグラスハーモニカは、演奏者のサシャ・レッケルト独自の”ヴェロフォン”というのだそうですが、通常のグラスハーモニカの音が透明ガラスだとしたら、このヴェロフォンは磨りガラスという印象でしょうか?その音は、精神が破綻したルチアの神経シナプスから響いて来るように聞こえて、凄みもありました。

 演出はフランス人のジャン=ルイ・グリンダ。モンテカルロ歌劇場総監督のですので、同歌劇場でも来年か再来年にこのプロダクションで公演されるそうです。スコットランドの海をベースのテーマにして、場面転換の時にも紗幕にプロジェクションマッピングで荒れる海と巨大な岩を映し出すなど凝っています。1幕目の泉の場面に、狂乱したルチアの回想(?)のところでまた戻って来るなど、演出にも“読み応え”があります。僕はスコットランドを1週間掛けて旅行したことがありますが、スカイ島という島のイメージがよみがえりました。実に美しい演出。2幕目の城内の舞台も、オークのような床が舞台を引き締めていました。3幕目はやややりすぎ(ネタバレはしませんが)の感もありますが、狂乱の場をリアルに描き出していました。そして演出を支える舞台美術や衣装が実に美しいことも是非付記したいです。新国立の実力が発揮されていると思います。

 それにしても、これだけのキャストでベルカントのオペラを高いレベルで公演できることがわかったからには、この先、新国立でベルカントをもっとやってほしいです。そうですね、勝手に希望演目を上げると、ノルマ(今年藤原で先に越されますが、、、)、清教徒(この"狂乱の場”も聴きたいです。)、夢遊病の女などのベッリーニ作品。スカラ座のロビーで4人の立像の一人(他はヴェルディ、ドニゼッティ、ロッシーニです。プッチーニは何故かいません)なんですが、ベッリーニは新国立劇場主催では一回も上演されていないです。そして、ドニゼッティの女王三部作も。。。 期待しましょう!

(指揮)
ジャンパオロ・ビザンティ
(演出)
ジャン=ルイ・グリンダ

(キャスト)

ルチア:オルガ・ペレチャッコ=マリオッティ
エドガルド:イスマエル・ジョルディ
エンリーコ:アルトゥール・ルチンスキー
ライモンド:妻屋秀和
アルトゥーロ:小原啓楼
アリーサ:小林由佳
ノルマンノ:菅野 敦
合唱指揮:三澤洋史
合 唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
【グラスハーモニカ】サシャ・レッケルト



 

東フィル定期公演、ラフマニノフ協奏曲2番、チャイコフスキー交響曲6番

 3月13日月曜日のオペラシティでの東京フィルハーモニー定期演奏会に行ってきました。指揮はバッティストーニ、メニューはラフマニノフとチャイコフスキーです。バッティはロシア音楽が大好きだとのこと。一昨年の大賀ホールでのチャイコフスキー交響曲第5番もとても良かったですが、今日は第6番『悲愴』。13年前に亡くなった僕の父が書斎で良く聴いていたので、馴染みのメロディーです。バッティストーニらしく、良く鳴らすこと!ちょっとロックのコンサートのようです。しかし、破綻はまったくなく、ステージの上から音の塊が、弦、金管、木管のそれぞれの位置から飛んでくるように聞こえます。僕の指定席が前方やや左側なので、そのせいもあると思うのですが、音の立体感が凄い!音が右から左へ手前から奥へ廻るようにうねります。第4楽章、特に好きですが、アダージョでの弦の音が美しい。前日に、ゲネプロを聴く機会があったので、マエストロがどのように音作りをしているのかをうかがい知ることが出来て良かったです。

 感想の順番が入れ違ってしまいましたが、この日の最初の曲目はラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。20歳の新鋭、松田華音は6歳の時にロシアへ留学、8歳でオーケストラの共演を果たしたという天才(!)ピアニストです。『かのん』という名前からして、音楽一家の育ちかと思ったらそうではないとのこと。このところ、東フィルは若手のソリストとオケの共演が続いていますが、この日のピアニストは、華麗さ、超絶技巧を前に出してアピールするという若手にありがちなスタイルとは違っていました。華奢な体躯とは裏腹に、線の太い音で、ひとつひとつの音を明確に、輪郭をはっきりと鳴らして来ます。感情的になりすぎないラフマニノフのピアノ、良かったですねー。バッティストーニもピアノを押し出すように、抑え気味の指揮、しかし、第三楽章になるとピアノとオケが一体になって滝のようにステージから音があふれ出して来ました。

 アンコールは無し。僕はテーマのはっきりした曲をじっくり聴いた後はアンコールが無いほうが好きなので、とても良かったです。

 東フィルも2016-2017シーズンは今日で最後、5月から新しいシーズンが始まります。バッティストーニの「春の祭典」、楽しみです。

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番*
チャイコフスキー/交響曲第6番『悲愴』

指揮:アンドレア・バッティストーニ
ピアノ:松田華音*
東京フィルハーモニー交響楽団

オペラ座グラン・ガラ

 昨夜、3月9日のパリオペラ座来日公演、グラン・ガラの初日に行ってきました。凄かったです。感動!オペラ座のエトワール達は、毎年来日して公演をしていますが、やはり本公演は格が違いますね。今回は、ガラと言っても、パ・ド・ドゥをいくつも見せてくれるのではなく、「テーマとヴァリエーション」、「アザー・ダンス」、「ダフニスとクロエ」の三作の全編をたっぷりと見せてくれたので、満足感が強いです。

 「テーマとヴァリエーション」はバランシンの傑作です。ABTの十八番というイメージも強いですが。昨夜は先週の「ラ・シルフィード」の時のコンビ、ミリアム・ウルド=ブラームとマチアス・エイマンで踊られました。この二人はもう完璧ですね。シルフィードとは違って短いチュチュで脚の美しさが際立つミリアム。静止の美しさは、頭から足までピアノ線が入っているようです。マチアスも複雑なジャンプを素晴らしい高さでこなしていました。片腕だけのリフトやキャッチも多いので、かなり体力を使うと思います。小柄な彼には負担が大きいと思うのですが、シルフィード同様に「練習しました」という感じを全く見せずに踊りきったのが凄い。この二人、これから注目していきたいです。

 「アザー・ダンス」は世界バレエなどでおなじみの演目です。2012年には、エトワールになったばかりのジョシュア・オファルトとオーレリ・デュポンで見ていますが、全編を通しで見るのは今回が初めて。ローラ・エッケが踊るはずだったんですよね、たしか。彼女の降板は残念ですが、代わりに踊ったエトワールのリュドミラ・パリエロが神々しいばかりに素晴らしかったです。造形美と言っていいのでしょうか?体全体で作られる形が本当に美しい。ショパンの音楽をそのままグラフィカルにバレエにした感じです。これはファンになりますね。相手役のジョシュア・オファルトも今や貫禄のあるエトワール。切れのある踊りを見せてくれました。この作品、男性ダンサーのソロがけっこう難しそうですが、ピルエットやフェッテも難なく決めてくれました。

 そして、この日のお目当て「ダフニスとクロエ」フレデリック・アシュトン版はYou Tubeで見たことがありますが、バンジャマン・ミルピエ版は初めてです。

 この作品の原作は、ロンゴスという古代ギリシアの作家が書いたものと言われています。エーゲ海のレスボス島を舞台とした若い二人の恋愛物語。2014年にオペラ座の芸術監督就任が決まっていたミルピエ振り付けの力作です。この初演の時の衣装は、写真を見るとカラフルなチュチュを主体にしたクラシックなものだったようですが、今回は布をまとったシンプルなものになっていました。ダニエル・ビュランが作った舞台は初演の時とだいたい同じで、黄色い太陽、地中海の青などの色が幾何学的にステンドグラスのように美しい光になっています。ダフニス役のオーレリ・デュポンは高貴で優雅、美の象徴のように舞台をコントロールします。いつも思いますが、彫刻的な彼女の存在感は凄いものがあります。彼女の恋人役のクロエは、エルヴェ・モローが踊るはずでしたが、怪我で降板。この人の怪我で降板率は5割くらいですね。現在、デュポンのパートナーとしてはこの人が最高なので、全く残念です。しかし、代わりに踊った天才的ダンサー、ジェルマン・ルーヴェも、若いクロエの愛情と焦燥、迷いを余すことなく表現していて満足でした。

 そして、ダフニスを奪おうとするドルコンを踊ったスジェのマルク・モロー、グロテスクな踊りながら、超絶技巧を駆使して主役を食う出来でした。クロエを誘惑するリュセイオン役のレオノール・ポラック、ちょっと可愛すぎるかなと思いましたが、髪をひっつめて妖艶な踊りを見せてくれました。1時間近い、結構長い演目でしたが、本当に引き込まれました。

 そして、この日特筆すべきなのは、音楽です。素晴らしいラヴェルを聴けました。シルフィードとは別の若い指揮者、マクシム・パスカルは東フィルを確かな緊張感を持って鳴らしていました。こんなに良いラヴェルは、ハーディングの「ラ・ヴァルス」を聴いて以来と言っても良いです。コンサートとしても一級でした。バレエの音楽でこれほどのレベルの指揮が際立つのは珍しいです。願わくば、このパスカルが先月のデュポンのボレロも生で指揮してくれれば良かったのになぁ、と思います。

 ともあれ、「バレエは総合芸術だ!」と思い知らされた夜でした。

2-3月のバレエ月間はこれで終わり。この週末と月曜日はバッティストーニ&東フィルのラフマニノフとチャイコフスキー。珍しくゲネプロと本番両方行きます。そしてその後はルチアです。

 それと、今日、7月の藤原歌劇団のデヴィーアの「ノルマ」と、9月の東フィル、バッティの「オテロ」のチケット取りました。「ノルマ」はこれを逃したらいつ聴けるかわからないので、デヴィーアの出る2日間両方取りました。どちらも一番高い席でも1万円台。お値打ちです。皆様も是非!

ノルマ  
 https://www.jof.or.jp/performance/nrml/1707_norma.html

オテロ  
http://tpo.or.jp/concert/20170908-01.php


グラン・ガラのキャスト
「テーマとヴァリエーション」
振付: ジョージ・バランシン
音楽: ピョートル・I.チャイコフスキー
照明: マーク・スタンリー
ミリアム・ウルド=ブラーム / マチアス・エイマン、オーレリア・ベレ、セヴリーヌ・ウェステルマン、ロール=アデライド・ブーコー、ソフィー・マイユー他

「アザー・ダンス」
振付: ジェローム・ロビンズ
音楽: フレデリック・ショパン
衣裳: サン・ロカスト
照明: ジェニファー・ティプトン
リュドミラ・パリエロ / ジョシュア・オファルト

「ダフニスとクロエ」
振付: バンジャマン・ミルピエ
音楽: モーリス・ラヴェル
装置画: ダニエル・ビュラン
ダフニス:ジェルマン・ルーヴェ / クロエ:オレリー・デュポン
ドルコン:マルク・モロー / リュセイオン:レオノール・ボラック
ブリュアクシス:フランソワ・アリュー
マリーヌ・ガニオ、エレノアール・ゲリノー、ローランス・ラフォン、エミリー・アスブン他

指揮:マクシム・パスカル
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

ユーゴ・マルシャンがエトワール昇格!

昨日、3月3日の”ラ・シルフィード”の公演でジェイムズを踊ったユーゴ・マルシャンが、公演後舞台に現れた芸術監督のオレリー・デュポンにエトワール昇格を告げられたとのことです。

http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/33.html

去年のエトワール・ガラで、一番感動したのが、マルシャンとジルベールの"チャイコフスキー・パ・ド・ドウでした。マルシャン、優雅でしたねー。エトワール昇格おめでとうございます。それにしても、昨日も行けば良かったなぁ。エトワール昇格が海外で発表されるのは初めてではありませんが、日本での発表は今までになかったと思います。

東京文化会館終演後のエトワール昇格の瞬間(動画)

https://www.youtube.com/watch?v=GyPfim8Oq2Q

3月2日”ラ・シルフィード”のブログ

http://provenzailmar.blog18.fc2.com/blog-entry-618.html



オペラ座の”ラ・シルフィード“

 3月2日、昨年芸術監督に着任して一年たったオレリー・デュポン率いるパリオペラ座の来日公演の初日に、”ラ・シルフィード“を見に行ってきました。全幕ものとしては、ちょっと地味かなぁと思っていたのですが、凄かったです。感動しました。終幕のカーテンコールは10分間続きました。

 シルフィードを全幕で見るのは、昨年の新国立劇場でのブルノンヴィル版に続き、今回のラコット版で2回目。今回のほうが、パ・ド・ドゥの回数が多いように感じました。それでも、フェッテやピロエットのような派手な見せ場はなく、特にシルフィードを演じる女性ダンサーは、小技で見せる場面が多いので、全体にしっとりとした感じの舞台です。

 今回のオペラ座の来日では、目玉のエトワールのうち、マチュー・ガニオ、エルヴェ・モロー、ローラ・エッケという超目玉のキャストが怪我などで降板、来日しないことになり、随分と残念な思いをしている方は多いと思います。しかし、この日の3人の若き(でもないか..)エトワールは素晴らしかったです。特に魅了されたのは、シルフィードを踊ったミリアム・ウルド=ブラーム、小さな体で本当に宙に浮いているように踊り、“妖精感”たっぷり!「練習しました!」という感じが全く無いんですね。踊っている間の表情の変化、手の先の表現などが、余裕たっぷりです。シルフィードが魅力的でないと、浮気するジェイムズが悪者みたいに見えるのですが、これほどシルフィードが素晴らしいと、「そりゃ、こんな素敵な人が出てきたらしようがないよね。」と思うわけです。ポワントでの静止は時間が止まったようで、なんとも美しい!

 この人、2年前の世界バレエで怪我をして、直前に来日できなかったことを覚えています。だから多分、今回見るのが初めてだと思います。さきほど「若き(?)」と書いたのは、彼女、もう35歳でお子さんもいらっしゃるんですね。

 当初、ガニオとアルビッソンの公演とどちらに行こうか迷ったのですが、アルビッソンでは妖精としては大柄すぎると思い、ミリアム・ウルド=ブラームのほうを選びました。正解でした。でもアルビッソンも見に行きたいですけど......

 ジェイムズを踊ったマチアス・エイマン。去年の「オールスターガラ」で、ジリアン・マーフィーと素敵な “Who cares?”を踊ってくれましたが、クラシックを見るのは初めて。背が低いので、“王子感”にはちょっと欠けますが、キビキビしていながら優雅な動き、素晴らしいジャンプ力で、シルフィードを必死に追いかける様子が胸を打ちます。この人は今、30歳。19歳でコリフェになり、2007年にスジェ、2008年にプルミエ・ダンスール、2009年にエトワールと、凄いステップアップをしているんですね。エトワールを取った時の舞台がレンスキーだったそうですが、ちょっと見たいですね。

 そして、つい最近、昨年の12月にオレリー・デュポンによってエトワールに任命されたのが、レオノール・ポラック。27歳ですからアルビッソンよりも若い。エフィーを踊りました。役柄にぴったりという感じ。スコットランドの田舎の可愛い娘の感じが良く出ていました。そして、ジェイムズの友人、ガーンを踊ったイヴォン・ドゥモル、プログラムのダンサーの紹介にも載っていませんでしたが、素晴らしい踊りを披露してくれました。2014年にコリフェだったので、多分今はスジェ?

 今回はオーケストラで東フィルが入り、若いフランス人指揮者フェイサル・カルイが振りました。初日ということで、まだ堅い音でしたが、それでも後半はとても叙情的な盛り上がりのあるアンサンブルを聴かせてくれました。やはり生のオケが入るのは良いですね。

 シルフィードで、これほど心を動かされるとは思ってもいませんでした。しばらく席から動けませんでした。できれば、もう一回見に行きたいくらいです。

さて、あとは9日のグラン・ガラ。デュポン、楽しみなのはもちろん、デュポンとジェルマン・ルーヴェが踊る”ダフニスとクロエ“です。これも東フィルが入ります。それまで出演者に怪我の無いことを祈るばかりです。

フィリッポ・タリオーニ原案による2幕のバレエ
台本: アドルフ・ヌーリ
復元・振付: ピエール・ラコット(フィリッポ・タリオーニ原案による)
音楽: ジャン=マドレーヌ・シュナイツホーファー
装置: マリ=クレール・ミュッソン(ピエール・チチェリ版による)
衣裳: ミッシェル・フレスネ(ウージェーヌ・ラミ版による)

ラ・シルフィード:ミリアム・ウルド=ブラーム
ジェイムズ:マチアス・エイマン
エフィー:レオノール・ボラック
ガーン:イヴォン・ドゥモル
魔女マッジ:アレクシス・ルノー
エフィーの母:ニノン・ロー
パ・ド・ドゥ:エレオノール・ゲリノー / フランソワ・アリュー

火の鳥組曲他、プレトニョフ指揮東フィル

 オペラシティでの定期公演。もうすっかり自分の席も覚えて、なんだかアットホームな感じでゆったりと聴けるようになってきました。

 この日はストラヴィンスキーが2曲。1曲目の「ロシア風スケルツォ(シンフォニック版)」は初めて聴きましたが、創意に溢れた楽しい曲でした。「スケルツォ」とはイタリア語で「冗談」を意味するんだそうです。メヌエットに近いんでしょうか?テンポはあまり速いわけではありませんでした。5分ほどの演奏、「前菜」という感じですね。

 そして、舞台の構成を変えて、本日のゲスト、若干22歳の気鋭のチェリスト、アンドレイ・イオニーツァが登場。2015年のチャイコフスキー国際コンクールではチェロの部で優勝、いまやひっぱりだこの若きスターです。プロコフィエフの「チェロ協奏曲第2番ホ短調」は別名「交響的協奏曲」としてのほうが有名なようで、その名の通りどっしりとしたアンサンブルの中でチェロがオケと格闘する感じで弾き鳴らされます。いや、凄い迫力と技巧でした。でも音自体は繊細で、むしろ内省的な響きだと感じました。ソロアンコールで演奏された、バッハの無伴奏チェロソナタ3番のサラバンドを聴いたときにも、その印象を強く持ちました。いずれにしろ、これから活躍するでしょうから、楽しみな人です。

 ストラヴィンスキーのバレエ組曲「火の鳥」は、4年前の5月のザルツブルグの降臨祭のフェスティバルでゲルギエフ指揮マリインスキー管弦楽団で聴いて以来。その時はミハイル・フォーキンの振り付けで、それは素晴らしい舞台を見せてくれたのが、今でもまぶたに焼き付いています。「火の鳥」には三つの版が存在するとのこと。ザルツブルグで聴いたのがどれだったかは定かでありませんが、プレトニョフは、中でも比較的珍しい1945年版を愛好しているとのこと、この日もそれでした。バレエ音楽は当然のことながら、バレエがあるのとないのでは、指揮者の曲作りもだいぶ違いますね。この日のプレトニョフは軽いタッチで曲に入り、次第に重みを増し、終曲の賛歌では分厚いアンサンブルを聴かせてくれました。前日にボレロのバレエを見ていたので、「終曲の賛歌」の最後の繰り返しが、ボレロの終盤に良く似ていると感じました。

 さて、5月にはバッティストーニが「春の祭典」を振ってくれますね。最近、クルレンツィスの新作やら、昨年亡くなったピエール・ブーレーズの指揮をCDで良く聴いているので、バッティがどんな春を聴かせてくれるのか、大変楽しみです。

東京フィルハーモニー管弦楽団、オペラシティ定期シリーズ第107回
指揮:ミハイル・プレトニョフ
チェロ:アンドレイ・イオニーツァ

ストラヴィンスキー:ロシア風スケルツオ(シンフォニック版)
プロコフィエフ:交響的協奏曲(チェロ協奏曲第2番ホ短調作品125)

ストラヴィンスキー:バレエ「火の鳥」組曲(1945年版)

オレリー・デュポンのボレロ

 この1週間は、金沢行きも含めて4公演に行ったので、ブログへのアップが追いつきませんでした。印象が薄くならないうちに木金の2公演のことを続けて書こうと思います。

「東京バレエ団ウィンター・ガラ」と銘打って、オーチャードホールで、3つの異色の作品を上演するという意欲的な企画です。しかし、僕としては何と言っても、一昨年のパリオペラ座での引退公演の、マクミランの ”マノン“以来のオレリー・デュポンです。彼女をライブで見られるのがすごい魅力で、チケットを取りました。

“ボレロ“を踊る女性ダンサーとしては、もちろんシルヴィ・ギエムがまず頭に浮かびます。次にプリセツカヤでしょうか・・これに対してデュポンが”ボレロ”を初めて踊ったのは2012年なんですね。ベジャールの死後5年たってから、ニューヨークの公演で初めて踊ったそうです。たしかに、デュポンというとキリアンの”扉は必ず“とか、ノイマイヤーの「椿姫」など、「静」のイメージが強かったですね。ですので、43歳で一旦引退したデュポンが、オペラ座の芸術監督として単身日本に帰ってきて踊るのが、ベジャールというのはとても興味深かったのです。

 冒頭の手の動きの照明があたるところから、もうデュポンの世界でした。優雅ですべるような動き。全身がライトアップされて、「あっ!」と思いました。マノンの引退公演で体を絞って、多分数キロはやせたと思うのですが、それがそのまま引き継がれていました。2014年の8月に勅使河原三郎と共演した「睡眠」の時から比べると、本当に一回り小さくなったみたいです。凄いですよね、二人のお子さんを産んで育てているのですから。

 彼女のボレロは、様式感に溢れた美しいものです。バランスが正確に保たれて、「動」を「静」の中に閉じ込めたような動き。ギエムともロマンとも違う、彼女のボレロでした。昔、見たパトリック・デュポン(同じデュポンでも血のつながりは無いらしいです)に流れとしては似ているような…..クラシックの雰囲気もあります。「素晴らしい!」としか言いようがありません。だんだんと弦に管が入って来て盛り上がってくるにしたがい、体の動きがバネの入った幹のようになってくるところ、背筋に感動が走ります。あ−、これで音楽がライブだったらいいんだけどなぁ。シャルル・デュトワの指揮を望みます。彼の指揮でボレロを踊ったダンサーはいるんだろうか。

 ただ、今回はオーチャードホールの1階の後方のはじで、音響の悪いところだったので、テープの音楽でも生みたいに聞こえました。思わぬ状況です。

 来月もデュポンは来てくれますね。楽しみです。残念ながら、エルヴェ・モローとマチュー・ガニオ、ローラ・エッケが来られないことになってしまいましたが、デュポンはジェルマン・ルーヴェと、またラヴェルを踊ってくれます。”ダフニスとクロエ“楽しみです。

FC2Ad