FC2ブログ

プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

フィレンツェの悲劇 x ジャンニ・スキッキ

 4月7日の初日のマチネに新国立劇場に行ってきました。珍しいダブルビル(二作同時上演)形式。ただ、もともと、プッチーニのジャンニ・スキッキは、「三部作」の最後、「外套」、「修道女アンジェリカ」の後にトリプルビルとして上演されるのが、普通です。

 この日のダブルビルは、フィレンツェという街を基軸にした2作で、意欲的な企画ではありましたが、「フィレンツェの悲劇」、音楽的には素晴らしいのですが、ストーリーがあまりに単純でした。「悲劇」ですから軽いということはないのですが、登場人物三人の心理描写が出来ていなくて、筋立ての似た「外套」などに比べると、物足りないのです。そうすると、その後に来る喜劇の「ジャンニ・スキッキ」のインパクトも弱くなります。去年から今年にかけて、佳作とも言える「三部作」をMETと二期会で観劇したイメージがまだ僕の体内に残っているので、余計その物足りなさを感じました。

 「フィレンツェ」の歌手三人は、なかなかのレベルです。特に、ねっとりとしたグイードのグリヴノフ、クールなビアンカの斉藤純子のやりとりは魅力的でした。斉藤はフランス在住のようだが、もっと日本でも歌ってもらいたいものです。シモーネのグリヴノフも、輝くようなテノールで良いのですが、個人的にはちょっと声が高すぎて、心理的な表現には向いていないような気がしました。

 「ジャンニ・スキッキ」は、タイトルロールのカルロス・アルバレスが素晴らしかったです。「演技が出来て、歌もうまい」のを要求されるこの役に充分過ぎる実力を発揮していました。砂川涼子も村上敏明もうまいのですが、これだけ大人数の歌手が出るのであれば、若手の研修所上がりなど、サプライズがあっても良いのではとも思いました。

 演出は、オーソドックスなものでしたが、舞台美術が良かった….というか僕の好みでした。特に「ジャンニ・スキッキ」で登場人物が、皆、ミクロの決死圏みたいに、小さくなって文机の上で大きな封筒を開けたり、はかりに乗ったりするのは、目新しさはないけど、このストーリーには良く合っていたと思います。

 最後に指揮の沼尻竜典。どちらかと言えば、「フィレンツェ」のほうが、緊迫感があって、彼の良さが出ていたようです。だらだらとしたストーリーを、音楽で盛り上げていました。ただ、やはり、「三部作」の「外套」で彼の指揮を聴きたかったというのが本音。

今回から、新国立劇場の客席全席に、特製のクッションが付くようになりましたが、座り心地が良いです。この日のような短いオペラでも良いですが、ワーグナーなどの長い公演の時は、ずいぶん助かると思います。

■ツェムリンスキー「フィレンツェの悲劇」
– グイード・バルディ:ヴゼヴォロド・グリヴノフ
– シモーネ:セルゲイ・レイフェルクス
– ビアンカ:齊藤純子

■プッチーニ「ジャンニ・スキッキ」
– ジャンニ・スキッキ:カルロス・アルバレス
– ラウレッタ:砂川涼子
– ツィータ:寺谷千枝子
– リヌッチョ:村上敏明
– ゲラルド:青地英幸
– ネッラ:針生美智子
– ゲラルディーノ:吉原圭子
– ベット・ディ・シーニャ:志村文彦
– シモーネ:大塚博章
– マルコ:吉川健一
– チェスカ:中島郁子
– スピネッロッチョ先生:鹿野由之
– アマンティオ・ディ・ニコーラオ:大久保光哉
– ピネッリーノ:高橋正尚
– グッチョ:水野秀樹


指揮:沼尻竜典
演出:粟國 淳
管弦楽:東京フィルハーモニー

スポンサーサイト

プレトニョフ ロシアンプログラム

 東フィルの定期公演で、オペラシティへ行きました。久しぶりのプレトニョフ。チャイコフスキーとハチャトゥリアンという、だいぶ雰囲気の違う、、というか正反対の作曲家のプログラム。

 「葬送行進曲の調子で」始まる“スラヴ行進曲は、まさにお葬式の重さを肩に感じるような序盤。やがて、勇壮な凱旋のメロディになるのですが、全体に重厚なイメージ。続いてのチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35。ヴァイオリンは台湾生まれの若手“ユーチン・ツェン”つい最近、クルレンツィスとコパチンスカヤで聴いたばかりの曲ですが、これは、その時とは対極にある演奏。どっしりとして、古典的。言い方を変えると、やや退屈。グァルネリの音色は高音に伸びるのではなく、中低音を膨らませて聴かせるので、ヴィオラの協奏曲のようでした。ただ、もともと、それほどチャイコフスキー大好きというわけではない僕(家内は大好き)は、車の中などで、聴くことはないのですが、このユーチン・ツェンの音色なら、車のJBLのスピーカーを鳴らすのも悪く無いなと思いました。

 そして、後半はハチャトゥリアン。バレエ曲の「スパルタクス」のアダージョは、実に美しい。僕は2012年にボリショイバレエが来日した時に、全幕公演のチケットを取っていたのですが、体調を崩して行けなかったんですよねー。それが思い出されて、今更ながら悔しく思いました。

 でもって、最後は18本のトランペット(うち15本は、2階正面に位置します)が出てくる「交響曲第3番」。いやー、すごかったですね。ハチャメチャトゥリアンとでも言いましょうか。。。隣の家内は耳鳴りがしてきたと言っていました。僕は、それほどびっくりはしませんでしたが、この曲、どこが良いのかと言われても答えようがありません。ストラヴィンスキーの春の祭典とラヴェルのボレロの後半の不協和音の部分をくっつけたような感じ。一度は聴いておくのはいいかなという感じです。

 それにしても、このものすごい音の音楽を指揮するプレトニョフの動きは本当にミニマムなもので、静かな動きです。バッティストーニが振ったら指揮台がひっくり返りそうなのに。

東フィルの定期公演2018-2019分は、今日で終わりです。来年から席が少しだけ真ん中に寄ります。

次は、新国立のウェルテルです。

チャイコフスキー スラヴ行進曲変ロ短調op.31  
チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.35  
ヴァイオリン、ユーチン・ツェン
ソロアンコール:タレガ アルハンブラ宮殿の思い出  
ハチャトゥリアン スパルタクス より アダージョ  
ハチャトゥリアン 交響曲第3番ハ長調 交響詩曲  
  オルガン、石丸由佳
アンコール:ハチャトゥリアン 仮面舞踏会 より ワルツ

指揮:ミハイル・プレトニョフ  

三部作@MET

 金曜日の夜にトラヴィアータを見て、翌日土曜日は昼からプッチーニの「三部作」、これが4時半に終わって、8時半からはビゼーの「真珠採り」という、ちょっとした強行軍の「三部見」です。もっとゆっくり滞在したいのですが、宿泊費、食費がNYはブエノスアイレスの3-4倍するので、1週間特に目的も無く滞在して、オペラは1つだけ見るという贅沢な旅行はNYでは無理なんです。なにせ、オペラの間にリンカーンセンター内のレストランでワイン飲んだって、グラスで15ドル(1700円)くらいしますから。(ちなみに、LAなど西海岸はもっと安いですが)

 さて、この日は、昼食は食べられないと思って、朝をアッパーウェストのデリで、たくさん朝ご飯食べました。(これがまた美味しいのです。)しかし、これが大失敗で、12時半から始まった三部作の最初の「外套」後半と「修道女アンジェリカ」の前半、満腹感とまだ残っていた時差ボケのせいで、なんと寝てしまいました。海外でもう何十作もオペラを見ていますが、着いた日に劇場に直行しても、どんなに時差ボケがあっても、海外の公演では一度も寝たことがなかったのに、いやはや大失敗。また、もったいない、、、。

 そんなわけで、このブログもちょっと不完全なものになりますが、まずは、指揮者のベルトラン・ド・ビリーの素晴らしさを挙げたいです。彼は、9月に東京で二期会の「三部作」も振っていて、その時も素晴らしかったのですが、この日は、より抑揚があって、盛り上げる振り方をしていました。言い換えれば、初心者でもわかりやすい指揮を、このちょっとオタクっぽいオペラに与えたとも言えそうです。この日、初めて感じましたが、「外套」は、なんかラヴェルっぽいですね。プッチーニにしては、有名なアリアは三部作のすべてでも「私のお父さん」くらいしかありませんが、外套の序奏などは、本当に秀逸で、映画音楽などの現代の音楽にも通じると思います。ゆらぐ船と、ゆらぐ心と、これから起こる悲劇をゆっくりと予感させます。

 二期会の演出とは違い、クラシックな演出はMETらしいものでした。「外套」では、ジョルジェッタの名前を冠した貨物船が、川が運河に横付けされて荷下ろしの最中、最初は赤が基本だった照明が、場面が変わるにしたがい、グレーや緑に変わります。これが油絵の絵画を見るように美しい。ただ、個人的には、二期会の時のミキエレットの不安感を強く押し出す、コンテナが斜めにならんだ舞台のほうが新鮮でした。この演目は、あくまでも心理劇なので、登場人物の心理を表すには、船も波止場も変えてしまって良いと思いますし、そのほうが、屈折した心理面を表せると思います。

 ミケーレを歌ったガグニーゼ。日本でも2015年の新国立の「ファルスタッフ」のタイトルロールで聴いていますが、とても良かったです。この人は、どちらかというと低めのヴァリトンで、中低音部での演劇性が素晴らしいです。ルイージのアルバレス、日本でもおなじみですが、ミケーレの心をかき乱す役柄をうまく演じていました。出色だったのは、ジョルジェッタのアンバー・ワーグナー。初めて聴きましたが、声量があり、音程が正確で、それでいながら、感情を声の中に流し込むような感じが素晴らしい。どちらかというと、3人ともヴェリズモを極めた感じの歌い方で、とてもバランスが良かったです。

 修道女アンジェリカは、一番寝てしまったので、あまり書けません。演出はここでもクラシックで、芝生のある修道院の中庭ですべてが進行します。最後は、ミキエレットのように、子供が生きていたという救いの無いものではなく、普通にアンジェリカが亡くなる時に子供が現れるというものでしたが、ミキエレット版を見ると、やや物足りなく感じました。それと、タイトルロールのオポライス、いつも思うのですが、上手いです。綺麗です。そつがありません。ですが、外套のワーグナーのように、歌の中に感情を入れ込んでいるという感じが無いのです。何か空虚な感じがするのは僕だけでしょうか?

 そして、ジャンニ・スキッキ。これは目覚めてしっかり見ました。それだからではありませんが、ずっと起きていて見ていた家内に言わせても、三作の中で、一番、こなれていて、良く出来ていたと思います。とにかくテンポが良く、多くの演技が要求される演出も、実にスムースでした。ドミンゴのスキッキが出てくるところでは、明治座の新派のように、演奏中でも拍手が起こるなど、METならではというところもありましたが、決してお行儀が悪いわけではないので、そういうものだと受け止めれば良いように思います。今まで、何度も見ている演目ですが、一番良かったと思います。


CONDUCTOR
Bertrand de Billy
Giorgetta
Amber Wagner
Luigi
Marcelo Álvarez
Michele
George Gagnidze

歌劇「メフィストーフェレ」

 東京フィルハーモニーの定期公演、バッティストーニ指揮の歌劇「メフィストーフェレ」に行ってきました。東フィルのオペラは、5月のミョンフン指揮の「フィデリオ」以来です。

 アリーゴ・ボイートと言えば、一般にはジュゼッペ・ヴェルディの晩年の作品、オテロやファルスタッフの台本や、シモン・ボッカネグラの改訂版の台本を書いたので知られています。それ以上に、ヴェルディの音楽的なパートナーとして、ボイートがいなければ、これらの晩年の作品は世に出てこなかっただろうとも言われています。これに比べ、彼の作曲家としての評価はやや低いものになってしまっています。これは、自作品の数が少ないことと、代表作である、この「メフィストーフェレ」も初演の1868年のスカラ座で、大失敗になってしまっていることなどから来ているのでしょう。当然、現在でも上演回数は少ないのですが、今シーズンは来週月曜日からMETでも上演されます。

 この日、まずは、バッティストーニの指揮が素晴らしかったです。先週の東フィルのロッシーニの序曲集では、やや重く、もったりした感じがあったのですが、この日は、彼らしい彫刻的、立体的な音作りがとてもうまくいって、攻め立てるところ(プロローグの合唱部分や、エピローグの最終部分の圧倒的な迫力など)と、美しい弱音でで飾る3幕目のマルゲリータのアリアや、4幕目の女声二重唱のところの、強弱の対比が素晴らしかったです。テクニックを縦横無尽に使っているのですが、それがあざとく見えない、実にシンプルで素直に聴こえて来るのがすごいですね。「ローマ三部作」などもそうですが、彼の指揮を聴いてしまうと、それがその音楽のデファクト・スタンダードのようになってしまうのです。あの強い刺激のある音が、聴くものの耳と心に素直に入って記憶されるということでしょう。

 歌手陣もなかなかのものでした。ファウストを歌ったテノールのアントネッロ・バロンビ、急病で降板したジャンルーカ・テッラノーヴァの代役だったのですが、イタリア的な明るく、そして強い声で表現力もあり、圧巻でした。タイトルロールのマルコ・スポッティも良かったのですが、バスというにはやや声が高め。バスバリトンの感じで、しかもどちらかというとノーブルな声。ドン・ジョヴァンニなども歌えそう。「悪魔」感がちょっと弱い感じがしました。1幕目では高音と中低音の切り替えがうまく行っていない感じが少ししましたが、幕が進むに連れて聴き慣れていくと、こちらも感情表現が豊かな歌唱でした。マルゲリータのマリア・テレーザ・レーヴァはまだ若いようですが、安定した音程と、豊かな声量で、マルタの清水華澄(こちらも素晴らしい)の2重唱は、全くブラーヴェでした。

 1,2幕目の音楽作りと3,4幕目のそれとが、けっこう音楽的に違っている感じがあり、後半は、イタリア歌劇の伝統的な雛形にそったアリアもあり、拍手どころも多いのですが、これは、初演版(楽譜が残っていない)が失敗したあとに、ボイートが聴衆の受けを狙って、改訂したところなのでしょうか?

 全体として非常に満足な公演でした。それにしても、東フィルの定期公演で、演奏会形式とは言え、年2回もオペラを入れるというのは凄いですね。この日のチケットも3階の最前列B席でしたが、6,300円と値打ちもの。そしてほぼ満席でした。マイナーな演目は、もっと積極的に「演奏会形式」を使って上演をしてほしいと思いました。
 

東京フィルハーモニー第913回 オーチャード定期演奏会
指揮:アンドレア・バッティストーニ
メフィストーフェレ(バス):マルコ・スポッティ
ファウスト(テノール):アントネロ・バロンビ
マルゲリータ/エレーナ(ソプラノ):マリア・テレ-ザ・レーヴァ
マルタ&パンターリス(メゾソプラノ):清水華澄
ヴァグネル&ネレーオ(テノール):与儀 巧
合唱:新国立劇場合唱団 他

ラ・トラヴィアータ 藤沢市民オペラ

 しばらくブログをご無沙汰してしまいました。その間にコンサートに数回行きましたが、時間もたってしまったので、割愛致します。

 それで、昨日は1ヶ月ぶりのオペラ、大好きなトラヴィアータです。中村恵理のヴィオレッタは、彼女のリサイタルやヴェルディ協会のイベントで、何曲かは聴いていて、それだけでも、ものすごく魅力的でしたしたので、全幕で聴くのを本当に楽しみにしていました。

 この日の彼女は、本当に素晴らしかったです。どちらかというと「力強い」ヴィオレッタなのですが、1幕の最初から、病気であることがわかるような歌い方。ちょっと息があがっているような雰囲気を醸し出しているのです。ヴィオレッタの人格と体調に完全にシンクロしているのですね。ヌッチは、舞台でどんな事故があっても、役柄から抜けませんが、そのような鬼気迫るものを感じる歌唱と演技でした。

 3幕目の最初の、“Dammi d’acqua un sorso”(お水を頂戴、ひとくち)というところも、はっきりした強い口調で歌うのですが、そこには、もう死の予感がたくさんこもっています。プログラムの解説にもありましたが、最期の場面で、”Ah1 io ritorno a viviere..” “Oh giola” (私はもう一度生きるの、ああ、嬉しい)というセリフが、これほどぴったり合うヴィオレッタは、トラヴィアータをかれこれ15回は舞台で聴いていますが、中村恵理をおいて他にはありません。ナタリー・デセイのヴィオレッタの最期の場面も、素晴らしいのですが、そのセリフとは裏腹に、「もう一度生きる」という感じはしません。この感じがするのは、あとはデヴィーアでしょうか?

