プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

新国立"オテロ”

新国立の今シーズンの初日、オテロに行ってきました。なかなかの満足感。

デズデーモナ役がノルマ・ファンティーニからタマール・イヴェーリに代わったとこのこと。この代役のソプラノが非常に良かった。1幕目はややゴージャスなロシアっぽい声だったが、歌い込むに連れて気品のある清らかなデズデーモナという感じになり、ピアニシモの声が素敵。

特に第4幕は”アヴェマリア”を中心に彼女の独壇場。

オテロ役のステファン・グールド、どっかで見た名前なのだが思い出せない。

歌い出しはヴァリトンではないかと思う重さがあり、高音も重い。決して聞きにくいわけではないが、ヴェルディっぽさがない。履歴を見ると、ワーグナー、やフィデリオが多いようで、やや声の質が違うのではないかという気がした。オテロと言えばスカラ座では、初演の時のタマーニョのイメージを継承し続けているという事で、デルモナコ、ドミンゴもそのイメージのようだが、今回のグールドはどうもそのイメージの声ではなかったことは確か。

しかし、感情の表現はなかなか素晴らしいので、グールドのオテロとして聞けば決して悪くない。
ピクチャ 1 1


イアーゴ役のルチオ・ガッロは以前新国立でドン・ジョヴァンニのタイトルロールで出て、素晴らしかった。残念ながらヴェルディ・バリトンとしては明るすぎる感じで、イアーゴも善人に聞こえるが、原作からするとそれで良いのかもしれない。レチタティーヴォで、音が決まらないところがあったのも残念。

カーテンコールではデズデーモナとイアーゴへの拍手とブラボーが多く、オテロへは少なかったが、それほどグールドが悪くてガッロと差があったとは思えない。

フリッツァの指揮は、一幕目最初の嵐の音楽の9つの和音の集合のところ、いくらなんでも音が大きすぎてホール内で割れたようになってしまっていた。(こちらの鼓膜が悪いのか?)2003年に来日したスカラ座のムーティーの指揮が脳裏に残っているが、同じ大音量でも、金管の音がはっきりとひとつひとつ浮かんで聞こえるようだった。今回、このスタートのハウリング(?!)でやや冷や水浴びさせられた感じあり。

その後は、特におかしな点はなく、金管、木管のソロなどは非常にきれいに鳴っていた。

特筆すべきはマルトーネの演出。まず舞台の奥行きを充分に使い、水を張った運河の真ん中にある塔の使い方が素晴らしい。前面を向いた建て込みが少なく手前客席を海に、奥を空に見立てた舞台は、キリコの絵のように現実と非現実が混じり合った世界になっていた。

その舞台で、オテロの妄想をデズデーモナとカッシオが演じて見せるのは、非常に絵画的で美しかった。ま、これは見る人によって評価は分かれるかもしれないが。

最近、スカラ座のアイーダ、佐渡裕のカルメンと、奥行きの無い平面的でベタッとした舞台を見ていただけに、今回「オペラはこうでなくては!」と思いました。

今回B席で13,000円でしたが、スカラ座の最安席の半分!!ずいぶんと価値があります。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/148-7c85941d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad