プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

2014年を振り返りました。

さて、今年もあと残すところ僅かです。今年、観劇した公演は33回でした。そのうちオペラが23回、バレエが7回、管弦楽が2回、歌舞伎が1回。いつもよりもバレエが多かった感じですが、これは、やはりABT(アメリカン・バレエ・シアター)とパリオペラ座が両方とも、年の前半に来日し素晴らしい公演を見せてくれたこと、その上オペラ座のエトワールで来年5月に引退するオーレリ・デュポンが8月に来日。デュポンだけで3回行きました。8月の勅使河原三郎との共演、「睡眠」はパブリシティが行き渡っていなかったせいか(おかげで)、2回良い席で見ることができました。デュポンほどドレープの似合うダンサーはいないでしょう。静止した彼女はギリシャの彫刻のようです。そして、動きを感じさせない”動き“というのでしょうか。「今、脚をあげたな」とか「ピロエットだな」というようなことが全く頭をよぎらないのです。すべて、「感情」がかたまりになって舞台を滑って、変形していくような感じ。マニュエル・ルグリが引退した後に定まったパートナーがいませんでしたが、今回のエルヴェ・モローとの椿姫は最高でした。これで、来年の5月にマノンを最後に引退してしまうのはあまりにも惜しい。その後はミストレス(オペラ座の教師)になって若手を育てるそうですが、まだまだチャンスがあれば踊って欲しいものです。僕のバレエ観劇歴もオペラ同様10年ちょっとにしかなりませんが、デュポンとルグリ、そしてタマラ・ロホ、ホセ・カレーニョの最盛期を見られたのは幸せでした。

今年、とても残念だったのは、11月のジェノヴァでのヌッチとバティストーニ指揮、ヌッチのミラー、その翌日のハンブルグでのヤング指揮でマチャイゼのルイーザの"ダブル“ルイーザ・ミラ−”ツァー(って一人で行くはずだったんですが)に行けなかったこと。フライトも手配済、ハンブルグはチケットも手配済だったんです。まあ、また来年チャンスもあるでしょう。52週全部は行けないにしても40公演くらい行きたいと思っています。オペラもですが、最近減ってしまった室内楽なんかももっと行きたいものです。

さて、今年の私的ベスト10を上げましょう、というほど数を見ていない感じもしますが、一応自分用の備忘録として。


1位:シモン・ボッカネグラ:モデナパヴァロッティ劇場、指揮チャンパ、ヌッチ、コロンバラ、サルトリ

2位:タイス:ロサンジェルスオペラ、コンロン指揮、ドミンゴ、マチャイゼ

3位:オペラ座来日:(バレエ)椿姫、オーレリ・デュポン、エルヴェ・モロー

4位:ファルスタッフ:(サイトウキネン)ルイージ指揮、カヴァレッティ、ケルシー、アルベローバ

5位:オーレリ・デュポン&勅使河原三郎(バレエ):睡眠(8/17の公演)

6位:ドン・カルロ(二期会):フェッロ指揮、山本耕平、上江隼人、横山恵子

7位:新世界:アンドレア・バッティストーニ指揮、東京フィルハーモニー

8位:シモン・ボッカネグラ:ローマ歌劇場、ムーティ指揮、ペテアン、メーリ、ブラット、ベロセルスキー

9位:カルミナ・ブラーナ:新国立(バレエ)デヴィッド・ビントレー振付、湯川麻美子、タイロン・シングルトン(4/27の公演)

10位:ナクソス島のアリアドネ:新国立劇場研修所公演:高橋直史指揮、天羽明江、林よう子

1位と2位が海外の公演になってしまいましたが、モデナでのヌッチは凄かったです。彼のシモン・ボッカネグラ何度も見ていますが、この日は年齢とともに失われてきていた中高音が美しく響き(これは11月の日本でのリサイタルでも同じでした)、一方で年齢とともに豊かになった低音からの表現力の素晴らしさで、今迄聴いたシモンの中では最高でした。モデナはまあ田舎の劇場なので、当日はオペラの途中で幕が斜めに降りてきてしまうトラブルがあり、若い指揮者のチャンパ(彼も昨年、”群盗”聴きましたが、いい指揮しますね!)も出演者もうろたえていたのですが、一瞬の空白の後、ヌッチだけは幕には目もくれずに、皆を鼓舞するように歌い出しました。指揮者とオケもそれに付いていって、後は何事もなかったように進行したのです。すごいなぁ。これは「神」だなぁ。後日、”ヌッチ氏夫妻を囲む会“で彼とそのことを少し話しましたが、その時はもう優しい初老のお洒落なおじさんという感じ。誰もオペラ歌手も役者も舞台に立つと変わるのでしょうが、ヌッチは本当にオペラの人ですね。11月のオペラシティのリサイタル、あえてリサイタルは順位からはずしたんですが、これもベスト5にははいりますね。8曲のアンコールを2部構成のリサイタルの後で休憩なしで素晴らしいパフォーマンスで聴かせてくれました。余談ですが、モデナのシモンの前に、”シモン・ボッカネグラ”というヴェルディの地味なオペラを今のように各地で盛んに公演されるように(日本以外は)した、マエストロアバドの墓所をボローニャに訪ねたのも良い想い出になりました。

5月の“タイス”ですが、この演目はまず日本では見られないだろうということと、僕自身がマチャイゼのファンなのでロサンジェルスまでこれだけのために行きました。マチャイゼは文句なしに素晴らしかったです。2ヶ月間にパルマで”真珠取り“のレイラを聴きましたが、これも抜群に良かったですね。彼女はリリコからスピントくらいまで自由に使いこなせる声が魅力的。最近、バルトリにしてもフリットリにしても軽い声には良い女声がいますし、ちょっと年とっていますが、グルベローヴァやデヴィーアもいますが、ちょっと重くなるとすぐに「カラスの再来」といわれてネトレプコのような売り方をされてしまいますね。マチャイゼもヌッチとのジルダ役で知りましたので、レッジェロかと思っていましたが、フランスオペラっぽい凝縮した強い声がいいですね。今年は彼女のフランスオペラ2つ聴きましたが、けっこう本当に、「カラスの再来」と呼んでも良いかいう感じもしました。そして、僕が大好きな指揮者、ジェームズ・コンロンはフランスオペラの得意とするだけに、彼のノーブルでしかし力強い指揮が魅力的でした。しかし何より、ドミンゴの美声。バリトンとして聴いていたら「なんだテノールじゃないか」と思ってしまいそうですが、すごい声の艶。彼もシモン・ボッカネグラでも聴きましたが、この日のアタナエルは総毛立ちました。彼はヌッチより歳上の73歳。このくらいの歳になると天才はもう一度ピークを迎えるのでしょうか? これなら、いっそテノールとしてドン・カルロスを演じて、ヌッチのロドリーゴとフランス語版の二重唱をやってほしいくらいです。

そして3位には冒頭で述べたパリオペラ座の来日公演でのデュポンとモローの椿姫。オーレリとしては、ルグリがいなくなってから、これほどぴったりと息の合うパートナーはいなかったのではないでしょうか。来年5月に引退した後はオペラ座で指導にあたるようですが、日本でも引退公演をしてほしいですね。

今年は、この3つの公演がダントツだったと思います。ローマ歌劇場のシモン・ボッカネグラや番外になってしまったナブッコをもっと評価される方もいると思いますが、これは好みの問題で、僕にはムーティの指揮はヴェルディには重くなりすぎた感じがしましたし、歌手も普通でした。その割にチケットの値段は普通ではなかったのは、引っ越し公演ですから仕方ないでしょうね。そのローマ歌劇場も今や、倒産寸前。ボローニャも青息吐息。トリノは指揮者もノセダの後が決まらない。日本に来られるイタリアの歌劇場は、シャイーがうまくローンチできればスカラ座と、ミョンフンのフィニーチェくらいじゃないでしょうか。

そして、日本の公演では、なんと言っても二期会のドン・カルロが素晴らしかったと思います。タイトルロールの山本耕平良かったですね。エリザベッタで歌うはずの安藤赴美子さんがインフルエンザで降板したのは残念でした、しかし、なんと言っても上江隼人の安定してピアニシモから客席後方まで伸びてくる美声は凄かったです。彼は、6月のリナ・ヴァスタのリサイタルの時に、テノールの笛田博昭とのカルロとロドリーゴの2重唱で、気持ちが入って笛田の腕を強く掴んで、あとで謝っていましたが、そのくらいすぐにオペラに入り込める歌手ですね。特にヴェルディについてはすごく勉強しています。同じく7月のソロリサイタルでのステュッフィーリオのナンバーも良かったです。そして、サイトウキネンのファルスタッフは、感激度では一番。ルイージの指揮もすごかったが、本当に良く練習された完璧な公演だったと思います。

バッティストーニの「新世界」も昨年の「ローマ三部作」に迫る、ものすごい新鮮さがありました。彼は音楽を縦に切り裂いて並べて行きます。彫刻です。ミンシュの指揮とあまりにも違って少々まごつきましたが。東フィルの主席客演指揮者に就任し(あまり話題になっていませんが、すごいことです。)来年は、彼が前から振りたいと言っていた展覧会の絵と、トゥーランドットを振るのも楽しみです。

あれ、今気づいたのですが、新国立のシーズンのプレミアオープン、”パルジファル”が漏れてしまっています。あれも素晴らしかった。研修所公演の"ナクソス島のアリアドネ”より下はまずいですね。まあ、ここらへんはあくまでも個人的な好みと思ってくださいませ。

いやいや、今年の一つづつの公演を思い出すと切りが無いので、このくらいにしておきますが、皆様、今年も素人のブログにお付き合い頂き有り難うございました。自分の備忘録として始めたこのブログも10年目に入ります。来年もどうぞよろしくお願いを致します。
スポンサーサイト

クルレンツィス、驚異のモーツァルト!

今年の公演行きも終わってしまったので、以前から話題になっていた(らしい...)ギリシアの若手指揮者、テオドール・クルレンツィスの「フィガロの結婚」と「コジ・ファン・トゥッテ」のCDを買って聴きました。

すげぇ!!なんだ、これ! 立派な解説書はまだ読んでいないのですが、とにかくこんなモーツァルトがあったのか!という感じ。鋭く立ち上がり、緊迫感を保ったまま、でもあくまでも楽しい指揮。歌手は、普通の会話のように歌い、適宜ベルカントしてしまいます。(もともとモーツァルトはベルカントで歌われてたそうな)レチタティーボもフォルテピアノでメロディつけてます。

いやー、まだ興奮中で途中経過ご報告。今からでもお正月用に間に合います。なんか幸せな気分です。上記のAmazonで試聴できます。フィガロの序曲だけでもお聴き下さい。

SX355.jpg
Unknown.jpeg



来年の話

そろそろ来年のことを話しても、鬼さんも笑わないと思うので、2015年前半の観劇のプランをとりあえず作ってみました。

1 2015/1/14 ウィーン・シュトラウス フェスティヴァル・オーケストラ
2 2015/1/24 ファルスタッフ(藤原歌劇)
3 2015/2/1    シモン・ボッカネグラ(ウィーン歌劇場、ヌッチ、フリットリ)
4 2015/2/3    ランスへの旅(アムステルダム歌劇場、マチャイゼ)
5 2015/2/4    アンドレアシェニエ(ROH、カウフマン、パパーノ))
6 2015/2/19 リゴレット(二期会、バッティストーニ、上江)
7 2015/2/20 リゴレット(二期会、バッティストーニ、成田)
8 2015/2/21 リゴレット(二期会、バッティストーニ、上江)
9 2015/2/28 ヴィヴァルディ「メッセニアの神託」(神奈川県立音楽堂)
10 2015/3/12 マノン・レスコー(新国立)
11 2015/3/13 ジゼル(東バ、ザハロワ、ボッレ)
* 2015/3/22 オテロ(二期会、神奈川県民)
13 2015/4/8    運命の力(新国立)
* 2015/4/26 トラヴィアータ(テアトロ・ジーリオ・ショウワ)
* 5月       トラヴィアータ(新国立)
* 2015.5月    ばらの騎士(新国立)
17 2015.6.27    沈黙(新国立)

来年もけっこうヴェルディ多いですね! 今やヴェルディオペラは日本が支える!

楽しみにしているのは、もちろん2月のヨーロッパ行きの3演目です。ROH(ロイヤルオペラハウス)のカウフマンの「アンドレア・シェニエ」チケット高かったぁ。今年秋の来日(キーンリサイドのドン・ジョヴァンニ楽しみですね)のプライスとあまり変わりません。これはもちろん家内のリクエストです。ウィーンのシモン・ボッカネグラはヌッチ、フリットリ、フルラネット、バルガスというゴージャスなキャスト、ただ、指揮がオーギュインというのが疑問ですが)。ダッジナショナルオペラでのランスへの旅もワクワクします。マチャイゼが伯爵夫人!ロッシーニで一番好きな演目です。

日本の公演では、なんと言ってもバッティストーニのリゴレットです。4日あるうちの3日チケット取りました。上江隼人さんは昨年のロドリーゴ、自身のリサイタルなどでも素晴らしい出来でした、それと地味ですが、「メッセニアの神託」もうチケット売り切れに近いです。

*印はまだ、自分のスケジュールが定まらずチケット取っていないのですが、どれもけっこう好調に売れているようで、席が残っているか心配です。ちょっと残念なのは、バレエが少ないこと。昨年はオペラ座もABTも来たし、新国立もヴィントレー監督の最後のシーズンで盛り上がったんですが、、。5月にオペラ座でオーレリ・デュポンの引退の"マノン”があります。まだ相手役決まっていませんが、エルヴェ・モローでしょうか? そしたら行きたいなぁ。しかし、今年は夏のザルツブルグもすごい内容だし、円は安いし、、オペラ貧乏が加速してしまいそうです。

なんかもやもやっとした、ドン・カルロその後

今日、9日、ドンカルロの最終日なんとかもう一度行きたかったのですが、目の前に仕事があって動けず、かと言ってそれが終わってすぐに新国立②駆けつけても3幕目に間に合わかったのは明白なので、結局あきらめました。


この前のドン・カルロの後、僕の持っている各種ドン・カルロのDVDやCDを聴き比べたり、過去の自分のブログを読み直してみたりしましたが、やっぱりあの12月3日の上演はどうも満足できません。結局、指揮が一番良くなかったような気がします。単調で変なところで緩急を付けすぎるので歌手ともコンフリクトする。今回のリッツォはずっと鳴らしっぱなという印象。

僕、最初にこの新国のドン・カルロの指揮者がリッツィ(カルロ)かと思ったんですよね。そりゃ無理ですよね。リッツォさんはだいぶ差がありました。

歌手についても総じて、日が経つに連れて思い出すと「やっぱり良くなかったなぁ」と思う感じです。ガナッシだけ群を抜いていて、その逆で「あー良かったぁ!」と思っています。

今回のドン・カルロも楽日の昨日はけっこう良かったようですね。12月3日に行った僕と、11月26,30,12月3日に行った人とも大分印象が違うようです。だから一度行って印象が良くない公演も2度行くことがあるのです。

今、一生懸命、頭の中の最新のドン・カルロのイメージを昨年10月のスカラ座での、版に切り替えているところです。ヴェルディの中でも重い方のシモン、オテロ、ドン・カルロは、けっこう公演に行くと、その後ずーっと耳の奥に響くんですよね。オテロなんか、まだ2年前のフェニーチェのクンデの声が響いてます。シモン・ボッカネグラはもちろんヌッチですけど、これも何度も聴いて最高だった今年のモデナのヌッチが響いてます。ドン・カルロの響きを何とかしなくては。。。。アンプの調整みたいにはいかないですね。

ドン・カルロ 新国立劇場

12月3日、いや、寒かった。今年一番。フランドル地方の冬のようでした。去年の10月のヴェルディフェスティバル以来1年ちょっとで、4回目の"ドン・カルロ”。僕はヴェルディの中でこの演目が一番好きというわけではないのですけど、多分、最近は一番上演されている演目かもしれません。

個人的には、ドン・カルロは聴くならイタリア語4幕、見るならフランス語5幕かなぁという気がしています。演出にもよりますが、演劇的にはフォンテンブローの森でのカルロスとエリザベッタ(エリザベートですかね?)の出会いがある5幕版のほうが、その後のカルロスと王の複雑な対立が良くわかります。

ただ、5幕ものは長い。ワーグナー以外ではお尻がいたくなる可能性が最も高いオペラです。それで、短い方が良いというのではないですが、音楽的には4幕もののほうが無駄がなくきれいにまとまっていると思います。カルロとロドリーゴの2重唱が出てくるまでに1時間近く待つのは、あの歌からその後の劇が下へ流れて行くという雰囲気が薄まります。

この日の指揮のリッツォは、オーケストラを鼓舞するように鳴らしていたと思います。鳴らないドン・カルロはつまらないので良かったと思います。ただ、1-2幕では、テンポが急に早くなったり緩くなったりという変な効果が気になりました。二重唱の時もその後の合唱の時もそうなんですが、前奏や間奏で、日本の歌謡曲のオケのように急にテンポを落とす。なんかイタリアっぽくないんです。ドン・カルロは、ファビオ・ルイージでの指揮を2回聴いていますが、重くはないが、しっかりしたテンポを崩さず、ぐいと歌手を引っ張っていく、あの感じが好きです。家で良く聴くアバドもそうですね。

そのせいもあってか、1幕目のエリザベッタのファルノッキアは歌いにくそうでした。曲に遅れるところも時々。彼女自身の喉も暖まっていない感じがありありとしていて、中低音部のピアニシモの音程が全く安定しない。カルロのエスコバルは甘くて良い声をしていますが、声を大きく出さないと安定しないんですね。音量を下げると声が喉で割れます。この人の声質は、スカラでカルロを歌ったファビオ・サルトリ(大ファンです)に似ているので、どうしてもその実力差がいやというほどわかります。エスコバルは声がフラットすぎて感情が入っていないんです。演技はほぼゼロというのも、この演出だと目立ちます。他の歌手は3-4幕に向かってエンジンがかかっていきましたが、この人は最後までいけませんでした。

ロドリーゴのヴェルヴァは1幕目、2幕目は声が出ていない感じで、「おやっ?な」というのが本音。カルロとの2重唱は正直褒められたものではありませんでした。この人も弱音が良くないです。かといって中低音でドスのきいたバリトンでもない。2幕目の3重唱でもこの人の声だけ聞こえないつまりヴェルディ・バリトンではないんでしょうね。今年の二期会の上江隼人のロドリーゴのほうがずっと良かったと思います。彼は、同じく今年の6月のリナ・ヴァスタのリサイタルの時に、ピアノ伴奏でしたが、笛田博昭と二重唱やりました。これは凄かったです。

2006年の新国立の同じ演出のドン・カルロではエリザベッタの大村博美が素晴らしかったのを覚えています。素人ブログといいつつ、こんなことを言っては何だかなぁ、という感じもしてしまいますが、今回のレベルの歌手(ソニア・ガナッシを別として)を海外から呼んでくるのであれば、重要な歌手を多く使うドン・カルロの場合は日本人をもっと入れてもいいのでは。そういう意味では上江さんを呼んだら良かったなぁと思いました。(彼もミラノなんで「呼ぶ」ことになるんでしょうけど。)でもって、余計なことですが、そうすると上江さんは、新年のNHKオペラと2月のバッティストーニとのリゴレットとしばらく日本にいるのでリサイタルくらいできるだろうし。

歌手で良かったのは圧倒的にエボリ公女役のソニア・ガナッシ! 今年のローマ歌劇場のナブッコのフェネーナはとても地味な感じ(役も地味)でしたが、エボリははまり役。素晴らしい感情表現と演技で他の歌手を圧倒していました。3幕目の「むごい運命よ」は素晴らしかった。ウルウルきました。これを聴いただけでも今日のチケット代の価値はあったと思います。水曜日の夜の新国立の観客、満員ではないですが、さすが耳が良いですね。そこまでブラボー全然なかったのに、ここでいきなりBrava!!連発。拍手も20秒くらい続きました。で、ここから各歌手の調子も上がりました。特にヴェルヴァは中音が膨らんでロドリーゴの「友情」みたいなのが満ちあふれて聞こえてきました。

フィリポ2世のシヴェクもまずまずというところでしょうか?この人も声がフラットすぎてナレーターみたいな感じが気にかかりましたが、「一人寂しく眠ろう」は聴き応えがありましたし、宗教裁判長の妻屋秀和が出て来てからは、(この人はすごい!)彼に引きづられるように調子を上げて二人のやりとりも良かったです。

指揮も後半はテンポも良くなりました。ただ、歌手が歌っている時はなんかオドオドしている感じで、合唱とか間奏、前奏曲だと実力全開という感じがしました。

演出は2006年と同じマレッリ。動く壁を使い切ってダイナミックな舞台を構成していましたが、サンゲツの壁紙をはったような壁はやや安っぽい。2-3年前まで良く上演されていたガリオーネ演出のシモン・ボッカネグラの(Tutto Verdiもこれです)のように、古い質感のある壁にしてほしかったなぁ。予算もあるんでしょうね。

帰りがけに家内と話したのですが、異端裁判の結果火あぶりの処刑にされるシーンで、どうしてあんなに優美な音楽をヴェルディは編み出したのだろう、、今回、もっとも印象に残ったのはそれかもしれません。

さて、来年の新国立は「運命の力」ですね。是非「新国の力」を見せてほしいと思います。

FC2Ad