プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

白鳥の湖 新国立

このところバレエ観劇がオペラを上回っています。何故か? 単純にオペラのめぼしい公演が無い! それに尽きます。 やっぱり不景気なんでしょうね。スポンサーが付かないようです。

で、比較的コストの安いバレエ公演が目立つというもの。それにしても去年までは、オペラにしろバレエにしろ公演に行くと電話帳くらいの厚さのパンフレットの束をビニール袋に入れてもらったのが、今や週刊誌の厚さも無いほどです。これはエコのせいもあるのか?

ともあれ、今日の「白鳥の湖」、2月の「ライモンダ」と6月の「コッペリア」と3枚セット券を買ったのだけど、実はコッペリアのタマラ・ロホとホセ・カレーニョが見たくて買ったので、あとの2つはさほど行きたかったというわけではなかったのです。

とは言え、バレエは心の薬。精神がリラックスします。できれば日曜にわざわざ新宿まで出ていかなくても(当方住まいは湘南)、平日の夜7時くらいからのほうが良いのですが。。

今回の新国立のの白鳥の湖、4キャストで公演していますが、今日はオーロラがソリストの真忠久美子、ジークフリートも同じくソリストの富川祐樹。二人とも初めて見ます。本島美和が小さい白鳥をやっていたり、川村真樹も大きい白鳥をやっていたり、廻りのほうが格上が固めていました。

真忠は、やや緊張気味、特に最初は動きがぎこちない感じ。黒鳥のパドドゥあたりからほぐれて来ますが、それでも表現力を出すというところまで余裕が無い感じがしました。富川はジャンプ力もあり、回転も芯がぶれず、品格もあって王子キャラクターなのですが、いかにも背が低い。170cm無いと思います。腕力も無さそうですので、オーロラを持ち上げるのも大変という感じ。

バレエの場合、どんな公演でもとにかくやたらブラボーの嵐(ブラヴァもブラヴィも無く)なんで、バレエ完全素人の僕としては評価しにくいのですが、正直主演の二人は今ひとつという感じを受けました。バレエを良く知っている方の評価を見てみたいと思っています。
kouen2.jpg

ただ、群舞はいつもながら素晴らしかったです。新国立バレエ団、良くこんなに背丈の揃った美女が集まっているものだと思いますが、動きも綺麗にそろってます。群舞だったら、オペラ座も全くかなわない。

来月はいよいよタマラ・ロホのコッペリア!怪我しないで来日してほしいもの。切符を見たら最前列の真ん中! 双眼鏡はいらなそうです。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/132-6fefeb79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad