プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ブラームス交響曲第一番、タンホイザー序曲他、東フィル定期公演

1月は、大学院の授業やゼミに加えて、卒論や課題のチェックや採点があって、なかなか観劇に行けないのです。新国立のカルメンも当日券で行こうと思いつつ、結局断念。その分、2月は5-6公演行くつもりです。

 さて、この日は、もう生活の一部になってきた、東京フィルハーモニーの定期公演でした。定期会員になって、ほんとに良かったと思います。毎回、同じシートで音楽を聴けるというのもとても贅沢。しかも一枚づつ買うチケットよりも3割ほど安いし。。。

この日は、東フィルひさびさ(だと思いますが?)に佐渡裕の指揮でした。この日の佐渡の指揮は実に充実していて、余裕があり、オケとの一体感が素晴らしかったと思います。タンホイザーの序曲も良かったのですが、僕の席(1階最前方右側)からだと、ホルンよりも弦の音が大きく聞こえてしまい、オペラの時にピットからの音を1階中央や2階から聞いた時の感じと随分違います。ちょっとロッシーニっぽいワーグナーに聞こえてしまうのです。ホルンは出だしが少し安定しませんでしたが、その後は素晴らしくろうろうと響いてくれました。ひさびさにタンホイザー序曲聴きましたが、いいですね。曲としては、マイスタージンガーに似ている部分が多いと思いますが、時代的に前に作られたタンホイザーのほうが成熟している感じがします。序曲だけだとものたりないですが、今年は5月にミュンヘンに赴き、ペトレンコの指揮、フォークトのタイトルロールで聴けるので、楽しみです。

 そして、次の曲はピアソラの小さな協奏曲。洒落た構成ですね。これが良かった!御喜美江の演奏は、オリジナルのバンドネオンではなくてアコーディオンでしたが、曲のタイトルのアンデス山脈の高峰”アコンカグア”に登る道を歩くように、冷たい風や霧を感じるような、不思議で素晴らしい音の体験をしました。ピアソラは昨今、世界でブームで、Jazzとクラシックのコラボレーションでも良く演奏されています。僕もbsの鈴木良雄のカルテットとクラシックのコントラバスの演奏や、ヨーヨーマの演奏を聴いたことがありますが、アコーディオンは初めてでした。ソロアンコールはスカルラッティのハ長調ソナタ。僕はスカルラッティ大好きでだいぶ聴いているんですが、この曲がスカルラッティとは知りませんでした。不勉強。。軽いタッチで古典的なバロックをちょっとモダンに仕立てていました。良かったなぁ。

 それで、メインはブラームスの交響曲第一番、昨年末に、パーヴォ・ヤルヴィ指揮のドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団で聴きましたが、ずいぶんと違うものです。ヤルヴィの指揮は、軽快で軽く、今風に始まって、第4楽章でだんだんと厚くなって来たのですが、佐渡の指揮は、最初からグィッ、グイッとひっぱて行かれます。それでも、僕の持っている佐渡のイメージからすると軽いかもしれません。2楽章、3楽章とテンポが上がって行きますが、過度に聴衆を刺激するような大げさなところがなく、音楽に身をゆだねていられる感じです。そして、なじみのある4楽章のアダージョ。テンポを早くしたり遅くしたり、自在にオケをあやつります。次第に大きなうねりになってきます。佐渡の指揮振りは、以前にくらべて動きも小さくなったようで、全体に引き締まった感じがします。

 いや、良い演奏会でした。2月の定期公演のプレトニョフの火の鳥も楽しみです。

ワーグナー/歌劇『タンホイザー』序曲(ドレスデン版)
ピアソラ/バンドネオン協奏曲「アコンカグア」
ブラームス/交響曲第1番ハ短調

指揮:佐渡裕
スポンサーサイト

森のくまさん騒動

ここ数日、ニュースでさかんに報道されています。

<森のくまさん>替え歌CD販売中止を 歌詞翻訳者が要請

これは、やっぱり相当まずいでしょうね。著作者人格権のうちの同一性保持権を侵害しているのが明白です。それに、訳詞者の馬場祥弘氏が、改変(というか付け加え)部分も含めて、訳詞者になっているのも問題でしょう。

ユニバーサルミュージック側は、「適切な手段を経た」と言っていますので、訳詞者と本件について、何らかの著作権に係わる契約を結んでいると思われますが、いわゆる「著作人格権不行使条項」を入れていなかったのではないかと思われます。

ただ、そうであっても、発表前に訳詞者に、新たに製作した歌詞は見せて、承認をもらうことが契約書上に書かれていないわけはありませんから、契約自体していないのではないかという疑いもぬぐえません。ユニバーサルミュージックは謝罪しないで、強く出たわけですが、その根拠があれば簡単に示せるのに、示していない。今のところは、ユニバーサルミュージックの法的な貧弱さしか見えませんね。この後どうなるでしょうか?(本ブログは僕のもうひとつのブログ、「湘南人のライセンシング日記」の内容を移転しています。)

ニューイヤー・コンサート2017@サントリーホール

 もう新年恒例となった、ウィーン・シュトラウス・フェスティヴァル・オーケストラの来日公演によるニューイヤー・コンサートに今年も行ってきました。このオケは、毎年ウィーンでは、コンツェルトハウスでニューイヤーコンサートをやっている実力派で、聴き応えあります。1月7日から12日までの一週間で、西宮、横須賀で一回づつ、東京で二回のコンサートをしています。クラシックなウィーンスタイルのヴァイオリンによる指揮振りで、身振り手振りも華やかなヴィリー・ビュッヒラーがリーダーです。

 今年はシュトラウス兄弟の三男坊エドゥアルト・シュトラウスのポルカが3曲はいって、テンポも良かったです。会場には着物姿の人もちらほらいます。横須賀で聴くという手もあったのですが、やはりこの雰囲気はサントリーホールですよね。アンコール4曲入って、全17曲。途中の鍛冶屋のポルカや、速達郵便のポルカでは、芸達者な団員がユーモアたっぷりの「演出」を入れます。

 実は、毎年来ているこの公演、主催のジャパン・アーツの会員招待です。で、もう一枚を購入して夫婦で来ています。これだけでもジャパン・アーツの会員になる価値があるというもの。。

新年にはお勧めの公演です。

宝のワルツ Op.418:ヨハン・シュトラウスⅡ世
ポルカ・マズルカ『心と心を通わせて』 Op.27:エドゥアルト・シュトラウス
喜歌劇『チャルダーシュの女王』より"ハイア、山こそわが心の故郷":エメリッヒ・カールマン
ポルカ・フランセーズ「鍛冶屋」 Op.269:ヨーゼフ・シュトラウス
ワルツ「美しく青きドナウ」 Op.314:ヨハン・シュトラウスⅡ世
トリッチ・トリッチ・ポルカ Op.214:ヨハン・シュトラウスⅡ世

アンコール
ウィーンわが夢の街 :ズィーツィンスキー
ピチカート・ポルカ:ヨハン・シュトラウスⅡ世
ポルカ・シュネル「速達郵便で」:エドゥアルト・シュトラウス
ラデツキー行進曲:ヨハン・シュトラウスⅠ世



クレメンス・ハーゲン&河村尚子デュオ・リサイタル

 だいぶ遅くなってしまいましたが、本年もよろしくお願いを致します。お正月は、テレビでニューイヤーコンサートとNHKの新春オペラコンサートを楽しんでいました。ドゥダメルの指揮は大好きというわけではないのですが、(元気良すぎて….)人柄は素敵ですね。これから、何度もニューイヤーコンサートで振ることになるでしょうね。

 それで、僕の個人の「初芝居」は1月9日の神奈川県立音楽堂でのクレメンスハーゲンと河村尚子のリサイタルでした。ハーゲンクァルテットの大ファンである僕ですが、いつもクァルテットという形でしか聴いたことがなく、このようなコラボレーションは初めてです。

 この日のクレメンス・ハーゲンのチェロの音はクァルテットの時よりも、柔らかく伸び伸びとして、ジワーっと心にしみ込んで来るような音でした。弦楽四重奏だと、弦の音が切り立って、清冽な音になります。9月に来日した時の「フーガの芸術」と銘打ったリサイタルの時などは、まさに切り立った崖から音が降りてくるような感じでした。河村尚子のピアノも真面目ですが、柔らかく、情感を抑えめに込めた感じで、クレメンスとの調和を大事にしていましたように感じました。

 最初のシューマンの「5つの民謡風の小品」はとても難しく、技巧を要求される曲でしたが、二人はこれを実に軽いタッチでこなして行きます。これみよがしにならないところが凄いと思いました。ベートーヴェンのソナタからラスマニノフに行くにしたがって、演奏は次第に熱気を帯びてきます。それでもラスマニノフとしては柔らかい印象です。会場の神奈川県立音楽堂は、珍しい木造のホールで、音響もしまった柔らかさがあり、古典的な音に聞こえます。

 アンコールはフランクとショスタコーヴィッチ!うって変わって現代的なナンバー。ショスタコーヴィッチの緊張感が素晴らしかったですね。

 この二人、実はもう三回目のデュオ・リサイタルだそうです。知りませんでした。新年を飾るのにふさわしい、お洒落で豊穣感のある公演でした。

 余談ですが、この会場で休憩時に販売されている珈琲やケーキは、川崎の福祉施設の皆さんが工場で手作りして持ち込まれているもので、とても美味しいのです。いつも楽しみです。この日はパウンドケーキをたくさん買って持ち帰りました。神奈川県立音楽堂は、今年色々な意欲的な公演を主催します。6月には今年生誕450年を迎えたモンテヴェルディの「歳暮マリアの夕べの祈り」。7月にはハーゲンをクァルテットで、11月には、バッハ・コレギウム・ジャパンが「ポッペアの戴冠」を。。。というように目白押しで興味深い公演があります。チケットもリーズナブルです。是非、お出かけ下さい。

クレメンス・ハーゲン(チェロ)
河村尚子(ピアノ)

シューマン:5つの民族風の小品集 作品102
ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第2番ト短調 作品5-2
ラフマニノフ:チェロ・ソナタ ト短調 作品19

R.Schuman:5 Stucke im Volkston op.102
L.v.Beethoven:Sonate for Cello No.2 op.5-2
S.V.Rakhmaninov:Sonate for Cello op.19

FC2Ad