プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

こうもり at 新国立

”こうもり”、難しい漢字で書くと"蝙蝠”となりますが、やっと見ました。曲のほうは、GALAや、CDで嫌と言うほど聞いていたのだけど、何故かナマを見てませんでした。

31日とは言え、まだ1月ということで、お正月っぽいアドリブたくさんの楽しい公演でした。特に、ロザリンデ役のソプラノ、ノエミ・ナーデルマンというスイス人、新国立初登場でしたが、素晴らしかったです。ちょっと重めで中高音にボリュームが感じられる、最近あまり知らないタイプのソプラノ。なんか部分的にはカラスにすごく似ています。3幕目あたりは、声も暖まってきて全開!聞き応えありました。尚、容姿も素敵。またファンになりそうな女声が一人増えた.....

あとも(と十把一絡げにしては悪いが)けっこうレベル高かったです。アイゼンシュタイン役のヨハネス・クレンツレは、歌はやや声が熟し切っていない感じがあったが、演技が素晴らしく上手い! グラインドボーンの”フィガロの結婚”のスザンナのアリソン・ハグリーがそうであったように、完全に役になりきっているということは、特にオペラ・ブッファ(喜劇)の場合はとても重要。でないと笑えませんから。

ちょっと残念だったのが、指揮とオケで、序曲が始まってsぐに、「楽譜をその通り弾いてはいますが。。。」という感じがして深みが無い感じがした。時々、妙に伸ばしたりはしているのだが、曲に対する理解が不足している(などと偉そうなことを言っていいのかと思うのですけどね)感じ。良く言えばシンプル、淡泊なのだが、一緒に言った家内も「なんかウィンナワルツの微妙な揺れみたいのが全然無い感じね」と言っていた。その通り。ちょっとシャンパン飲んで演奏したほうが良かったのでは?

komori.jpg


しかし、まあ、例によって、この2週間、カラヤンとウィーン・フィル、クライバーとバイエルン国立の”こうもり”のCDをず~っと聞いていたので、これが完全に耳に焼き付いてたことは、マイナスして評価しないといけないと思います。

アドリブにはちょっと使いすぎじゃないかと思うほど、日本語が出てきたけど、楽しい公演でした。


ところで、今年の前半、これからの観劇予定でチケット取れているものは下記です。


2009.2.8 タンクレーディとクロリンダの戦い  横須賀芸術劇場
2009.2.13 ラ・トラヴィアータ 東京文化会館大ホール
2009.2.15 ライモンダ(バレエ)    新国立
2009.3.6 ハーディング (幻想交響曲他)  トリフォニーホール
2009.3.13 カルメル会修道女の対話    新国立中ホール
2009.3.15 ラインの黄金         新国立
2009.3.22 小曽根真 (JAZZ)       ジーリオショーワ
2009.4.12 ワルキューレ          新国立
2009.5.24 白鳥の湖(バレエ)       新国立
2009.6.28 コッペリア(バレエ、ロホ&カレーニョ) 新国立
2009.7.20 カルメン              文化会館
スポンサーサイト

アントニオ・カルロス・ジョビン

話はまたボサノバへ....

2008年はボサノバの生誕50周年でした。その割には、何も盛り上がらなかったですが。プッチーニの生誕150周年の方が、ずっと盛り上がってましたね。

もともと、ボサノバはブラジルのリオの若い音楽家、アントニオ・カルロス・ジョビンやジョアン・ジルベルトと米国のジャズ・ミュージシャン、スタン・ゲッツが作り上げた、サンバとジャズの複合物ということは、割と知られていますが、そリオの若い音楽家がほとんどすべて、フランク・シナトラのファン・クラブのメンバーで、目指したのはシナトラが歌うソフト・サンバだったということは余り知られていません。A.C.ジョビンも初めてのアメリカ人シンガーとのコラボレーションアルバムはシナトラとです。

それはともあれ、最近、やや疲れ気味で、家で言語と対訳などを見ながら、しっかりとオペラのDVDを見る気力がなく、したがって一番楽な分野、ボサノバにしたることが多いです。

