プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ブルーレイのトラヴィアータ

2007年7月に、ミラノのスカラ座まで行って見たそのシーズン最後の演目「椿姫」がブルーレイディスクになって発売されたので、これを入手して自宅で見ました。2年前は最終日のゲオルギュー、カウフマン、フロンターリ、マゼール指揮というキャストの最終日の回を、土間の前の方、いわばプラチナチケットを取っていのですが、ゲオルギューに良くありがちな「ドタキャン」(詳しくはこのブログの前のほうにあります。)を食らって、ヴィオレッタは、新進のロシアのソプラノのイリーナ・ルングになってしまいました。

51b7tzIguAL.jpg今回発売されたブルーレイディスクはテノールも私達が見たヨナス・カウフマンではなくてラモン・ヴァルガスになっており、実際に僕が見たものとはだいぶ違うキャストでしたが、当時、マゼールもゲオルギューも初日に大ブーイングをされてしまい、マゼールは憤慨して、そのまま降板するつもりで荷物をまとめているのを、スカラ座サイドが何とか説き伏せて最後まで上演させたとの事。ゲオルギューも同じシーズンの最初に夫のロベルト・アラーニャが「アイーダ」の第一幕が終わったところでブーイングに怒って帰ってしまい、代役がジーンズのまま2幕目を歌うはめになり、怒ったスカラ座がアラーニャとは2度と契約しないと縁切り宣言する中で、妻のゲオルギューのほうは出演するかどうかと、スキャンダラスな騒ぎになった舞台でした。海外のウェブサイトのブログなどにも色々と記事が載り、ミラノで楽しみましたが、高いチケットを買ってゲオルギューが見られなかったのは残念でした。

ということで、このディスク、穴の空くほど見返しました。まず、マゼールの演奏もゲオルギューも、ブーイングを受けるような出来ではなく、これはやはりスカラ座の初演に騒動を起こす一連の輩が、まだまだスカラ座のトラヴィアータにはカラス、ジュリーニの亡霊を生かそうとしているからではないかと思います。

ただ、僕が聞いた最終日の演奏に比べると、オーケストラの弦の音が長く響いていて、やや締まりがなく、特に序曲はイタリア人好みの切れのよい、”ズンタッタ”が出ていないような気がしました。また、ゲオルギューは、やはり94年の名演、ショルティ、ヌッチ、ロパードのDVDに比べると、特に中音域での緊張感が無く、間の抜けた感じのする場面が多く見られました。特に1-2幕。尻上がりに良くはなっていますが、同じ世代のフレミングやデセイなどに比べると、歳を取るに連れて味が出てきているというよりは、劣化しているという感じでややがっかりしました。

ヴァルガスは当時の批評では大変好意的でしたが、ブルーレイでアップの多い画面で見ると、まずルックスが悪すぎる。(これがブルーレイの怖いところですが)それでも顔は充分に演技をしているのですが、声の調子が一本調子すぎて見ている方が今ひとつ感情移入ができません。僕が実際に舞台で見たヨナス・カウフマンに軍配を上げたいと思います。舞台の時よりも良く見えたのは、ロベルト・フロンターリのジェルモンで、地味ですが、締まった声と演技で舞台をピリッとさせていました。

今回、始めて自宅でハイビジョン対応のプロジェクターを使用し80インチ画面と、それなりのオーディオ機器で見ましたが、ブルーレイディスクはなかなかすごいです。スカラ座の最前席にいる、というよりプロンプターボックスの中にいるよう。しかし、ここまでアップにして見ることがオペラにとって良いことなのかなぁ、、と疑問を感じます。これからオペラのブルーレイも、DVDの焼き直しではなくて、元からブルーレイ用に撮影されたものが出てくるでしょうから、そこらへんをどのように構成していくか編集者の腕も試されると思います。
スポンサーサイト

世界バレエフェスティバル

世界バレエフェスティバルのBプロを見てきました。今回は、チケットの手配がうまく行かず、Bプロのみしか取れませんでした。本当は、タマラ・ロホの白鳥の湖も行きたかった。

今回、個人的に良かったと思うのは、出演順に「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」を踊った英国ロイヤルバレエのマリアネラ・ヌニェス。ロホとコジョカルの影に隠れていますが、ロイヤルバレエらしい、上品さ、気品にあふれて、シンプルな歩き方でさえ魅了されました。

そして、もう何度も見ていますが、「海賊」のホセ・カレーニョ。素晴らしいことは言うまでもないのですが、肌の色や野性的な風貌から、やたらに海賊で出ることが多く、それは若干不満です。この人ほど華麗で上品、最高の王子キャラクターはいないと思います。パートナーを回す手つきの優雅さ、ピロエットの回転に強弱がついて美しく廻り終わるところなどは、こっちも男ですが、ため息ものです。たまにはモダンも見たい気がします。

モダンでは、なんと言ってもデュポン、ルグリの「ベラ・フィギュラ」。「扉は必ず」と同じキリアンの振り付け。扉よりもややわかりにくい感じはしましたが、動と静の表現力はこの二人ならではです。ちなみにデュポンは最も好きな女性ダンサーです。

そして「エスメラルダ」のタマラ・ロホ、ポアントのつまさき立ちで3-4秒静止してポーズまで変え大喝采。グラン・フェッテも途中顔が後ろを向いて見えましたから、2回転半とかしているのではないでしょうか。が、この人も立ち歩きの姿が一番美しい。先月のコッペリアでタマラ・ロホの表現力を知ってしまったので、超絶技巧だけだとものたりない。やはり全幕物が見たかった。

NBSでは出ないだろうと言われていたザハロワが最後に踊ったのドン・キホーテも良かったです。可愛い.....

あとは、一昨年全幕出見たオーストラリアバレエの「白鳥の湖」のルシンダ・ダン。表現力がすごいというか色っぽいというか。。。英国王室を模したグレアムマーフィーの演出を思い起こしました。

一番会場が沸いたのは、ABTの若手ダニール・シムキン。体が軽いこともあってものすごい跳躍力、ジュテ(というのでしょうか、男性が開脚しながら大きく廻る演技)の高さは他の人のほぼ2倍。もはやシルク・ド・ソレイユの世界。。。

いつもバレエに来て思うのですが、バレエの観客は優しい。多少演技が下手くそでも大喝采、、ブラボー。およそブーイングなどは聴いた事がないですし、インターネットのブログなどでも、比較的優しい。(そうでもないのもあるのだろうか?)オペラの場合、出演者名明記でボロクソ書くのが新聞でさえ当たり前なのに何故でしょう?

ということで、今回、ちょっとこれはなあ。。。という演技やダンサーもありましが、書くのやめます。ハッピーエンドです。

さて、今年はこの後はすべてオペラ、次回は9月2日のスカラ座「アイーダ」です。もうひとつくらいバレエも入れたい。また、夏なので、ひさびさにボサノバ(iPodではもっぱらBossa聴いてますが)もライブも行きたいと思ってます。

新国立オペラ研修所リサイタル

8月1日、新国立の小劇場に初めて行きました。お目当ては研修所生15名による "WIVES & LOVERS"というリサイタル。研修所公演の切符はなかなか取れないのですが、今回は運良く最後にあまった席が取れました。

曲目は下記

モーツァルト 「ドン・ジョヴァンニ」 第2幕 第1~3場
モーツァルト 「コジ・ファン・トゥッテ」 第2幕 第11, 12場
ロッシーニ 「結婚手形」 第14場~最終場
レオンカヴァッロ 「道化師」 第1幕 第2, 3場
プッチーニ 「ラ・ボエーム」 第3幕より
プッチーニ 「つばめ」 第2幕より
ムーア 「ベイビー・ドゥのバラード」 第1幕  第4場

それぞれが簡単なオペラ形式で演技も入っており、見応えのあるものでした。ただ、最初の演目の方ではやや動きも歌も緊張のためか、力が入りすぎている感じがあり、前半最後のラ・ボエームあたりからが良くなってきた感じがあります。特に良かったと思うのはバリトンの岡昭宏、テノールの城宏憲ソプラノの中村真紀。中村真紀は「カルメル会」のシスター・リドワーヌ役で非常に良かったので、これからの期待ナンバー1です。しかし、こう書いてみると、3人とも15人3期の中では古手の第10期生でした。やはり、研修を積むと良くなるということでしょうか。


次回は、また全幕物のオペラを是非見たいものです。

FC2Ad