プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

火の鳥組曲他、プレトニョフ指揮東フィル

 オペラシティでの定期公演。もうすっかり自分の席も覚えて、なんだかアットホームな感じでゆったりと聴けるようになってきました。

 この日はストラヴィンスキーが2曲。1曲目の「ロシア風スケルツォ(シンフォニック版)」は初めて聴きましたが、創意に溢れた楽しい曲でした。「スケルツォ」とはイタリア語で「冗談」を意味するんだそうです。メヌエットに近いんでしょうか?テンポはあまり速いわけではありませんでした。5分ほどの演奏、「前菜」という感じですね。

 そして、舞台の構成を変えて、本日のゲスト、若干22歳の気鋭のチェリスト、アンドレイ・イオニーツァが登場。2015年のチャイコフスキー国際コンクールではチェロの部で優勝、いまやひっぱりだこの若きスターです。プロコフィエフの「チェロ協奏曲第2番ホ短調」は別名「交響的協奏曲」としてのほうが有名なようで、その名の通りどっしりとしたアンサンブルの中でチェロがオケと格闘する感じで弾き鳴らされます。いや、凄い迫力と技巧でした。でも音自体は繊細で、むしろ内省的な響きだと感じました。ソロアンコールで演奏された、バッハの無伴奏チェロソナタ3番のサラバンドを聴いたときにも、その印象を強く持ちました。いずれにしろ、これから活躍するでしょうから、楽しみな人です。

 ストラヴィンスキーのバレエ組曲「火の鳥」は、4年前の5月のザルツブルグの降臨祭のフェスティバルでゲルギエフ指揮マリインスキー管弦楽団で聴いて以来。その時はミハイル・フォーキンの振り付けで、それは素晴らしい舞台を見せてくれたのが、今でもまぶたに焼き付いています。「火の鳥」には三つの版が存在するとのこと。ザルツブルグで聴いたのがどれだったかは定かでありませんが、プレトニョフは、中でも比較的珍しい1945年版を愛好しているとのこと、この日もそれでした。バレエ音楽は当然のことながら、バレエがあるのとないのでは、指揮者の曲作りもだいぶ違いますね。この日のプレトニョフは軽いタッチで曲に入り、次第に重みを増し、終曲の賛歌では分厚いアンサンブルを聴かせてくれました。前日にボレロのバレエを見ていたので、「終曲の賛歌」の最後の繰り返しが、ボレロの終盤に良く似ていると感じました。

 さて、5月にはバッティストーニが「春の祭典」を振ってくれますね。最近、クルレンツィスの新作やら、昨年亡くなったピエール・ブーレーズの指揮をCDで良く聴いているので、バッティがどんな春を聴かせてくれるのか、大変楽しみです。

東京フィルハーモニー管弦楽団、オペラシティ定期シリーズ第107回
指揮:ミハイル・プレトニョフ
チェロ:アンドレイ・イオニーツァ

ストラヴィンスキー:ロシア風スケルツオ(シンフォニック版)
プロコフィエフ:交響的協奏曲(チェロ協奏曲第2番ホ短調作品125)

ストラヴィンスキー:バレエ「火の鳥」組曲(1945年版)
スポンサーサイト

オレリー・デュポンのボレロ

 この1週間は、金沢行きも含めて4公演に行ったので、ブログへのアップが追いつきませんでした。印象が薄くならないうちに木金の2公演のことを続けて書こうと思います。

「東京バレエ団ウィンター・ガラ」と銘打って、オーチャードホールで、3つの異色の作品を上演するという意欲的な企画です。しかし、僕としては何と言っても、一昨年のパリオペラ座での引退公演の、マクミランの ”マノン“以来のオレリー・デュポンです。彼女をライブで見られるのがすごい魅力で、チケットを取りました。

“ボレロ“を踊る女性ダンサーとしては、もちろんシルヴィ・ギエムがまず頭に浮かびます。次にプリセツカヤでしょうか・・これに対してデュポンが”ボレロ”を初めて踊ったのは2012年なんですね。ベジャールの死後5年たってから、ニューヨークの公演で初めて踊ったそうです。たしかに、デュポンというとキリアンの”扉は必ず“とか、ノイマイヤーの「椿姫」など、「静」のイメージが強かったですね。ですので、43歳で一旦引退したデュポンが、オペラ座の芸術監督として単身日本に帰ってきて踊るのが、ベジャールというのはとても興味深かったのです。

 冒頭の手の動きの照明があたるところから、もうデュポンの世界でした。優雅ですべるような動き。全身がライトアップされて、「あっ!」と思いました。マノンの引退公演で体を絞って、多分数キロはやせたと思うのですが、それがそのまま引き継がれていました。2014年の8月に勅使河原三郎と共演した「睡眠」の時から比べると、本当に一回り小さくなったみたいです。凄いですよね、二人のお子さんを産んで育てているのですから。

 彼女のボレロは、様式感に溢れた美しいものです。バランスが正確に保たれて、「動」を「静」の中に閉じ込めたような動き。ギエムともロマンとも違う、彼女のボレロでした。昔、見たパトリック・デュポン(同じデュポンでも血のつながりは無いらしいです)に流れとしては似ているような…..クラシックの雰囲気もあります。「素晴らしい!」としか言いようがありません。だんだんと弦に管が入って来て盛り上がってくるにしたがい、体の動きがバネの入った幹のようになってくるところ、背筋に感動が走ります。あ−、これで音楽がライブだったらいいんだけどなぁ。シャルル・デュトワの指揮を望みます。彼の指揮でボレロを踊ったダンサーはいるんだろうか。

 ただ、今回はオーチャードホールの1階の後方のはじで、音響の悪いところだったので、テープの音楽でも生みたいに聞こえました。思わぬ状況です。

 来月もデュポンは来てくれますね。楽しみです。残念ながら、エルヴェ・モローとマチュー・ガニオ、ローラ・エッケが来られないことになってしまいましたが、デュポンはジェルマン・ルーヴェと、またラヴェルを踊ってくれます。”ダフニスとクロエ“楽しみです。

セビリアの理髪師@金沢

 フランス人指揮者(名前はロシアっぽいのですがパリ生まれ)の、ミンコフスキが金沢でセビリアを振るというので、一泊で家内と小旅行をして来ました。ミンコフスキを聴くのは初めてですが、昨年の夏にスウェーデンの小劇場、「ドロットニングホルム宮廷劇場」でドン・ジョヴァンニを振ったのが素晴らしかったと聴いていました。この日も、本当に素晴らしいオペラを聴かせてくれました。

 まずは序曲が始まって、ちょっとびっくりしたのは、全然今風でないこと。軽やかで早い感じを予想していたのですが、ゆったりとして上品。そして、クレッシェンドがあまり積極的的に聞こえてこないのです。モーツァルトを信奉するという指揮者らしく、アンサンブルを重視した美しい仕上げの序曲。このトーンはオペラ全体を支配しました。実に優雅です。聴かせどころのロジーナの””Una Voce Poco Fa (今の歌声は?)”の場面では、相当練習したんだと思いますが、ベルカントの歌唱の後を一瞬遅れて、オケがそーっとなぞっていく感じ。実に素敵でしたね!

 ミンコフスキ、人間味溢れるという感じです。歌手の歌が終わって拍手がやまないと、一旦袖に下がった歌手を手招きで呼び戻してコールにこたえさせたり、歌手の手にキスをしたり、なごみます。

 歌手がまた素晴らしい。名前を聞いたことの無い人ばかりでしたが、メゾのセレーナ・マルフィはMETのドン・ジョヴァンニでツェルリーナを歌っていたそうです。さきほどの”Una Voce〜“、久々に良いのを聴きました。アジリタは高音ではそれほどではないのですが、中音、低音部でうまく廻すのが、かっこいい!というか色っぽいんですよね。(見栄えも良さそうなんで、オペラグラス持参しなくて失敗....) そして、伯爵役のテノールのデヴィッド・ポーティロ、まだ若い(24歳)んですが、素晴らしく甘いロッシーニテノールの声です。若い頃のホセ・ブロスを思わせます。最近は復活してきたとは言え、国内ではあまり良いのを聴けない2幕目最後の「大アリア」が極上でした。ペーザロに行ったみたい!実際、彼はペーザロでもデビュー済みだそうです。フィガロのアンジェイ・フィロンチクも若い!なんと22歳でこの役は初だそうですが、貫禄さえ感じるような余裕たっぷりの歌いでした。バルトロを演じたカルロ・レポーレも、ベルタの小泉詠子も、バジーリオの後藤春馬(新国立研修所時代から応援中!)も良かったですね。

 そして、この歌手たちが、演奏会形式とは言え、ほとんどセミオペラ形式と言うような感じで、舞台を動き廻るのです。なにしろ演出家の名前(イヴァン・アレクサンダー)が出ているくらいですから、鬼ごっこはするわ、バルトロのひげ剃りにクリームは塗るわ、で舞台上もとても楽しめました。去年、マドリッドで聴いた演奏会形式の”ルイーザ・ミラー“もそうでしたが、最近のヨーロッパの演奏会形式は、「演出付き」が多いのでしょうか?日本でもオペラシティやサントリーホールなど、舞台にスペースがある劇場を使って、そういう試みを増やしてほしいものです。

 まったく、金沢で一日だけではもったいないような公演でした。

 そして、この日は金沢市街にある、イタリア好きにはチョー有名な、イタリア料理店”トラットリア・クアクア“で東京や大阪から集まったオペラ仲間と食事。実に美味しかったです。これから金沢に行く機会が増えそうです。

指揮 マルク・ミンコフスキ
アルマヴィーヴァ伯爵 デヴィッド・ポーティロ
バルトロ カルロ・レポーレ
ロジーナ セレーナ・マルフィ
フィガロ アンジェイ・フィロンチク  ほか
合唱 金沢ロッシーニ特別合唱団
管弦楽 オーケストラ・アンサンブル金沢

バッティストーニ指揮レクイエム@新宿文化センター

 いや、すごいものを聴いてしまった、というのが本音です。

 正直なところ、今回はあまり期待していませんでした。バッティの指揮でも良い時もあるし、そうでない時もある。もちろん、ヴェルレクはバッティにはぴったりだとは思っていましたが、なにしろ、この日は、何と言っても合唱団が、この日一日のために一般公募をした合唱団ですからねー、第九じゃないんだからなぁ、と思っていました。東フィルの首席指揮者なのだから、東フィルで藤原や新国立の合唱団を使って講演すれば良いのになぁと思いつつ会場に向かいました。

 結論:たしかに合唱は素人ぽかったです。ですが、バッティストーニとのこの一日だけの出会いに、全員が覚醒していました。第一曲の”レクイエム“のピアニシモの入りから、美しい!去年の7月から練習を重ねて来ただけありました。4曲目の”サンクトゥス/聖なるかな“の4部2群による合唱も素晴らしかったです。バッティがゲネプロの時に、合唱が最終曲の”リベラ・メ/救い給え”を歌っている時の逸話を、音楽評論家でこのゲネプロをに行かれたK氏がフェイスブックにこう書いています。バッティは合唱団にこう言ったそうです。「みなさん、微笑みながら歌っていますが、みなさんが楽しんでいるのはいいことだし、よくわかるのですが、笑、ここは最後の審判の光景で、地獄の口が開くような音楽なのですから、それをイメージして歌って欲しいのです。僕は必ずしも天国や地獄を信じているわけではないのですが、この曲を演奏するときには地獄を信じてやっています」。
この言葉の後で変わりましたね、合唱。(原文のまま)

 こういう、オケや合唱団の巻き込み方が凄いですね。東フィルでも、短時間でオケがバッティの音になってしまうんだそうです。

 ですので、この日は、バッティが指揮で、オケと合唱をグィグィと引っ張って行きました。彼の指揮棒は切れるナイフのように、空間と音を切り裂きます。「怒りの日」のテーマの炸裂感は、前に聴いたルイゾッティやCDで良く聴いている、ライナーやムーティ、カラヤンよりも、もっと鋭く強く、緊張感がありました。

 歌手も素晴らしかったです。ソプラノの安藤赴美子さん、「怒りの日、それは世界が灰燼に帰す日です」という言葉を、地獄の縁に手がかかって叫んでいるようでした。リベラ・メのソロ凄かったです。ルイゾッティの時のソプラノ、アルテータがそうだったのですが、ここは体全体を使ってくれて空気をふるわせるような歌声が会場を支配しました。そして、メゾの山下牧子さん、声が暖まってくるに連れて、低音から高音まで良く響き、深みのある歌を聴かせてくれました。バスの妻屋秀和さんは、もう言うことなし。テノールの村上敏明さんは、小原啓楼さんがインフルエンザのために、当日の朝、代役を依頼されたとのこと!それでも、素晴らしかったです。オペラだとやや窮屈に感じる彼の声が、レクイエムでは、宗教音楽らしい神々しさに響いて感激しました。
  
