プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ラ・トラヴィアータ 宮本亜門演出

久々の“ラ・トラヴィアータ”観劇。 宮本亜門演出で話題になっていたものだが、とても良かった。演出は現代版。2005年のザルツブルグのデッカー演出のネトレプコ/ビリャソン版は白を基調にしていたが、これを黒基調に変えたような感じ。市松模様のようなゆがんだ空間の舞台には、場の設定の具体性を示すものは何もない。

黒=死として、パーティの客も顔の”どうらん”まで黒。それにおびえる椿姫の様子が各所に現れて、幕開けから死と対峙しているヴィオレッタを強調するのはうまい演出と思った。バックの市松模様が目の錯覚で時々グラグラと揺れるような感じで不安定さ与え、さらに死を強調していると感じた。

2幕2場の怒るアルフレードに対してなすすべも無いヴィオレッタの悲しさと迫ってくる死の表現は最も素晴らしく、紙幣を投げつけた後さらにスカートのボンネットを取ってしまうという、ややもすれば下品になりがちな演出もタイトルロールの安藤赴美子の華奢な体躯での熱演で実に自然に舞台が流れて行き、思わず落涙....引き込まれた。
20090212-00000577-san-ent-view-000.jpg
その2幕2場と3幕が休憩は挟むものの、構成上つながっており、3幕の序曲でフローラのパーティから客人が退場する(死が最後の一時をヴァレリーに与えるという感じ)のも秀逸。

ただ、黒塗りになっていない脇役の男爵、フローラ、ガストン、使者などがオーバーアクションすぎてやや鼻についた。

歌手としては、安藤赴美子が群を抜いて良かった。オーディションで選ばれたというだけあり、とにかく役を自分のものにしていること、相当の練習を積んだと思われる。一幕目の高音部が不安定だったり、声量と息の長さに物足りなさを感じたりすることもあったが、中音部での表現力と高音のピアニシモの美しさはそれを補ってあまりある。他は?アンニーナの磯路美樹を除いてはムムム....であった。

アッレマンディの指揮は評価がわかれそうだが、ジュリーニを思わせるゆっくりな序曲と、その後のリズム感を重んじたテンポの速い曲の流れは、全体としては、曲作りをしているというよりは、オペラの劇の効果音を作っていたように感じた。セリフの無い部分は、正統派っぽくバイオリンを中心に弦を鳴らすが、多くの部分では、低音と高音、特にティンパニ、コントラバス、ピッコロが非常に前に出てくる感じを受けた。(これは、当日私が座っていた席が文化会館の2階L1扉という前の端だったためもあるかもしれないが。)なんか、BOSEのスピーカーを聞いているような感じではあり、1幕目は耳障りな感じがしたが、しだいにその意図がわかり始めてからは気にならなくなった。結論としては、けっこう気に入った。ただ、CDにして改めて聞くような演奏ではないような気がする。

全体としてはひさしぶりに、僕の一番好きなオペラの演目、ラ・トラヴィアータに雑念なくのめり込めた感じ。満足感高かった。

そう言えば、7月からはじまるサンタフェ・オペラのシーズンは、ナタリー・デセイの新プログラムのラ・トラヴィアータである。行きたい....... 宮本亜門はこのサンタフェ・オペラの一演目も演出するようだ。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/121-94241672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad