プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

メトロポリタンのシモン・ボッカネグラ取りました。

今年もあと1ヶ月ちょっとで終わりだが、どうも年末の観劇プランがプアーである。今のところ決まっているのは次ぎの通り。

2009.11.20 二期会のカプリッチョ
2009.11.23 新国立のヴォツェック
2009.11.29 新国立研修所公演
2009.12.1 バレエ白鳥の湖 マリインスキー劇場

これ以降、1月28日のドニゼッティ劇場来日公演デジレ・ランカトーレ主演の”愛の妙薬”まで空いてしまってます。去年、ハーディング指揮のクリスマスコンサートを取りながら海外に旅行に行ってしまって見られなかったのがトラウマになって、切符が取れない!

でもって、12月は半ばあきらめて、1月にメトロポリタン劇場まで遠征することにしました。METは125周年のシーズンで良い演目ばかりやってます。特にヴェルディには力を入れていて、1月は2演目を並行してやります。シモン・ボッカネグラはドミンゴがタイトルロールをヴァリトンで唄うとのこと。この人はもともとヴァリトンだったはず。シモンは大好きな演目で非常に楽しみ。これと初めて見るスティッフェーリオの2演目を1月18日、19日で取りました。こんなの日本でいくら待っていてもやらないだろうなぁ。

ということで、1月が楽しみになってきました。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/153-f099dd7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad