プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ボニー・ボウデンのこと

ボニー・ボウデン(Bonnie Bowden)と聞いて、すぐにピンと来る人は、相当なボサノバ・フリークですね。 セルジオメンデスの70年代のグループ Brasil'77で、メンデスの現夫人のグラシーニャ・レポラーセと一緒に二人組の女性ボーカルだった女性です。

メンデスの率いるグループにはBrasil 66から今に至るまで二人かそれ以上の女性ボーカルがいますが、必ずメインとサブ。それもメインのボーカルの実力が飛び抜けて歌が上手(66の後半のラニ・ホールとカレン・フィリップスの比較を出すまでもなく)なんですが、レポラーセとボウデンの時は前者がメインとは言うものの、ボニー・ボウデンも非常に声が良く、Jazzっぽい曲は彼女のほうがうまかったのです。

ですから、あの頃のアルバムはリードも半分づつくらいです。

特にLove Musicのボニー・ボウデンのリードボーカルは良かった! 秋川リサに似たファニーフェイス。僕は大ファンで、プラチナチケットを入手して、六本木のサンバクラブで目の前3mくらいのところで彼女の声を聞いたこともあります。

brasil77.jpg

紫のドレスがボウデン、黄色がレポラーセです。

で、この前、彼女は今どうしているのだろう。。と思ってサイト検索をかけたところ、ありました。

http://www.bonniebowden.com/

なんと今はロサンジェルスを中心に、Jazzとオペラ(!!)をやっているのだと。。確かに声が良かったものね。ホームページのタイトルも"ボニー・ボウデン、リリック・コロラトゥーラ・ソプラノ”となっています。

そして、いくつか彼女のCDの紹介や、試聴もできるのですが、そこにはなんと”O Mio Babbino Caro(私のおとうさん)”が。。これ、プッチーニのジャンニスキッキの中の名曲です。僕の大好きなアリアです。

ボサノバからオペラへ。。華麗なる転身。おまけにJazzも。僕は聞くだけだけど、同じだぞー。一度LAへ言った時にライブかなんかに行って見たいものです。

しかも、彼女は今も昔と変わらない容姿で美しい。相棒とは随分違います。

ちなみに、もう一人「今はどうしているのか?」と思って探した大好きだったもう一人の歌手。ペドロ&カプリシャスの初代ボーカル、前野曜子。なんと88年に39才の若さで亡くなっていました。

YouTubeで彼女の"別れの朝”を聞きました。





関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/128-d9ab8ea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad