プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

METライブビューイング

MET(メトロポリタン歌劇場@NY)の最新の演目を、欧米では完全にライブでCATVやインターネットで有料放映し、日本では映画館などで数ヶ月遅れで上映するプロジェクトは2年ほど前から始まり、最初は歌舞伎座や目黒のパーシモンホールなどで、比較的"細々”とやっていたのだが、昨年秋より松竹が本格的に、傘下の映画館で一演目一週間の上映を開始した。

今年はルネ・フレミングの"タイス”からスタート。これは、METでの上演が昨年12月28日だったから、1ヶ月以内で日本に来たことになる。実は、12末の渡米中になんとかこのタイスを見にNYまで行けないかと、スケジュールを色々と考えていたので、大画面で見逃した演目が見られるのは嬉しい。

ここ数ヶ月で上映される演目は次ぎの通り。

マスネ『タイス』(新演出)
2009年1月10日(土)~1月16日(金)1日1回上映
上映時間:3時間21分/休憩:2回

プッチーニ『つばめ』(新演出)
2009年1月31日(土)~2月6日(金)1日1回上映
上映時間:2時間15分/休憩:1回

『オルフェオとエウリディーチェ』
2009年2月14日(土)~2月20日(金)

ドニゼッティ『ランメルモールのルチア』
2009年2月28日(土)~3月6日(金)

プッチーニ『蝶々夫人』
2009年3月28日(土)~4月3日(金

ベッリーニ『夢遊病の娘』(新演出)
2009年4月11日(土)~4月17日

ロッシーニ『ラ・チェネレントラ』
2009年5月30日(土)~6月5日(金)

タイス、ルチア(ネトレプコ)、夢遊病の娘(デセイ)、つばめ(ゲオルギュー)は見たいと思ってます。

しかし、こういうことを、新国立なんかがやらないといかんのではないか? CATVやスカパーで、有料でVOD放送したりできないものでしょうか? オペラのファンの裾野を広げる努力をもう少ししてほしいと思います。METのライブビューイングの幕間に、フレミングがマイクを持ってネトレプコやドミンゴにインタビューしたり、サービス精神満点。

でも、新国立も去年から新年GALAではシャンパンをふるまうようにはなりました。少しづつ良くなってきているいるのかな?
関連記事
スポンサーサイト

FC2Ad