特に12月に映画、V For Vendettaという不思議な英国のSF映画を見て、その中にジョビンの初期のアルバム"Composer Plays"が使われていたので、それでまたジョビン、、という感じになっていました。

ボサノバはジョアン・ジルベルト、アストラッド・ジルベルトではないか、という人もいます。前者は80才近いですが、毎年のように来日し、僕も3年前までは毎年行っていました。ボサノバの神様みたいな人です。でも、彼は歌うだけ、ジョビンは自分で作って歌いました。残念ながらジョビンが作ってジョアンが歌った時期は本当に短く、その後仲違いしてしあまったのですが。

P1020430.jpg

僕はiPodを新旧大小、合わせて7台ありますが、1台には "Chega de saudage" Rio 12715Brazil 1958という刻印がしてあります。これが、最初のボサノバのレコード、”シェガ・デ・サウダージ(邦題「想いあふれて」)あとは、そのシングルレコードのナンバーと発売年です。

ジョビンは1994年67才で死去。結局ナマでは見られませんでした。

お勧めのアルバムは "Passarim" 後期の名作です。


バレエ、イーゴリ・コルプ見てきました!

ボサノバからいきなりバレエに話題変わります。

昨年も1月はロシア、マリィンスキー劇場のオペラ"ランスの旅”を見ましたたが、期せずして、今年も1月はマリィンスキー劇場、今度はバレエのプリンシパル。次世代を担う大物、イーゴリ・コルプをオーチャード・ホールで見てきました。とか言って切符もらうまで、全然知らなかったんですが......

知人で出版社に勤め、自らも数十年(?)のダンス歴を持つKさんから、お年玉のように招待券を頂き、「この人、大のお勧め!」ということで、期待して行きました。結果、期待以上! Kさん曰く「ちょっとお顔が変わっている。」とのことでしたが、かっこいいじゃないですか!! オールバックにしていた白鳥など、ニコラス・ケイジみたい。 技術も素晴らしいし、彼の雰囲気というか、世界を持っていて、ダンサーとして、きちんと自分のマーケティングが出来ているのが、これからさらなるスターに昇っていく予感しました。

ステージの構成は「ルグリと仲間達」みたいな感じでした。ルグリが”静”で絵画を描くような踊りだとしたら、コルプは”動”で映画というかムービーを映し出すような踊りです。

ラストの幕の20分強の"シーソーゲーム、ブランコの二人”は本当に洒落ていて、サンタフェ風の舞台とスパニッシュギターで始まると、バッハの無伴奏バイオリンソナタが踊りの主要な旋律になり、最後はタンゴのラ・クンパルシータで終わるという構成。「う~ん、なかなか!」とうなりました。

kolb.jpg

共演の草刈民代(ホンモノ見るの初めて!)も素敵でしたね。そしてキエフ・バレエのソリスト、ナタリア・マツァークというダンサーが秀逸。彼女のために作られたという演目「道」の曲は、タイスというオペラの主旋律で、そのDVDを一昨日見たばかりでした。特に背が高いわけではないのに、大きく見えました。

今年の観劇はオペラが2/3で、残りをバレエ中心に、と考えてます。オペラは見るにもそれなりの体力と覚悟がいるものもあるが(トリスタンのように)、バレエは文句なく楽しい! そんなバレエの良さをしっかり堪能した夜でした。

最近のボサノバ

たまには、ボサノバの話を.....オペラはやたら見まくっていますが、まだ見始めてから10年にもならない。でもボサノバは"セルジオ・メンデスとブラジル66"がデビューしてから、40年以上の”オタク”です。

だけど、最近はブラジル本国ではボサノバは全く死滅状態。ボサノバ創始者の一人、ジョアン・ジルベルトも日本への出稼ぎが主な仕事になっています。今、ボサノバを支えているのは、1が日本、2にフランス、そしてアメリカとイタリアということです。

最近、聞いたボサノバで一番良かったのは、ジョン・ピザレリのタイトル名も”ボサノバ”というCD、ニューヨークを活動の場にしていますが、サウンドはちょっと西海岸っぽい。ナット・キングコールみたいな甘い声を押さえ気味に、スタンダードボサノバを歌っているのだが、ギターがうまい!!アメリカのジョアンか!  スタンダードジャズのCD "With A Song In My Heart"もいけてます。

530.jpg
718.jpg

もう一枚紹介。昨年秋にリリースされた日本人歌手、平賀マリカの ”Batucada -Jazz 'n'Bossa”。週刊誌や新聞でも大きくパブリシティが出た。ボサノバ誕生50周年という去年にあやかって出したCDらしく、家内がプレゼンとしてくれた。かなりJazzぽいが、これも悪くない。しかし、平賀マリカは正直、決して上手ではない。ボサノバっぽくもない。六本木あたりのJazzクラブで「あんまり聞いたことない歌手だな」と思って入ったら、それなりの声だった、という程度。が、これもボサノバ草創期の大物、マルコス・ヴァーリやアメリカンボサノバのマイケル・フランクスが共演しているのがすごい!120%の力で力み気味でJazzで歌っている平賀に、完全ボサノバスタイルで肩の力もろに抜いてかぶってくる二人との不思議なセッションアルバム。が、結局、途中でやめてマルコス・ヴァーリのベストアルバムに変えてしまうことが多いが。。
706.jpg


蝶々夫人 at 新国立

平日、ぽっこりと時間が空いたので、当日券で新国立劇場の”蝶々夫人”を見に行った。D席、3,000円だったので、舞台下手がやや欠けたが、値段からしたら充分満足。

非常にシンプルに、上品に仕上げられたという好印象。ソプラノのカリーネ・ババジャニアンは、タイトルロール(蝶々)を得意とするというだけあり、完全に役になりきって歌にも演技にも余裕があり、ヒヤっとするところがない。名前とは違い、全然、婆々ではなくて美形! それにくらべてピンカートンのピサピアは、やや太りすぎで、大変な太鼓腹。演技も収支棒立ちっぽかったが、声量があり、声に表現力もある。ラスト近くの”愛の巣を離れて”のアリアは特に良かった。席が遠かったので、双眼鏡で見ない限りは満足だった。

スズキの大林智子も素晴らしい出来。このところ、新国立の演目はクオリティの向上がめざましいと思う。外国人主演者のキャンセルがあいついだ2007年は、舞台装置と合唱で持っているという感が強かった(タンホイザーが最たるもの)が、昨年春のアイーダ以来、本当に良くなっている。若杉氏の思いが行き渡ってきたのだろう。蝶々

僕は、プッチーニのジャポネスクな旋律があまり好きではないのだけど、今回は、オケもメリハリが利いて、しかもあくまで上品で良かった。指揮者のモンタナーロがステージ上から、演奏者全員に立つように何度も何度も笑顔で合図していたが、そんな指揮者の人柄が演奏にも出た感じがする。

今月末の”こうもり”も楽しみだなあ。


ベルリンフィル八重奏団

八重奏団って珍しいが、この室内楽アンサンブルは、シューベルトの八重奏を演奏するために、作られて続いているそうです。

ということで、シューベルトの八重奏、ヘ長調D.803は圧巻!でした。特に第5楽章メヌエット良かった。そして、今回、唯一知っている曲が「ます」でした。そりゃ、中学生でも知っているよね。清水和音のピアノがそれは繊細で、正確で、詩的で、素晴らしかった。
flyer.jpg

3,600円の席だったけど、3階の一列目、ステージを斜め左に見る位置で、ピアニストの手が見えて良かったです。室内楽までなかなか手が回らないのだけど、去年のハーゲン四重奏団など、行けばやっぱり「いいなぁ..」と思います。それと、やはりバッハが聴きたくなる。そして僕の大好きな、でも滅多にやらない、ボッケリーニ、聞きたいなあ。。



オペラ座の怪人映画とミュージカル

年末にアメリカでミュージカルを劇場で見た"オペラ座の怪人”、アンドリュー・ロイド・ウェーバー(男爵)の傑作です。2004年には彼自身のプロデュースにより映画化されているので、早速、そのDVDを買って鑑賞!!

