プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

レオ・ヌッチ バリトンリサイタル

おとといの26日のリッツカールトンでのパーティーの冒頭の挨拶で、ヌッチ氏は「オペラという場所で皆さんとお会いするのも大好きだが、それよりももっとリサイタルというもっと皆さんと近い距離で、皆さんを抱くようにできることが大好きだ!」と言っていました。

 昨日11月28日の東京プロムジカ主催のリサイタル、そういう意味では、観客は2時間半、ヌッチの歌と胸に抱かれたままとびっきり上質の感動の時間を味わいました。

 2年前のリサイタルでは、渋滞に巻き込まれて一曲目のヴェルディの歌曲「詩人の魂」の世界初演を聴き逃すという失態を演じたので、この日は早く出かけました。年末の車での観劇は気をつけないといけませんね。2年前も11月28日だったんですよね。11月28日はヌッチの日!

この日の曲目、ずいぶん若々しい曲が多いんです。しかも、軽い音から重めの音まで。プログラム見ただけで胸が高まります。

 最初のセヴィリアの理髪師は、喉ならしというところでしょうが、もうここで久しぶりに彼のロッシーニ聞いて興奮です。そして、今年3月にモデナでシモン・ボッカネグラを聴いた時にも痛感したのですが、ヌッチさん最近になって、また中音、高音が昔のように輝かしく伸びてきているように思えるんです。歳を取れば中音、高音は失われて行き、その分、表現力が素晴らしくなってくる....このパターンでここ4-5年はシモンやフォスカリ、リゴレットを中心にを歌ってきたと思っていましたし、実際シモンは僕自身も各地を追っかけて聴いているのですが、今日のベッリーニの清教徒、アンドレア・シェニエのジェラール、そしてアンコールの仮面舞踏会のレーナート、目をつぶれば40代のヌッチを聴いているような輝かしさあります。そして表現力はますます素晴らしく、プログラムにある加藤浩子さんの言葉を借りれば「歌う俳優」の極みに達してきていると思います。

アンコールは8曲!いつも4-5曲ですから、すごいですよね。楽曲のみの演奏無しで、連続8曲ですから、アンコールというより第三部です。だって1時間Uたったんだんですから。これはサービス精神というよりも、歌うだけの力がある、毎日毎日練習をかかさないそうです。歌うことが何より彼の魂を解き放っているのだと思いました。アンコールの「わすれな草」、あれだけ歌った後で、美しいピアニシモの低音がホールの端まで流れてきます。もうダメ。。。

先週のジェノヴァのルイーザ・ミラーはフライトまで取って行けませんでしたが、来年2月のウィーンでのシモン・ボッカネグラは行きますよ。はじめて、フリットリのアメーリアとヌッチのシモンの2重唱が聴ける!来年もヌッチを追っかけたいなぁ。

帰り際、楽屋からサイン会に出て来たヌッチ氏と鉢合わせに。おととい話しをしたので覚えてくれていたかどうかわかりませんが、"Grazie Maestro!"と握手すると。あたたかい手でギュッと握り返してくれました。その手で帰りの車でおにぎり食べてしまったんですけど。。。

そして、最後にヌッチも何度もパーティで言っていましたが、こんな素晴らしいリサイタルを世界で開催してくれるのは東京プロムジカだけだと!プロムジカは音大生を無料招待しているんですよね。それに応えて音大性や若い歌手はヌッチが手を挙げると一緒に歌うんです。いつもは"帰れソレントへ”、か"オーソレミオ”なんですが、この日は”カタリ・カタリ”をまるで新国立合唱団のようにヌッチと歌い上げました。すごい!こんな劇場、イタリアだってないですよ。ムーティの2011年のローマでのVa Pensieroのbisでも観客は歌詞の紙見ていましたから。

いつまでも書いていてもしかたないので、これで終わります。まだ今日一日は興奮が収まらないでしょう。

この日の曲目

ロッシーニ:《セビリャの理髪師》~“私は町の何でも屋”
G.Rossini : «ll barbiere di Siviglia» ~ “Largo al factotum”
トスティ:初めてのワルツ(インストゥルメンタル)
F.P.Tosti : First Waltz(strumentale)
     :君なんかもう / 魅惑
     :Non t’ amo più / Malia
ファルヴォ : 彼女に告げて
R.Falvo : Dicitencello vuje
ヴェルディ:煙突掃除屋(インストゥルメンタル)
G.Verdi : Lo spazzacamino (strumentale)
     :亡命者
     :L’ esule

ベッリーニ:《清教徒》~“ああ、永遠におまえを失ってしまった”
V.Bellini : «l puritani» ~ “Ah! Per sempre io ti perdei”
ロータ:映画音楽のテーマ(インストゥルメンタル)
N.Rota : Temi da films (strumentale)
レオンカヴァッロ:四月
R.Leoncavallo : Aprile!
ジョルダーノ:《アンドレア・シェニエ》~“国を裏切る者”
U.Giordano : «Andrea Chenier» ~ “Nemico della patria”
マルカリーニ:《ファルスタッフ》~“九重唱”(インストゥルメンタル)
P.Marcarini : Falstaff’s Notturno (strumentale)
ヴェルディ:《ドン・カルロ》~ “終わりの日は来た”
G.Verdi : «Don Carlo» ~ “Per me giunto è il dì supremo”

アンコール(この後にもう一度“、私は町の何でも屋”のbis(?!)
IMG_1401.jpg






スポンサーサイト

”レオヌッチ氏を囲む会” 100人を超える方にお越し頂きました!

  昨日は、寒く、雨の中、100人を超える皆様に、"レオ・ヌッチ氏を囲む会”、いや”レオ・ヌッチ夫妻を囲む会”でしょうか、、、とにかく大勢お集まり頂き有り難うございました。

マエストロ・ヌッチ、かっこいいですねー。72歳とは思えない、ビシッと伸びた背筋、いつもお洒落。衰えを知らないヴェルディバリトン(この日は最後の退場シーンで、バックにかかった"オーソレミオ”を数小節歌ってくださいました。)。

司会やっていて、昨年のベルディ生誕200周年より数倍緊張しました。おかげで、Macの電源アダプタのコネクター(MagSafe-2用)を無くしたり、パワポのビットレートがわからなかったり、冷や汗続きでした。一番焦ったのは、この日のために先週、加藤浩子さんがジェノヴァのカルロ・フェリーチェ劇場での"ルイーザ・ミラー"(例の行き損ねたやつです)終演後に指揮者のバッティストーニ氏からミラー役を歌ったヌッチ氏への”サプライズメッセージ”の音声がすぐに出てこなくて......いや、皆様すみませんでした。

このルイーザ・ミラー、ストリーミングで見ましたが、すごかったですね。行きたかったなぁ。

この日ヌッチさん、前日、リサイタルの後の興奮と時差ぼけで睡眠不足でややお疲れというのに、皆さんと歓談したり、写真を取ったり、自らプレゼントの抽選のクジを引いたり、そして何より彼のメッセージが「オペラと皆さんとお会いするのも素敵だが、今回のようにリサイタルで皆さんと抱き合えるのは寄り素晴らしい。日本には30年来ているけど、くるたびに好きになる」とのコメント。

彼の人柄の素晴らしさはつとに有名ですが、奥様のアドリアーナさんといつも一緒で素晴らしいカップル。オペラ界では珍しいんじゃないでしょうか?

写真がピンぼけばかりですみませんが、数枚載せます。さて、明日はオペラシティでリサイタル! 
Mth-th-DSC00853.jpg
ヌッチ氏のそばにはいつも奥様が。。。♡

Pth-th-IMG_1197.jpg
上演の時の話しや、子供時代の写真の想い出を語るヌッチ氏

Fth-th-DSC00860.jpg
昨年のモデナの公演で撮った写真を見せて「幕が途中で下りてきましたね」などと話している(つもりだが、おそらく伝わっていない。。。)筆者。



   【“”レオヌッチ氏を囲む会” 100人を超える方にお越し頂きました!”の続きを読む】

ルイーザ・ミラー ストリーミング見られるかな?

結局行くのを断念したジェノヴァでのカルロ・フェリーチェ劇場、"ルイーザ・ミラー"現地時間の18日水曜日、20:30から、日本時間では19日の朝4時半からのストリーミングがあるようです。すでに、バッティストーニのインタビューがアップしていますね。

当日のストリーミングは"Strem Opera" https://www.streamopera.com/home.phpでやるようです。これ、あとからでも見られないのかなぁ。4時半に起きるのはインポシーブレ!

ルイーザ・ミラーツァー中止、残念

11月18日のジェノバのカルロ・フェリーチェでバッティストーニ指揮レオ・ヌッチのミレルで、翌日ハンブルグの市立歌劇場でシモーネヤング指揮、ニーノ・マチャイゼのルイーザ、ジョルジュ・ペテアンのミラーのダブルヘッダー”ルイーザ・ミッレル”に行くために16日出発22日帰国でフライトを取っていましたが、今週、残念ながら旅行をキャンセルしました。

ちょっとハードスケジュールなんですよ。18日の夜の公演を見て、19日の夜のハンブルグに行くのに、不便なジェノバのコロンボ空港から2便しかチョイスがなく、1便は朝6時半でアムステルダム経由で8時間もかかる。もう一本は9時にミラノ発の格安航空会社なんですが、これに乗るには朝4時くらいにジェノバからハイヤーを頼んでマルペンサまで行かないといけない。ちょうどラッシュの時間ですからねー。このハイヤー代が、な、なんと420ユーロ、5万5千円です。お金も相当ですが、まだ体調が完全に戻っていないので無理しないことにしました。

ハンブルグのチケットは一列目を買ってしまったのですが、これは同地にいる友人にプレゼントしました。しかし、残念だなー。間に一日空いていれば楽なスケジュールが取れるんだけど。

ルイーザ・ミラー、日本ではなかなか見られないでしょうしね。ただ、18日の公演はストリーミングでやるそうです。起きていられれば是非見たい!

FC2Ad