プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

2008のベスト10発表!

2008年の観劇は40回を超えまして、昨年対比150%と経済状況の悪化とは裏腹に好調です。もっともその分平均の席グレードは2段階くらい下がりましたけど。

それでは2008年のベスト10発表、ジャジャジャーン!

1位:シモン・ボッカネグラ(サンフランシスコオペラ9月)演奏には満足でない点もあったが、何と言っても好きな演目を見に、アメリカまで行った!ドミトリー・ホボロトフスキーの美声! やはりこれが一位。夢見心地でうっかり危険地帯をホテルまで歩いて帰ってヤバかったが。


2位:アイーダ(新国立3月)これも初日ということで、多少聞き苦しい点あったが、アモナズロ堀内康雄素晴らしかった。なにより絢爛豪華大道具凄い、ラダメスのマルコ・ベルティが、今一(という寿司屋が葉山にある...)でしたが、日本のプレミア公演、2位に入れなくては!!


3位:ロベルト・デヴェリュー(ウィーン国立11月)グルヴェローヴァ、声の衰えが殆ど無いのがすごい。40代の声。高音での表現力は素晴らしい。しかしもうハイダーとの共演もなくなるのか?? そして、テノールのホセ・ブロスこれはヴェルディボイスでDVDで聞いて大好きだったので、生声が聞けて満足。チケット高いだけのことはありました。


4位:ドン・ジョヴァンニ(新国立12月)最近の新国立の公演の中で1、2に入る出来だったと思います。とにかく歌手のレベルが高かった。ドン・ジョヴァンニのルチオ・ガッロは、声量も表現力も素晴らしい。ドンナ・アンナのエレーナ・モシュクは、椿姫の時よりもだいぶ太りましたが、太っただけのことはある!高音のピアニシモの表現の幅がとても広がったし、息も長く鳴った感じ。エルヴィーラのアガ・ミコライも素晴らしい。しかし、日本人はバスの長谷川だけ??新国立でそれは、まずいんでないかなぁ?


5位:ランスへの旅(マリィンスキー1月):とにかくロッシーニの中で一番曲が好き。ゲルギエフがどう凄いのか、いまひとつわからなかったが、舞台上でのオケの音も素晴らしく、11重唱は圧巻!


6位:シルヴィア(英国ロイヤルバレエ7月)7月は過密スケジュールで行こうか迷ったが、行って良かった!トップクラスではなかったが、ダンサーは踊りまくる。舞台装置は素晴らしい。何より、大好きなドリーブ作曲の音楽を堪能、これで、ラクメ、コッペリア、シルヴィアとレオ・ドリーブの3つ(しかない?)楽曲制覇。カディスの女というのもあるのが、これは組曲なのか??


7位:ジャンニ・スキッキ3部作Il Tritico Puttiniのうち「修道女アンジェリカ」(ロサンジェルスオペラ9月)ソプラノ Sondra Radvanovskyが一人演技に近い、この珍しいオペラ、地味なオペラを素晴らしいものにした。今年最も涙の出た演目。一人で行ったのがもったいなかった。7位なのは、あとの2つ、外套とジャンニ・スキッキが余り良く無かったから。特に後者は、ウッディ・アレンの演出がひどく、今年唯一の途中退出。「修道女アンジェリカ」だけに絞ればベスト3に入る。。


8位:エヴァ・メイ、シラクーザ デュオコンサート(11月)当日券A席だったが、なんと前から2列目、袖から登場する二人が良く見えた。メイの「夢遊病の女」のフィナーレが凄い!!ドニゼッティ、ベリーニ中心、ブッファ中心の選曲と言うことで非常に楽しいコンサートだった。


9位:海賊(バレエABT7月)7月はバレエ多かったが、ニーナ・アナニアシヴィリ,見納めか?素晴らしかった。欲を言えば、アンヘル・コレーラ悪くないが、ここは、ホセ・カレーニョで見たかったところ。


10位:ナクソス島のアリアドネ(東京二期会6月)1月の関西二期会に続き、今年2回見たナクソス島、やはり歌い手は東京のほうが良かった。幸田弘子のツェルビネッタで、ランクイン決定!


番外:冬の旅、イェルク・デームス&北村哲郎(逗子なぎさホール4月)ヴェルディテノールの北村が歌う冬の旅、全く新しい感覚。これは新体験。興奮しました。


以上で、本年のベスト10プラス番外を終わりま~す!!
関連記事
スポンサーサイト

FC2Ad