プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

新国立オペラ研修所公演

「文豪の傑作をうたう」というタイトルの今回の研修所公演も、いつもの公演同様、力の入った見応えのある”掘り出し物”イベントでした。

今回は、”文豪”と言うタイトルから選ばれた作品に、ラフマニノフの「フランチェスカ・ダ・ミリニ」、ブリテン「ビリー・パッド」、マスネ「ドン・キショット」、ヴァイル「マハゴニー市の興亡」、トマ「ハムレット」、ボーイト「メフィストーフェレ」など、名前は聞いていても実際に聴く機会が滅多にない演目が多く、とても楽しめた。

研修所生も第12期になり、なかなかの充実。10期の中ではソプラノの中村真紀の実力が際だっている。今回もメフィストーフェレのマルガリータの鬼気迫る迫力ある唄いは群を抜いていた。特徴のある声のテノールの糸賀修平、ヴェルディテノールにぴったりだが、まだ声自体がナマな感じがする。僕の好みの声なのでこれからに期待したい。

11期は粒ぞろい。今日はメゾの塩崎めぐみが、「マハゴニー市」で好演!演技も素晴らしいものだった。

12期ではバスの後藤春馬が味のある深い声で、これもこれからに期待できる。バリトンの西村圭市も歌と演技で、ドン・キショットのサンチョ・パンサ役でユーモラスな味を出して実に好演だった。

休憩を入れて2時間40分、前から2列目の席で見ることができてチケット代¥1,500-というのは、本当にvalue for money。なかなか至福の時でした。次の研修所公演はヴェルディの「ファルスタッフ」これも楽しみ!!
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/156-cefcf30f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad