FC2ブログ

プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

魔法使いの弟子、バッティ

ちょっと前になりますが、1月25日の東フィルの定期公演の感想です。

第122回東京オペラシティ定期シリーズ
指揮:アンドレア・バッティストーニ
デュカス/交響詩『魔法使いの弟子』
ザンドナーイ/『白雪姫』
リムスキー=コルサコフ/交響組曲『シェエラザード』

いやぁ、バッティを堪能したプログラムでした。今回は、童話をテーマにした3つの曲構成。まず、「魔法使いの弟子」は、ディズニーの1940年のアニメーション映画「ファンタジア」で有名です。僕も小学校の低学年の時に、父親に連れられて、鎌倉の由比ヶ浜にあった“文化座(?)”というかまぼこ形の映画館で見た記憶がありますが、音楽の強烈なイメージが今でも脳の深いところに記憶されています。この時の指揮者は、レオポルド・ストコフスキーでした。バッティの指揮も、まさに映画が目の前で上映されているかのような迫力があります。今まで指揮してきた、ファランドールや展覧会の絵とも共通性のある、立体的で彫刻的な音の構成(あるいは攻勢)。息をつく暇も無いという感じです。指揮棒の先から7色の光りが出ているよう。

そして、コルサコフのシェエラザードですが、これはバレエで良く聴いています。もともとはバレエ曲ではありませんが、1910年にミハイル・フォーキンが振り付けたのですね。最近では、去年の世界バレエAプログラムで、アリーナ・コジョカルとヨハン・コボーの鉄板コンビで踊られていますが、その際にオーケストラで演奏されています。しかし、なかなか全曲を聴くことは少なく、今回はその美しいメロディを堪能しました。ヴァイオリンが引っ張る部分が多く、コンサートマスターの三浦章宏さんの出番が多かったのも嬉しかったです。

コルサコフを聴くと、ストラヴィンスキーもバッティで聴きたくなりますね。春の祭典、やってくれないでしょうか?
スポンサーサイト

ラ・トラヴィアータ藤原本公演

1月27日、藤原歌劇団の本公演、“ラ・トラヴィアータ”に行ってきました。トラヴィアータ、良く行きますね。多分20回以上見ていると思います。もっとも、この演目は世界で一番上演回数が多いのだそうで、2位が魔笛、以下、カルメン、ラ・ボエーム、トスカ、フィガロの結婚と続きます。

今回は、海外からのゲストの歌手はおらず、おもに藤原の看板歌手(上江さんを除く)でトリプルキャストを組んでの3日間。僕は、上江さんのジェルモン狙いで最終日に行きましたが、絶対“当たり”でした。何度も書いていますが、最近、中低音の表現力と艶が素晴らしくなってきた彼のジェルモン、昨年12月にMETで聴いた、クイン・ケルシーのジェルモンよりも良かったと思います。特に、1幕2場でヴィオレッタとのやりとりは圧巻。もともと美しいピアニシモで情感を出しながら、曲が進むに従って、だんだんとヴィオレッタと二重唱になっていくところ、グッと来ました。もちろん、光岡さんのヴィオレッタもBrava!!でした。レッジェーロな声で装飾技術も優れた歌い方、何より美しい水滴のような透き通った声が圧巻でした。そして、3幕目の「道を踏み外した女」のアリアは、彼女の素晴らしさが結晶になって、本当に聴き応えがありました。短くカットされることもなかったですし。それにしても二期会のスターである上江さんが藤原で歌うというのは珍しいこと。これから何か起こるのでしょうか?ともあれ、観客にとっては豪華なキャスティングになっていました。

アルフレードの中井亮一さんも、若々しく、甘く、良かったのですが、上記二人に比べるとちょっと物足りない。1幕2場で冒頭のカヴァレッタ2連発、もう少し強い表現力が欲しかったです。

あと、特筆すべきは、脇役の歌手が総じて良かったこと。フローラの丹呉由利子さん、いかにも自信を持っている女主人という感じで、夜会の主催者として、きっちり歌ってくれました。フローラの夜会がビシッとしないと、2つの夜会がオペラに出てくる意味がなくなってしまうんですね。ロード・オブ・ザ・リングのTwo Towersみたいなものでしょうか?

粟國さんの新演出もなかなか良かったです。額縁に入った大きな絵を使ったのは、1幕目では、原作の始めの、ヴィオレッタの死後のオークションを彷彿とさせますし、途中から額の中で舞踏会で踊る人々が見えるのも新鮮でした。2幕目以降も、額の中にストーリーのバックグラウンドを見せて、3幕目では、弱ったヴィオレッタの後ろの額はやぶれて、絵もなくなってしまっている。(おそらく売ってしまった。。)色々と想像できるところが、押しつけがましくなくて、とても好感が持てました。粟國さんがプログラムで言っているように、彼の演出は、歌手に歌いにくいポジションや体勢を取らせることがないのも、大好きです。藤原の伝統でもありますね。

そう言えば、新国立劇場の2019-2020シーズンの演目が発表になりましたね。なかなか魅力的。今年は少し多めに行こうと思います。

指揮:佐藤正浩
演出:粟國 淳
ヴィオレッタ:光岡暁恵
アルフレード:中井亮一
ジェルモン:上江隼人
フローラ:丹呉由利子
ガストン:松浦 健
ドビニー:田島達也
グランヴィル:坂本伸司
アンニーナ:牧野真由美
ジュゼッペ:有本康人
使者:相沢 創
召使:市川宥一郎
合唱:藤原歌劇団合唱部
バレエ:竹内菜那子、渡邊峻郁
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団








ウィーン・シュトラウス・フェスティヴァル・オーケストラ

遅くなりましたが、本年もどうぞ、よろしくお願いを致します。

今年の“聴き始め”は、毎年恒例、ジャパンアーツの「ウィーン・シュトラウス・フェスティヴァル・オーケストラ、ニューイヤー・コンサート」でした。場所はオペラシティ。

まあ、お正月のシャンパンのようなものなので、粗を探したり、真面目にレポートしたりするものではないと思います。とにかく楽しかった!小編成の室内楽的オーケストラなので、迫力には欠けますが、その分、繊細で美しい音を聴かせてくれます。今回は、バレエと声楽付き。

特に良かったのが、バス・バリトンの平野和。前にアイーダのエジプト王で聴いているようですが、あまり印象に残っていません。ところが、この日は凄かった。圧倒的な声量と下から上まで実になめらかに輝くような声が出て来ます。バス・バリトンだが、全くモゴモゴしない。素晴らしいです。さすが、ウィーン国立音大を主席で出て、フォルクスオーパーの専属歌手として10年間契約して、主役級で歌っているだけあります。背が高くイケメンですから、日本でももっと出てくれればファンが増えると思います。

バレエが入ったのも、豪華で良かったですね。年末年始のコンサート色々とありますが、うちはこれで決まりです。

次は藤原の「ラ・トラヴィアータ」です。

【第1部】
ヨハン・シュトラウスⅡ:喜歌劇「こうもり」序曲

ヨハン・シュトラウスⅡ:ポルカ・シュネル「浮気心」…□

ヨハン・シュトラウスⅡ:貴歌劇「ジプシー男爵」より《読み書きは苦手》…●

ヨハン・シュトラウスⅡ:ワルツ「ウィーンの森の物語」

ヨハン・シュトラウスⅡ:喜歌劇「こうもり」より《田舎娘を演じる時は》…○

カール・ミヒャエル・ツィーラー:ワルツ「いらっしゃいませ」…□

ヨハン・シュトラウスⅡ:トリッチ・トラッチ・ポルカ

ヨハン・シュトラウスⅡ:喜歌劇「ウィーン気質」から二重唱《これがなくちゃあ許せない》…○●

【第2部】
ヨハン・シュトラウスⅡ:ワルツ「春の声」

ヨハン・シュトラウスⅡ:ポルカ・シュネル「狩り」…□

カール・ミレッカー:喜歌劇「乞食学生」より《肩に口づけしただけだった》…●

ヨハン・シュトラウスⅡ:皇帝円舞曲

フランツ・レハール:喜歌劇「ジュディッタ」より《熱き口づけ》…○

フランツ・レハール:喜歌劇「メリー・ウィドウ」より《唇は語らずとも》…○●

ヨハン・シュトラウスⅡ:ワルツ「美しく青きドナウ」…□


ソプラノ:アネッテ・リーピナ … ○ 
バス・バリトン:平野和 … ●

FC2Ad