プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

カルメン 佐渡裕 プロデュース

summary_stage01.jpg

ただ今カルメン観劇より帰還。な~んか満員電車で祭日(今日は海の日)のディズニーランドから帰って来たような疲れがあります。いや、オペラが非常に不出来というわけではないのですが、下記の要素がそのような感じを僕に与えたのだと思います。

1.文化会館の席が悪かった。3階R4-1は斜めに前の観客を縫って舞台を見ることになり、これで既に疲労。もうちょっと良い席取れば良かった。

2.ジャン=ルイ・マルティノーティの演出は、その意図は良くわかるのだが、とにかくただでさえ狭い文化会館の舞台の3/4くらいを、立派(すぎる)な舞台装置に使ってしまい、ステージは大勢の出演者が肩がぶつかるような混み具合。朝の田園都市線みたい。 おまけに蚊帳のような薄い幕を多用して背景を切り替えるので、見ていて疲れる。全体にミュージカルを意識していると言うことだが、まったく日生劇場のミュージカルに、規定の倍の出演者を詰め込んだみたいでした。狭い舞台をより狭く使うというのは、2月のトラヴィアータもそんな感じで、二期会の最近の方針?

3.佐渡裕の指揮、、、指揮、音楽については、あまり断定的なことを言えるほどカルメンを聴きこんでいるわけではないのですが、なんか今日の演奏はドンシャリスピーカー的にド派手すぎてやや聴いていて疲れました。しかも盛り上がるところではテンポがちょっと速すぎるのではないでしょうか? 3-4幕では、木管や合唱が遅れる場面が目立ちました。

ですが、歌手のほうはとても良かったのです。特に、佐野 成宏のドン・ホセは素晴らしい!ヴェルディ、プッチーニしか聴いた事無かったのですが、ビゼーの繊細な音楽性と、悩めるドン・ホセを素晴らしい声で表現していました。圧巻です。

カルメンにしてはやや可愛らしすぎる林美智子。かなりメイクで "カルメン”になっていましたし、演出もむしろ彼女の可愛さを出すようにしていたので、思ったより違和感はありませんでした。いつもとはちょっと違う声の出し方で凄みもあり、また媚びるような甘さも良くでていて、新しい林美智子を聴いたような気がします。ただ、演技もかなりハードなものを要求されていて、ステージ上を寝転びながら歌ったりして大変そうでした。4幕目で、衣裳がちょっと東洋風になりましたが、これは2月の「ダイドーとイニーアス」のダイドー役の時の衣裳みたいでした。6月の「チェネレントラ」のカサロヴァと、今日の林美智子と役を入れ替えたらどうかなぁ、、などと、ちょっと思ってしまいまいした。怖いシンデレラと、可愛いカルメンですから。。

ミカエラの安藤 赴美子も非常に良かったです。2月の「ラ・トラヴィアータ」のタイトルロールも素晴らしかったので、当然でしょう。出番が少なくてちょっと残念なくらい。

あと、演出は全体にグランドペラのレチタティーヴォ版よりも、オリジナルのオペラコミック版に近くしてあるとありましたが、長いフランス語のセリフを一番駆使する佐野 成宏さん、フランス語がちょっとは解る家内に言わせると素晴らしい発音だそうです。歌もセリフも良くて「ドン・ホセのカルメンね!」という感想。全く同感です。しかし、よくまあ覚えたなというくらい長いセリフばかりでした。

しかし、この長いセリフの後に、佐渡指揮のドカーンという音楽が来るのが(これも演出のようです)、やや疲れを増やしました。カルメンというとプルートルの若い頃のしかCDで持っていないので、あまりにも違うのでそう感じるのでしょうか? 個人的にはレチタティーヴォ版のほうが好きだなあ。

さて、これから9月のスカラ座来日までオペラ観劇の予定がありません。スカラ座はアイーダは取りましたが、ドン・カルロは抽選待ち。8月は、今のところ世界バレエのBプロしか取れていません。タマラ・ロホの白鳥の湖でグラン・フェッテ見たいのですが、切符はオークションではりこまないと取れそうにありませんね。

ボックスもののCDを色々と買ったので、8月はそれを聴くとします。その感想はまた次ぎのブログで。。




関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/140-34ee4c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad