プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティッフェーリオ at MET

MET125周年記念公演のうち、今回選んだもうひとつのプログラムがヴェルディの佳作というか超佳作”スティッフェーリオ”、これは日本でいくら待っていても生きているうちに上演されるかどうか......

ヴェルディの作品としては14番目、マクベスやルイーザ・ミラーより後、リゴレットや椿姫などより前という中期の作品になる。

が、序曲だけを聴くと第一作の”オベルト”にも似た響きがあり、ものすごく初期の作品ような気がしてしまう。スタッカートで刻まれたところなどは、ちょっと拍子抜けする感じ。ルイーザ・ミラーなどの盛り上がる感じが全くない、素っ気無い序曲だ。

今回、指揮は、前日にシモン・ボッカネグラでタイトルロールを唄ったプラシド・ドミンゴ。タイトル・ロールのテノールは、一時、アラーニャと並んで新3大テノールの一角と言われるホセ・クーラだった。妻を寝取られる苦悩する牧師の役だが、とにかく声は素晴らしい。表現力もなかなかなものだが、最後のどんでん返しで妻を許す講話の場面、舞台が横向きになっているためか、いまひとつせっかくのラストシーンが映えなかった感がある。

リーナのジュリアーナ・ディ・ジャコモ、スタンカーのアンドレイ・ドバーの3人とも、素晴らしい歌唱力で、一幕目からオペラをグイグイと引っ張っていく感じ。老牧師ヨルグ役のフィリップ・エンは、やや若々しすぎるが、演技力で全体を押さえている。

曲自体も通しでは初めて聞いたのだが、ドミンゴの指揮は決して悪くなかった。オーケストラを大きく鳴らすことなく、緻密に音楽を作り上げていた感じ。

それにしてもドミンゴに対する拍手は凄いもので、指揮者単独のカーテンコールがあった。
P1010276.jpg


P1010279.jpg

しかし、序曲の淡泊さを除けば、非常に緊張感が高く、最後にあっと思わせるどんでん返しもあるこの作品、カソリックの国では、”牧師の妻が浮気して離婚云々”というのは受け入れられがたいテーマだとは思うが、ヴェルディの作品の中でもう少しは多く上演されて良いのではないかと思った。




関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/169-fa250313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。