FC2ブログ

プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

プレトニョフ、マーラ−「亡き子をしのぶ歌」他

 久しぶりのオペラシティでの、東京フィルハーモニー交響楽団定期公演。今回は、ハイドン、マーラー、シューベルトと、時代的にも音楽的にも大きく違う作品を4つ堪能しました。

 ハイドンの交響曲第49番「受難」は初めて聴く曲です。オケは小さな編成で、コントラバスはありませんでした。ですので、どちらかというと分厚い弦楽四重奏を聴くような感覚。強弱、緩急が交互にやってくる、けっこう難しそうな曲でした。ダースベーダー系のキャラクターの映画のテーマになりそうだなぁ、などと余計なことを考えてしまいましたが、プレトニョフは無用に重くすることもなく、あっさりと仕上げていました。

 そして、マーラーの歌曲「亡き子をしのぶ歌」。これも初めてでしたが、少し予習をしていたので、その歌詞に震える思いでした。リュッケルトという18世紀のドイツの詩人が、1年の間に二人の子供を相次いで亡くしたという事実をもとに書いた詩編を、マーラーがその70年後の1904年に歌曲にしました。これを、メゾ・ソプラノの小野美咲が歌いました。特に第4曲の「よく思う、あの子たちは出かけているだけ」は、本当に美しく悲しい歌詞です。「よく思う。あの子達は出かけているだけ。じき家に戻ってくるのだろう!昼は美しい!おお、心配はない!ちょっと足を延ばして、あの丘まで散歩しているのだ。」歌詞だけで泣けてきますね。

 小野は新国立オペラパレスでもおなじみの歌手ですが、独唱を聴くのは初めて。アルトに近い声で、まるでノルンが地の底から哀れみをもって歌いあげるような感覚。美しい声です。マエストロと目を合わせながら歌う様子が、この曲をオケと素晴らしいものに仕上げようという意欲を感じさせました。

 さて、休憩後のシューベルトの交響曲もほんとに久しぶりです。5番は大好きで、特に第二楽章の主題を聴いていると、なんか「生きてて良かったぁ。」という感じになります。この日も聴きながら「C型肝炎直ってよかったぁ。」などと関係の無いことを考えていました。プレトニョフの指揮は、ノーブルの中に人間味溢れる素晴らしいものです。ハイドンもそうでしたが、緩急のつけかたが、流れるようにつながり、美しいです。

 曲としては、最後の「未完成」のほうが良かったのだと思いますが、僕にはやや重すぎて、特に第二楽章は圧倒されすぎてしまいました。まあ、あまりこの曲に思い入れが無いと言ったら素っ気ないでしょうか?

定期演奏会としては長めの2時間25分の演奏時間。堪能しました。
スポンサーサイト

新国立劇場「神々の黄昏」

 新国立劇場の今シーズン、オープニングの「神々の黄昏」、6回ある公演のうちの4回目に行って来ました。行く前からわかってはいたのですが、長いですね。休憩2回入れて5時間55分。前回の「ジークフリート」の公演の時は、長い上演時間を耐えられるように、劇場で特製クッションの貸し出しサービスがあったのですが、今回はなかったです。残念。多分、クッションを使用している人の座高が高くなってしまうので、苦情でも出たのかと思います。

 今回が、飯守泰次郎マエストロの新国立の音楽監督として最後の公演になると思います。来シーズンからは大野和士さんになりますから。その最後の指揮から出てくる音楽、とても良かったです。今までのリング3作、何か音の分厚さが足りない、特に金管が響かない、ゆらぎがない、、と、飯守さんらしさに欠ける音だったという感想を持っているのですが、今回ははじめて読売日本交響楽団を率いて、素晴らしい音を出してくれました。雄大でスケール感がありました。金管も、時々音がずれることもあったりと、やや粗いながら、偉大なワーグナーの音楽を聴かせてくれました。昨年のウィーン歌劇場のアダム・フィッシャーや、つい最近のキリル・ペトレンコが新しい時代のワーグナーだとしたら、飯守マエストロはクラシックな、帝国ホテルのビーフシチューのようなワーグナー。正統派ですね。

 ただ、音楽のボリュームに対して、1幕目は、歌手の声が良く聞こえない。これは、どうも歌手の調子が出ていなかったようです。ジークフリートのステファン・グールドも、彼の得意とする輝きのある声が出ていない。ブリュンヒルデのペトラ・ラングも声を口先で作っているような感じ。2幕目に入ると、ヴァルトラウテ役で出てきた、名歌手ヴァルトラウト・マイヤーが、素晴らしい歌を聴かせます。2007年のベルリン歌劇場、バレンボイムと共に来日して、イゾルデを歌った頃にくらべて、年齢も重ねて(現在61歳)声のシャープさは無くなりましたが、その分、熟成された奥行きのある、素晴らしい声。声量はそれほどではないのですが、オケの音の上を飛んできます。この人の歌唱と比べると、他の歌手の歌唱が今ひとつに思えてしまうのも仕方が無いか・・・・他の歌手も一流ですが、彼女は「超」が付きますからねー。ちなみに、2004年の舞台では、この役を藤村実穂子が歌い、素晴らしかったです。

 それでも第3幕になると、グールドもラングも見違えるように声の艶が増しました。で、最後の「ブリュンヒルデの自己犠牲」は聴き応えありましたね。
 ただ、一旦白い布の下で絶命したかに見えるブリュンヒルデが最後にがばっと両手を挙げて起き上がる演出は、なんだか不思議でした。ブリュンヒルデの犠牲により、また世界が回り出すという、”to be continued”を現したものかもしれませんが、なんか、ゾンビ映画かエイリアン映画の最後のシーンみたいでした。3幕目は音楽と歌唱が見事に呼応しあって、聴き応えありました。葬送行進曲なんか、ゾクゾクしましたね。

 歌手では、マイヤーの次にハーゲンを歌った、アルベルト・ペーゼンドルファーが多く拍手をもらっていました。安定した声のバスで良かったのですが、全体に声のトーンが単調で、あまり「悪い人」という感じがしないんですね。彼につけられた演出に動きがなさすぎたせいかもしれません。古い話になりますが、トーキョーリングの初回の2004年での長谷川顯のハーゲンの「悪人ぶり」が強い印象を保っています。日本人歌手は、皆、大健闘でした。グートルーネの安藤赴美子は、芯の強い(ややリリックだったが)、しかし、確固とした自分を持っていない薄情な性格を良く出していました。演技も敢えて淡泊な動きにしていて違和感がありませんでした。これに対して、全く「淡泊」でなかった、アルベリヒの島村武雄は2010年にも聴きましたが、癖のある、しかし、舞台で重要な役柄を声と演技で見事に出していました。彼が最後に袖から出てきて動き廻る演出はなかなか洒落ていました。

 しかし、ゲッツ・フリードリッヒの演出は、4作全体通して、あまり良いとは思いませんでした。フィンランドでの公演にくらべると、トンネルも簡素化されていたようですし、何より動きが少なくて、せっかくの新国立の舞台の機能を生かし切っていない感じがします。今回の「神々の黄昏」も、おもしろかったのは、グンターに扮したジークフリートをレンズのような大きなガラスで見せるところぐらいで、あとは全体に「退屈」。特に読み替えもない演出ですから、もう少しアイデアが欲しいですね。3幕目で懐中電灯で客席側を照らしたりするのは、あまりにも陳腐で、目がチカチカしてちょっと苛つきました。僕自身としては、演出はブーイングしたい感じです。新国立のリングは、やはり、キース・ウォーナーのトーキョー・リング、それも初演の時が一番良かったと思います。新国立でこれからまた、リングをやるのなら、あの演出を研ぎ澄ましたものにしていくべきだと思います。あれは傑作演出です。

 9-10月は、なんだかワーグナーばかり聴いていました。ブログのタイトル変えなくてはならないですね。ちょうど今、イタリアではヴェルディ・フェスティバルが開催中。FBにはその様子がたくさん入って来ています。僕は11月初めにドミンゴのナブッコを見に行きますが、あとは、新国立のトラヴィアータ、と今年のヴェルディは、あと2つだけ。
そうこうしているうちに、もう年末ですね。早いものです。


指揮 飯守泰次郎
演出 ゲッツ・フリードリヒ
ジークフリート ステファン・グールド
ブリュンヒルデ ペトラ・ラング
アルベリヒ 島村武男
グンター アントン・ケレミチェフ
ハーゲン アルベルト・ペーゼンドルファー
グートルーネ 安藤赴美子
ヴァルトラウテ ヴァルトラウト・マイヤー
ヴォークリンデ 増田のり子
ヴェルグンデ 加納悦子
フロスヒルデ 田村由貴絵
第一のノルン 竹本節子
第二のノルン 池田香織
第三のノルン 橋爪ゆか
合唱指揮 三澤洋史
合唱 新国立劇場合唱団

 

ペトレンコ指揮ワルキューレ第1幕他

ブログアップが遅くなってしまいました。日曜日の公演だと、週明けが仕事で忙しくてなかなか書けないうちに印象が薄れてしまうのですが、この公演はいまだに印象が強烈に僕の体を支配しています。さて、 今回のペトレンコの初来日の公演は、都民劇場主催の「マーラー交響曲第5番」と「パガニーニの主題による狂詩曲」、そして、オペラ「タンホイザー」、最後がこのオペラ「ワルキューレ第1幕」と「マーラーこどもの不思議な角笛」と全部で3つありました。都民劇場主催の公演はチケットを取り損ねたのですが、ピアノのイゴール・レヴィットとの共演も良かったようですね。行きたかったです。

 それで、一昨日、10月1日、NHKホールで開催されたバイエルン国立管弦楽団の公演に行ってきました。これは本当に衝撃的で実に素晴らしかったです。「ワルキューレ第1幕」は今まで聴いたワルキューレでも最高の感動をもらいました。まずは序奏が凄かったです。弱音と強音を交互に持って来るのは楽譜通りだと思いますが、劇場の空気圧というか音波が伝わってくるような、強弱の繰り返し。弱音の時は一瞬音が消えて、真空になって、自分の耳が聴こえなくなったのではと思うようなインパクトがあります。森を逃走してくるジークムントの心臓の鼓動がそのまま音になったような緊迫感。ペトレンコの特徴(と僕は思っている)の、低弦をあまり響かせないで、腕力で音を劇場空間に押し出してくるような圧倒感に完全にやられました。オーケストラをコンパクトな1wayスピーカーのような塊感で鳴らし、繊細さとダイナミック感で今までに聴いたことのないワルキューレを聴かせてくれました。正直、タンホイザーの時よりも、良かったと思います。タンホイザーはやや内省的に過ぎて、テンポ感に欠ける感じがしました。(それはそれで凄く良かったのですが)ワルキューレは、音楽の塊感を歌手と一緒にテンポを緩めたり早めたり、実に緻密な指揮でした。凄いものを聴いてしまったという感じ。

 歌手の3人も素晴らしかったです。フォークトのジークムントは、昨年のウィーン歌劇場の時のクリストファー・ヴェントリスのように体全体で歌うのではなく、喉から開いた口の前に声を置いていくような美しさがあります。これが彼の魅力ですね。ルネ・コロとか、ジークフリート・イェルザレムなどの典型的ヘルデンテノールとは全く違うジークムントですね。METでバリトンに変わったばかりのドミンゴで聴いたことがありますが、それが近いかなという気がしました。ノートゥングを抜くあたり痺れました。そして、ジークリンデのエレーナ・パンクラトヴァ。タンホイザーでのヴェーヌスでも良かったですが、この日はさらに絶好調。母性を感じさせる深みのある歌いは「冬の嵐は過ぎ去り」のところで、舞台に本当に春の光が注ぐような感じがして、過去に見たその場面の舞台の演出が頭をよぎりました。そしてフォークトとの2重唱になっていくところで、こちらの感激も沸騰!このワルキューレ、今年の観劇で、ここまでで最高だったと思います。

 フンディングのゲオルグ・ペンフェルトも実に良かったです。タンホイザーでの領主ヘルマンでもびっくりさせられましたが、今回はフンディングの野蛮さ、いやらしさを良く出していました。バイエルン歌劇場を前回聴いたのは、同じくNHKホールでの2005年の来日公演でのマイスタージンガーでしたが、端役(?)の夜警の声が素晴らしかったのにびっくりしましたが、劇場付きの歌手で日本では知られていなくても、(知らないのは僕だけかもしれませんが)このペンフェルトみたいに凄い歌手がいるんですね。

 ペトレンコはタンホイザーの時もそうでしたが、歌手に歌い始めの時にキューを出すなど、オペラ指揮者として完璧な音作りに心を配っていることが良くわかりました。今回、第1幕だけだったのですが、そのうち近い将来に、ワルキューレ全幕をこのキャストで聴けるのでしょうか?そうしたら、またミュンヘンまで行ってしまいますね。

 話がワルキューレばかりになってしまいましたが、その前にマティアス・ゲルネが歌ったマーラーの「子供の不思議な角笛」も素晴らしいものでした。あまり書けないのは、この音楽を初めて聴いたからですが、ゲルネの情感がこもったピアニシモが実に美しかったです。こういう珍しい歌曲は、やはり字幕が欲しいところです。ゲルネはヴォータンを歌うには、やや声量が足りないかもしれませんが、せっかく来日したのだから、歌ってほしかったというのは、ないものねだりでしょうね。

 このシーズン、立ち上がりワーグナーが続きます。次の公演は新国立の「神々の黄昏」です。リング完結。これも楽しみです。

キリル・ペトレンコ指揮
マーラー:こどもの不思議な角笛 から
 バリトン:マティアス・ゲルネ

ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」 第一幕
 ジークムント:クラウス・フロリアン・フォークト
 ジークリンデ:エレーナ・パンクラトヴァ
 フンディング:ゲオルク・ツェッペンフェルト

バイエルン国立管弦楽団

FC2Ad