いや、”あのミュージカルの感動が再び!”みたいなありがちなキャッチフレーズそのままという感じ。良かった。!オペラ座の怪人
ミュージカルでは無い回想のシーンが特に良い。回想している年(オークションの年)は1919年で、映画ではこれが現在なのだけど、すべて白黒で、過去(1870年のオペラ座に設定)は鮮やかな赤と黒の多いフルカラーになる。これは僕の大好きな”男と女”と全く同じ手法。過去は更に鮮やかに、現在は靄の中に...という感じ。映画では最後の薔薇が置いてあるシーンが素敵だ。椿に替えたら、トラビアータか? トラビアータも実際パリの墓地に眠っているのか、などとあちこち脳が働いてしまったが、、、とにかく良かったです。

ミュージカル素人の僕は、ロイド・ウェーバーについてもあまりしらないが80年代の”エビータ”の初めての公演をロンドンのSOHOの劇場で見て感激したのは良く覚えてます。

しかし、仕事抜きでNYに行ける身になったので、行きたい! オペラ、バレエ、コンサート、ミュージカル、JAZZ、絵画展など、1ヶ月くらいいたいね。 が、ミュージカル通の知人によれば、最近の経済環境の悪化をもろに受けているのがNYのミュージカルで、数年前にトニー賞をとった「Hairspray」や「Spring Awakening」がこの1月にクローズになってしまう他に、「Young Frankenstein」など2008年の新作までが年明けに次々クローズするという異常状態だそうです。オペラも危ない!!

METライブビューイング

MET(メトロポリタン歌劇場@NY)の最新の演目を、欧米では完全にライブでCATVやインターネットで有料放映し、日本では映画館などで数ヶ月遅れで上映するプロジェクトは2年ほど前から始まり、最初は歌舞伎座や目黒のパーシモンホールなどで、比較的"細々”とやっていたのだが、昨年秋より松竹が本格的に、傘下の映画館で一演目一週間の上映を開始した。

今年はルネ・フレミングの"タイス”からスタート。これは、METでの上演が昨年12月28日だったから、1ヶ月以内で日本に来たことになる。実は、12末の渡米中になんとかこのタイスを見にNYまで行けないかと、スケジュールを色々と考えていたので、大画面で見逃した演目が見られるのは嬉しい。

ここ数ヶ月で上映される演目は次ぎの通り。

マスネ『タイス』(新演出)
2009年1月10日(土)~1月16日(金)1日1回上映
上映時間:3時間21分/休憩:2回

プッチーニ『つばめ』(新演出)
2009年1月31日(土)~2月6日(金)1日1回上映
上映時間:2時間15分/休憩:1回

『オルフェオとエウリディーチェ』
2009年2月14日(土)~2月20日(金)

ドニゼッティ『ランメルモールのルチア』
2009年2月28日(土)~3月6日(金)

プッチーニ『蝶々夫人』
2009年3月28日(土)~4月3日(金

ベッリーニ『夢遊病の娘』(新演出)
2009年4月11日(土)~4月17日

ロッシーニ『ラ・チェネレントラ』
2009年5月30日(土)~6月5日(金)

タイス、ルチア(ネトレプコ)、夢遊病の娘(デセイ)、つばめ(ゲオルギュー)は見たいと思ってます。

しかし、こういうことを、新国立なんかがやらないといかんのではないか? CATVやスカパーで、有料でVOD放送したりできないものでしょうか? オペラのファンの裾野を広げる努力をもう少ししてほしいと思います。METのライブビューイングの幕間に、フレミングがマイクを持ってネトレプコやドミンゴにインタビューしたり、サービス精神満点。

でも、新国立も去年から新年GALAではシャンパンをふるまうようにはなりました。少しづつ良くなってきているいるのかな?

ニューイヤー・オペラパレスGALA

「風花がきらりとひとつ初芝居」という俳句があり、お正月なので玄関にその掛け軸を飾ってありますが、1月5日、我が家の初芝居観覧は、やっぱりオペラ&バレエ。

俳句の"初芝居”は多分、歌舞伎でしょうね。PP初芝居軸新国立のGALAは去年も行きましたが、去年の演目はシュトラウス、モーツァルト、ヴェルディ、ロッシーニ、グノー、ビゼーなど多岐に渡り、まさにGALA、悪く言えば総花的なプログラムでしたが、今年はバレエは、ドンキホーテ第三幕を通しで、オペラはヴェルディをナブッコの序曲かから始まって、初期から後期の3作品、時代にそってベリズモ(真実主義)の作品道化師、カヴァレリア・ルスカティーナ、そして最後のオペラ作曲家とも言われるプッチーニで終わるという、ストーリー性を重んじた構成でした。満足。

特に、3日のNHKのGALA(これはテレビで見ました)が、オッフェンバッハやビゼーなどのフランス曲目が多く、ヴェルディはラストの「乾杯の歌」だけだったので、新国立が、曲目すべてをイタリア産でそろえてくれたのは、とても嬉しかったです。

別にフランスオペラが嫌いなわけでは全く無いのですが、正月はやはりシュトラウスのワルツ系か、イタリア丸出しオペラが似合うというもの。

で、メインゲストの歌手二人もイタリア人、セレーナ・ノッキア(ソプラノ)の澄んだ声と声量、音程の安定さ、、、素晴らしかったですね。テノールのジュゼッペ・ジャコミーニとのオテロの”すでに夜は更けた”にはブラーヴィ!!でした。

しかし、このジャコミーニさん、ジャコミーニじいさんというくらいの歳だと思うけど、声量と、良い意味で一時代前的なクセと迫力のある歌い方、演技力、たいしたものです。

3年くらい前に新国立の道化師で出ていましたが、その時は、迂闊にも半分寝ていて、強い印象が無かったのですが、今回はすごかったです。

それにくらべて、バレエは悪くなかったのですが、”ドン・キホーテ”という演目はチョー有名なだけに、僕もスカラ座の公演でホセ・カレーニョ、タマラ・ロホという現在のバレエ界でも、one of the bestのペアで見た印象がベンチマークになっており、家内に至ってはNYでヌレエフの公演を見ているので、そんなものに比べると、どうも”落ちる”という感がありました。

昨年のラヴェルのワルツ、こうもりなどで構成したバレエのほうがGALA向きではなかったかと思います。

ともあれ、今年のシーズンも幕開け、次ぎは13日に室内楽、ベルリンフィル8重奏楽団、31日に新国立のオペラこうもりと続きます。


2009 あけましておめでとうございます。

本年はじめてのブログです。あけましておめでとうございます。今年より、ブログを公開とし、パスワードを廃止しました。が、コメント、トラックバックには対応していません。読み捨てブログと思って下さい。

年末はドン・ジョヴァンニでお終いかと思いましたが、23日より家族でアメリカへ旅行に行った際に、サンフランシスコでミュージカル"オペラ座の怪人”を見ました。ブロードウェイの引っ越し公演。久し振りのミュージカルでしたが、なにしろ"オペラ座”の話だし、歌唱力、演技力、踊り、すべて素晴らしかったです。それに前から10列目というシートも最高でした。

その後、サンターバーバラに一泊、ロサンジェルスへ行き3泊、ここでは観劇は無し。(シーズン終了)ひたすら安い$が魅力で買い物!!

一週間の旅行から30日に帰ってきて、正月は時差ぼけでずっと早起きです。

下記は西海岸サンタバーバラ付近の朝日.....のはずはなく、夕陽です。でも”賀正”みたいなのでアップします。

本年もよろしく!!
PP1020335.jpg

FC2Ad