 僕自身、ベルディの26作のオペラに、ひとつ番外でくっついている、このレクイエム、何度聞いても今ひとつ入り込めなかったのですが、この日、初めて「わかった」ような気がしました。バッティストーニは今年、日本で「オテロ」も振ります。それと「春の祭典」も、、楽しみですね。

指揮:アンドレア・バッティストーニ(東京フィルハーモニー交響楽団首席指揮者)
独唱:安藤赴美子(ソプラノ) 山下牧子(メゾソプラノ) 村上敏明(テノール) 妻屋秀和(バス)
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
合唱:新宿文化センター合唱団(合唱指導:山神健志)

 
 

新国立劇場「蝶々夫人」

 プッチーニで涙したのは初めてです。そのくらい、今回2月8日の「蝶々夫人」には感激しました。ブログアップするのが遅くなったのは、11日の土曜日にもう一度行こうと考えていたからですが、残念ながらスケジュールが合わずに断念しました。2回聴きたかったなぁ。。

 何と言っても安藤赴美子の蝶々さんが、素晴らしかったと思います。去年のセミラーミデをベルカントで美しく歌い上げてくれましたが、この日は、強い芯のある声でいながら、少女の初々しい蝶々さんから、最後の場面の鬼気迫るところまでを見事に表現してくれました。安藤の蝶々さんは、特に2幕目の「ある晴れた日に」あたりから自刃するところに向かって、心の中を占めていく悲しさをすべての歌で表現していたと思います。声の切り替え、息継ぎ、ヴィヴラートの使い方、そういった技巧のすべてが、蝶々夫人の悲しみを観客に伝えて来るのです。2009年に同じプロダクションで聴いた、ババジャニアンの上品で美しい蝶々さんも良かったのですが、安藤は”悲しみそのもの“になって舞台に存在していました。演技も素晴らしく、指の先まで使って表現をしていました。なんか、新派を見ているような感覚になってしまいました。

 シャープレスを歌った甲斐栄次郎は初めて聴きましたが、情感溢れた立派なバリトンでした。安藤とのやりとりは実に聴き応えがあり、彼女に対する思いやりが、また悲しいんですよね。

 僕は、プッチーニは「三部作」以外は、どうもオペラに入り込めたことがなく、いつも客観的に聴いているので、ボエームでも蝶々夫人でも泣いたことが無いのですが、この日は駄目でした。

 指揮のフィリップ・オーギャン、数年前にウィーンで”シモン・ボッカネグラ“を聞いた時は、感心しませんでしたが、もともとヴェルディを振るタイプではないですね。この日は、歌手に合わせながらも、要所要所ではオペラをグイグイと引っ張って行く強さを見せてくれました。プッチーニの美しい旋律を見事な塊感でまとめていました。満足です。

 栗山民也の演出はもう5-6回目になると思うのですが、いまだに新鮮です。シンプルですが、空間を上手に使っていると思います。左手の天のような高さから階段を降りてくる、蝶々さんの美しいこと。ただ、着物の裾を踏まないかと心配でしたが。。最後の自刃の場面は、過去の演出とちょっと違っていたような気がしました。気のせいかもしれませんが。蝶々さんが真後ろへ倒れるところ、照明が一気に明るくなるところ、などがそうです。そして、子供が光りの道を歩いて蝶々さんの方に近づいてくるところ、まるで同じプッチーニの「修道女アンジェリカ」のラストシーンのようでした。これも新しかったのでは。

 このオペラを「国辱ものだ」と受け取る方も多いようですが、僕はあまりそうとは思いません。むしろ、ラクメを捨てたジェラルドと同じようなピンカートンが、英米人のステレオタイプ的な「いい加減男」に描かれすぎているのではないかと思うほうです。その面からすると、この日のピンカートン役のマッシは、それなりに後悔するところも真剣味があって味わい深かったです。

 新国立劇場では珍しい(初めて?)、日本人の主役でしたが、もっともっと日本人の素晴らしい才能が、この舞台で聴けることを祈っています。

指 揮:フィリップ・オーギャン
演 出:栗山民也美

蝶々夫人:安藤赴美子
ピンカートン:リッカルド・マッシ
シャープレス:甲斐栄次郎
スズキ:山下牧子
ゴロー:松浦 健
ボンゾ:島村武男
神 官:大森いちえい
ヤマドリ:吉川健一
ケート:佐藤路子
合唱指揮:三澤洋史
合 唱:新国立劇場合唱団管弦楽東京交響楽団

FC2Ad