プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ムーティ conducts ナブッコ

ムーティがスカラ座を去ってから10年近くがたち、今回の来日はローマ歌劇場の「終身名誉指揮者」として一座を連れて凱旋公演という感じです。

僕自身、ムーティのスカラでの最後の来日の時の"オテロ”は、まだ耳と脳裏に焼き付いています。と言っても、オッロよりもヌッチのヤーゴとムーティの指揮が、焼き付いているんですが。

今回は、シモンボッカネグラでのフリットリの降板でガクッときていましたが、今日もアビレガイッレのタチアナ・セルジャンが不調のために降板、代役にラッファエッラ・アンジェレッティという若手のソプラノが出てきました。ま、どちらもはじめて聴くので、フリットリの降板の時ほどがっくりはしませんでした。MET来日のドン・カルロ以来、日本でフリットリのヴェルディを聴くのはよほど運がないとダメなんでしょうね。

話を戻します。ムーティの昨年のトリフォニーでの演奏会でのヴェルディ序曲が、非常に重たく、昔の鮮烈なイメージからかけ離れてしまっていたと感じたことはブログにも書きました。特に"運命の力”、"シチリア島の夕べ” は、重厚に過ぎた感じがありました。その中で"ナブッコ”だけは、80年代のスカラ時代のムーティと同じ鮮烈さがあったので、今日も期待していました。ただ、今日ナブッコ全曲を通して聴くと、昔のムーティの音作りとは随分違います。当然ですよね。昔アバドと競っていたような、シノーポリも意識していたような、非常で鮮烈でシャープな指揮ではなくなっていました。その代わり、一音一音が踏みしめるようにきちんと響くような、なんというか「実存主義的」な響き。これも前に書きましたが、ムーティのヴェルディに対する解釈が変わったのだと思います。ナブッコはヴェルディの初期の作品だから、力強く、でも軽快に、テンポ良くというのではなく、音楽全体を支える"ユニゾン”の力を音に表現していたと思います。

この変化は、素人の僕でも充分納得。今日の指揮の意図は明確でした。ただ、もうひとつの要素は、ローマのオケが単純に"上手でない”こともあると思います。飛ばしたら、ミスするんですよ、きっと。最初のホルンからグニャってましたし、弦の音色や切れもスカラやウィーンフィル(帰りの道ではルイージ指揮のウィーンフィルのを聴いていました)にはとてもかなわない。だから、ユニゾン的な音で勝負しているのかとも思います。

そして、歌手。正直言ってやや退屈でした。抜きんでていたのはイズマエーレ役のアントニオ・ポーリでしょう。甘いイタリア的な声。現代3大テノールって最近言われなくなりましたが(昔はリチートラ、クーラ、アラーニャとか..)、この人入れてもいいなぁ。あと、メーリとサルトリ? (誰かに「なんでデムーロ入れないの!」と言われそうですが)ポーリは良かった。彼は客演みたいな感じですよね。自由に歌っていました。ま、ムーティの指揮で「自由」というのはないでしょうが、他の歌手は、ムーティに「怒られないように」歌っているという感じが強かったんです。代役のアンジェレッティは仕方が無いとしても、期待したルカ・サッシは声が出ていない。重唱になると彼の声が消えてしまうんです。萎縮している感じでした。ガナッシもしかり。自身の良さを出そうとしていない。その中で、ちょっと歌いっぱなしという感じはありましたが、ザッカーリアのベロセルスキーは、幕が開いてからしばらくの間をほぼ一人で大健闘。その後もルネ・パーペばりの安定した低音でがんばっていました。声rに余裕がありましたから明日のシモンのフィエスコも楽しみです。

演出は、ムービーで見ていたので期待していませんでしたが、それにしてもこれも退屈ですね。グラハム・ヴィックのショッピングセンターも困りますが、歌手が苦悩を表せないなら、演出でそれを表してほしかった。今日は、本当は演奏会形式で良かったと思います。

歌手に輝きが足りない、演出の退屈さ、オケの切れのなさが、どうも「泣けないオペラ」になってしまっているということだと思います。ナブッコがアビガイッレに許しを請う場面はいつも泣けるんですけどね。