 ですので、この日の公園、僕は、完全に中村恵理に“持って行かれた”という感じでした。中村の歌唱があまりに良すぎて、他の歌手が色あせて聞こえるという感じ。その中で、良かったのは、今まで何度聞いてもあまり感動しなかった、須藤慎吾のジェルモンでした。実直な田舎の紳士という感じを、声に無理なく自然に出していました。2幕目でちょっとベルカントしていたのもおもしろかったです。ただ、2幕目最終部の「プロヴァンスの海と土」の後、カヴァレッタを省略してしまったのは、とても残念。 “Non non udrai rimproveri, copriam d’oblio il pasato” (いいやお前に何も小言は言うまい。過去は忘れてしまおう。”と始まる、やさしいメロディで、ジェルモンが息子への愛情をオロオロしながら歌うこの部分が無いと、2幕目、3幕目での親子関係がはっきりとわからなくなってしまうのです。田舎の富豪の息子であるアルフレードが、いかに愛情を注がれて、言い換えれば甘やかされて育ってきたかというのがわかる部分です。これは1幕目2場のパリ郊外のヴィオレッタの館で、“O mio rimorso!”(おお、わが後悔)と歌うアルフレードのカヴァレッタとも呼応しています。この部分も良く省略されてしまうのですが、今回、こちらは残されていました。アルフレードは、1000ルイという大金をなんとかするためにパリに向かうのですが、アンニーナに言われるまでもなく、二人で働きもせずに、そのような豪華な暮らしをするのに、お金がどこから来ているか、考えもしないというのは、あまりにも馬鹿息子過ぎるのではないかと思うのです。その馬鹿息子ぶりが、良い意味でも悪い意味でもアルフレードの魅力なのですが、その部分を裏付けるのが、ジェルモンの2幕目最後のカヴァレッタ。やっぱり入れて欲しかったですね。ちなみに、実話でも原作の作者デュマ・フィスは、ヴィオレッタこと、マリー・デュプレシとの暮らしを維持するための金を父デュマに借りに行くと断られますが、その実、銀行での借金の保証人にはなっているのです。

 このオペラは、実話、原作、戯曲、バレエと色々な表現があるので、それを比較するのもとてもおもしろいです。

 アルフレードを歌った笛田博昭、とても良い声をしていましたし、彼の声量は中村に負けない強さを見せていましたが、ややヴェリズモっぽい、そして音程がところどころぶれることがありました。脇役ですが、男爵役の久保田真澄、アンニーナの牧野真由美、フローラの向野由美子はとても良かったです。この脇役には豪華すぎる配役と言って良いと思いますが、公演全体がグッと締まりました。

 園田隆一郎の指揮は、丁寧で、柔らかく、ピチカートでカラフルにするところなど、彼らしさが出ていましたが、この日の主役となった、中村恵理の強さにやや負けるところがあった気がします。

 岩田宗達の演出は、2013年の新国立での藤原公園、デヴィーア主演の時の演出を元にしていると思われます。あの時3幕目にしか登場しなかった、大きな斜めの台を一幕目から登場させ、使い回していましたが、限られた装置しかない舞台では、とても効果的でした。

 この公演、今年も一日限りなのですが、できれば2日続けて聴きたいものです。とにかく中村恵理に圧倒された満足な公演でした。

指揮:園田隆一郎
演出:岩田達宗
ヴィオレッタ 中村 恵理
アルフレード 笛田 博昭
ジェルモン 須藤 慎吾
フローラ 向野 由美子
ガストン子爵 井出 司
ドビニー侯爵 三浦 克次
ドゥフォール男爵 久保田 真澄
医師グランヴィル 東原 貞彦
アンニーナ 牧野 真由美
管弦楽 テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ
合唱 藤原歌劇団合唱部

FC2Ad