去年のスカラ座来日の時のリゴレットは、ヌッチほとんどワンマンプレイで盛り上げました。(僕の時はモシュクもいなかったんで)スカラ座にしかられてもbisをやりました。そして、ファルスタッフは、マエストリ、ポーリ、フリットリ、ルング、バルッチェローナ、カヴァレッティ、ポルヴェレッリという今考えても超ド級の歌手が、指揮の枠を超えて素晴らしい歌唱を聴かせ、これをマエストロ、ハーディングが見事にまとめました。両方ともスーパーなところがあったんですよね。キラキラしていました。

今日のローマ歌劇場公演、たしかに去年のスカラ座より少し安いです。でも、ムーティの神話性で客を集めた、、そして、たしかにムーティはすごい。だけど、それ以外に見るべきところがあったのか、いや聴くべきところがあったのかはけっこう疑問です。「キラキラ」がもう少し欲しかった。ヴァリューフォーマネーで言えば、バッティストーニのナブッコでしょう。

ただ、お客さんは喜んでいましたね。でも、客も上演中は歌手同様にムーティに遠慮してるんだかなんだか、BravoもBraviも殆ど無し。僕はやりましたけど。なーんか、ちょっと妙な雰囲気でしたね。それで、最後にいきなりスタンディングオベーション?ここにムーティを良く知らない、だけど感性のするどい音大生がいたら、どう反応したのかなぁと思います。

ちょっと、辛口になってしまいましたが、ムーティはすごい!と、これは本当に思いました。新しい、ヴェルディの解釈を見せてくれました。今、スカラ座がバレンボイムでうまくいかない。次のシャイーもどうも乗り気でない。着任していないペレイラはもう退任の時期が噂されている。こんな時、スカラ座を輝かせるのはムーティしかいないはずなのに、よほどの軋轢が2005年の決別につながっているようで、そんな話も出ないです。ムーティはこのまま、シカゴとローマで終わってしまうのでしょうか?あまりにも残念すぎる気がします。

さて、明日のシモンはどうでしょうか?これを聴いてもう一度感想を述べたいと思います。
スポンサーサイト

LAで“タイス”を聴きました。

先日、仕事の出張でロサンジェルスを訪れた際、ミーティング後の夕食の誘いを断って、ダウンタウンのドロシー・チャンドラー・パヴィリオンでのLAオペラ“タイス”に行ってきました。

“タイス”はめったにやりませんね。初演当時の19世紀末にはマスネの作品でもダントツの人気と上演回数だったのですが、今では、マノン、ウェルテルの陰に隠れています。僕も、2004年のフェニーチェでのエヴァ・メイのタイトルロールに、ミケーレ・ペルトゥージのアタナエルの官能的な舞台のDVDしか見ていません。日本では1956年の藤原歌劇団の公演から上演が無いようです。

そういうわけで、最近フランスオペラに力を注いでおり、3月のパルマの「真珠取り」のレイラでも素晴らしいパフォーマンスを見せた、ニーノ・マチャイゼが出るというので、とにかく仕事が終わるころを前提にチケットを確保しました。前から5列目左側、悪くないのですが、このホールは音響が決して良く無くて、1階だと高音がアタマの上を素通りしてしまうのでベストシートとは言えません。ただ、演技力もあるマチャイゼが良く見られたのは良かったです。THS1286.jpg
しかし、劇場での拍手はドミンゴへのそれと比較すると可哀想なくらい少ないかったですね。ドミンゴは登場するだけで大拍手。こういううのでLAオペラを嫌う人が多いのですが、まあ、日本の歌舞伎とか新派、あるいはバレエと同じ反応と思ってください。ただ、歌い初めの前に拍手が上がってしまうと指揮者はやりにくいでしょうね。しかしもう8年間ドミンゴをアシストする形でLAオペラの主席指揮者を務めるジェームス・コンロン、ここらへんは慣れていました。うまく処理しています。

マチャイゼはデビューは2006年の“連隊の娘”そして2008年にはザルツブルグでのネトレプコの降板でジュリエットを歌って人気を博したのですが、僕にはジルダの印象が強いですね。ヌッチと一リゴレットで共演したのは、かなりの回数に上ると思います。この役では、実にリリックで優しい声で魅了するのですが、フランスもだとちょっと鼻にかかった非常に強い声で、高音はカラズばりの金属っぽい艶のある声、中音は暖かみのある柔らかい声という実に「色気」のある歌唱を聴かせてくれます。レイラもすごかったですが、タイスの3幕目の最初のアリアもグッと来ました。でも、Brava!がかからないので、一人で叫んでいました。もともと真珠取りの時は主人公のレイラ役のデジレ・ランカトーレが降りたので代役だったのですが、ランカトーレよりも良かったと覆います。マチャイゼのほうが、強い高音が自然に出て、研ぎ済ませれている感じです。この感じは、タイスでも続いていました。マチャイゼは発声に充分な余裕があるので、その分表現力や演技に力が回せる感じです。
THHS4302.jpg
そう、演技も素晴らしいです。瞑想曲の間、アタナエルとニシアスの間で迷う気持ちを立ったままの演技で見事に見せます。ちょっと惜しいのは、最初から中音で歌い出す時のような声が、高音から中音にストンと落ちた時に消えてしまうこと。ここらへんはメゾでないからしかたないのかもしれませんが、カラスやバルトリみたいに、「はったりのきく(メゾの歌手の方から教わった表現)」凄みが出るといいですね。

一方の、超人気のドミンゴ、今迄バリトンでは「ジェルモン」、「シモン」を生で聴きましたが、ヴェルディバリトンというよりも、テノールに聞こえてしまう。今ひとつの印象でした。この“タイス”でもそれは代わらないのですが、びっくりしたのは高音の輝かしさが戻っているのではないかと思ったこと。これなら、ナディールも出来そう。一方、この日はマチャイゼの引き立て役に回り、あまり浪々と歌わないのが良かったです。結局、瞑想曲が終わり2幕目の2場での、二人のロマンツァ(?)「Father、あなたの声を通じて」、「愛は美徳」の2曲は、もう本当に素晴らしかったです。たしかにドミンゴはフランスオペラ用の声としては明るすぎるかもしれませんが、これだけの美声x2で役10分、夢のような世界を体験しました。リゴレットの時にも感じましたが、マチャイゼは二重唱の時に相手に合わせるのが絶妙ですね。これはメイにも言えますが。。

そして、また良かったのが、コンロンの指揮。だいたいコンロンはフランス音楽の振興に尽くしたとして、なんと「レジオン・ドヌール」勲章をもらっているくらいですから、実にうまい。流れるようで、また歌謡曲的に旋律を奏でるフランスオペラを見事に構成しています。欲を言えば、もう少し情熱的な部分もあって良かった気がしますが、コンロンの指揮はあくまで上品で破綻のないことです。ダニエル・エッティンガーなどと同じで、何でもこなせますが、曲への理解が素晴らしい。これはレベルが違います。ドミンゴの絶対的な支持を得ています。当初はたまにドミンゴが振ることもあったようですが、今はすべてを任されています。
THS1280.jpg
ニコラ・ラッブの新制作の演出も良かったです。LAオペラは舞台の制限(奥行きがない)のと、観客の制限(映画好き)から、必要以上に映画的な演出になり、時には失敗になることが多かったり(ウッディアレンの演出など)、ドミンゴの奥方、マルタ・ドミンゴの残念な演出(トラヴィアータなど、実に軽薄)があったりするのだけれども、この日のは良かったです。タイスの遊女としての姿を実に華麗な衣装で包み、彼女は姿を見せないがタイスを見る仮面の観客が興奮する姿を劇場形式で見せ、3幕目では同じく荒廃しきった劇場を模した僧院で救いを待つ人々を描いたところなどは、頻繁に変わる舞台の中に一貫性があって、説得力もありました。

どちらかと言えば軽い、ベルカント系のソプラノが好きな僕ですが、ランカトーレに続き、このマチャイゼ、本当に素晴らしいと思います。ただ、決して声をつぶさないように演目を選んで歌ってほしいと思います。と言いつつ、ドリーブのラクメの鐘の歌を聴きたいなぁ、と思ってしまいます。

しかし、この公演期待以上の出来でした。6月初めまでやっています。






シルヴィア on NHK BS

先週はずいぶん良い演目をテレビでやりましたね。METの「ドン・ジョヴァンニ」。新国立の「死の都」、「シルヴィア」。もちろん、グイヴィチェン、ヴァルガス、フリットリのドン・ジョヴァンニはすごいんですが、真剣に見たのは「シルヴィア」。2012年11月1日の上演の録画ですが、11月2日に別のキャストで見ています。その時の記憶との比較しました。

やはり、新国立のバレエ団は本当にレベルが高くなりました。東京バレエ団を抜き去っているのでは、と思いますが、バレエのほうは実は良くわかりません。小野絢子、湯川麻美子の2人の豪華なプリマ。僕は、この時、敢えてバーミンガムから来て、アミータを踊ったツァオ・チーとダイアナの本島美和を選びました。シルヴィアは佐久間奈央でしたが、彼女は今ひとつでしたね。

ツァオ・チーと福岡雄大、どっちもいいですね。チーのほうが張り切っていた感じがします。大きく違うのはダイアナ。本島美和は存在感と優美さ。何度も書いたんですが、彼女は日本のモニカ・ルディエール。それに対して、湯川麻美子はとにかく色っぽいです。こんなだったら、ダイアナとオライオンも倦怠期にならないんじゃないかと思いますけど。(d、湯川さん本人がしゃべっているところ聞きましたが、すごくさっぱりしてました。)

このビントレーの振り付けは悪くないです。庭師をエロスにしたのはユーモアに溢れていてとてもおもしろいですし、この役の立ち位置を高めています。そして現代の場面から神話の場面に飛ぶ不思議さに無理が無くて、いつものようにラストが洒落ています。でも、この前のカルミナ・ブラーナのほうがいいなぁ。シルヴィアとしては、踊りの振り付けにもう少し力強さが欲しい。シルヴィアは、とにかく踊って、踊って、躍動感に溢れる舞台が好きです。ノイマイヤーのも悪くないけど、やっぱりアシュトンのが最高。神話の世界に連れて行ってくれます。

新国立の指揮のマーフィーはいいですね。今、こんなに華麗なバレエ音楽を指揮棒から弾き出してくれる指揮者はいないんじゃないでしょうか。ただ、ビントレーの振り付けに合わせているからソフトなんですよね。もう少し、力強さが出せる指揮ができるんだと思います。いずれにしろ、コッペリアに比べて上演回数がはるかに少ないですが、このドリーブの音楽は素晴らしいですね。この前、来日したデセイのリサイタル行かなかったですが、池袋では、ドリーブの佳作「カディスの娘達」を歌ったそうです。聞きたかったなぁ。

忙しいので、パゴダの王子まだチケット取っていませんが、見に行けるでしょうか。ビントレーの退任のあとはしばらくクラシックが続くようですね。米沢唯の素晴らしいフェッテも見られそうです。

逗子海岸映画祭開催中

今年も小さな映画祭開催中です。チケットが連日売りきれるほどの人気だそうです。

http://zushifilm.com988712_10152159604706156_500982240073957228_n.jpg

これからの観劇予定

さて、ゴールデンウィークです。仕事が山積。本を書かなくてはいけないんです。いえ、オペラの本ではなくて、僕の本業の"ライセンス・ビジネス”の本です。もう1年前から、「書きます!」と言って、まだ脱稿どころか、1/3も書いていない。2009年に出した本が売り切れになっているので、早く書かないといけないのです。

とは言うものの、GWを利用して、今年これからの観劇予定を整理してみました。

2014/5/17  タイス(ドミンゴ、マチャイゼ)   LAオペラ
2014/5/30  ナブッコ/ローマ歌劇場、ムーティ   NHKホール
2014/5/31  シモン/ローマ歌劇場、ムーティ   東京文化会館
2014/6/4    フリットリリサイタル        オペラシティ
2014/6/7 某歌劇場アニバーサリー記念コンサート     
2014/6/8     リナ・ヴァスタ、上江隼人リサイタル オペラシティ
2014/6/12*   バレエ パゴダの王子      新国立
2014/6/28   リヨン歌劇場管弦楽団          横須賀芸術劇場
2014/7/9    ホフマン物語、リヨン歌劇場    オーチャードホール
2014/7/31  上江隼人バリトンリサイタル     紀尾井ホール
2014/9/6     ドン・カルロ(フランス語版5幕) 東京芸術
2014/9/7(?)*  リゴレット(未発表)ダブルキャスト
2014/10* リゴレット              ロイヤルオペラ     
2014/10/11 パルジファル             新国立
2014/11*     ラ・ボエーム(フリットリ)    オーチャードホール
2014.11月* ドン・カルロ      新国立

こんな感じです。*マークはまだチケットを取っていないもの。

一番期待しているのは、大野和士指揮のリヨン歌劇場来日公演の「ホフマン物語」かなぁ。もちろん、ローマ歌劇場も期待しています。

しかし、これでも年に30回の観劇と、いつもよりだいぶ少なくなりそうです。今年は忙しいから仕方ないですね。まだ見落としている公演もだいぶあると思うので、チェックします。

つれづれ。。

ただいま、WOWOWでMETのオペラ見ています。ヘンデルの”ロデリンダ”。ちょっと見て、仕事に戻ろう(GWなのに)と思っていたら、けっこう引き込まれました。カウンターテナーのアンドレアス・ショルがすごい!グリアモルドのカイザーも。。どちらかというと男声がいいかなぁ。僕の好きなルネ・フレミングですが、今ひとつという感じがします。ピークは過ぎたのでしょうか。それともヘンデルに合わないのか。後者でしょうね。僕は彼女の最高の歌は、R.ストラウスの「四つの最後の歌」だと思っています。

METも長いこと行っていません。ドミンゴのシモンと、クーラのスティッフェーリオを見たのは何年前だったかなぁ。2010年ですね。4年以上行っていないんだ。1991年くらいからほとんど毎年1-2回は仕事で行っていたのでNYは懐かしい感じがします。うちの奥さんが幼稚園、高校、大学を過ごしたところだし。でも僕がオペラにはまったのは2002年くらいで、それまでは、NYと言えばJAZZでした。その頃はお酒も飲めたので(今はC型肝炎で禁酒中)JAZZの思い出のほうが多いですね。あとはABT。

しかし、そろそろNYにも行きたくなってきた。

そろそろ、秋のシーズンの観劇プランも決めないといけません。今年は仕事と学校が忙しいので、まだチケットはとっていないものが多いんですが、だいたい行きたいのは決まっています。

新国立は、もちろんクプファーの新演出のパルジファル、これはすごいことです。それとドン・カルロかな。ドン・カルロは9月に芸術劇場でフランス語版5幕やります。これは、この前モデナのシモンで聴いたコロンバラが出ます。1日しかやらないのがもったいない。リヨンのホフマン物語ももちろん行きます。今年はフランスオペラ多いです。そして、上江隼人さんのヴェルディリサイタル。スティフェーリオ歌います。7/31に紀尾井ホール、小さいホールなので、すぐにチケット売り切れますから、これは押さえています。

藤原のラ・ボエームにフリットリが出ますが、どうしようかなぁ。あまりプッチーニを聴きたいと思わないんです。外套とアンジェリカくらいでしょうか、聴きたいと思うのは。

今年は海外はあと2回くらい、それも仕事がびっしりなので、オペラは見られてもそれぞれの出張で1回づつくらいです。今月中のドミンゴ、マチャイゼのタイス、LAオペラです。これはチケット押さえました。行けるといいなぁ。あとは10月にロイヤルオペラでキーンリサイドのリゴレット。こちらは、滞在中にやっているんで、行ければ行くという感じです。むしろロイヤルオペラでオーシポワのマノンがあるようなので、そちらのほうが魅惑的です。

あとは、秋に多分ヌッチが来るでしょう。もちろん!行きますよ。そして9月の頭には、まだ発表になっていませんが、なかなか素敵なリゴレットがあります。GW中に、色々と調べて決めたいと思います。

FC2Ad