プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

神々の黄昏 at 新国立

2年に渡った第2回目のトーキョーリングもいよいよ最終の「神々の黄昏」。前回(2004?)の時に、「神々の黄昏」だけは見ていたので、何となく予習しなくても良い授業を受ける感じ。

今回はなんと言ってもブリュンヒルデ役のイレーネ・テオリンが圧巻でした。迫力ありますね。第3幕でみんながガヤガヤという感じで歌っているところに登場すると、ビシッとしまりました。ジークフリートのクリスティアン・フランツは第2夜の””ジークフリートに続いての登板。前回はやや不安定なところがありましたが、今回はなかなか良かったのではないでしょうか?

期待はずれだったのが、ハーゲンのダニエル・スメギ。つぶしたような声の割には凄みがなく、一本調子で浄瑠璃でも聞かせれている感じ。これは2004年の時の長谷川顕のほうがダントツに良かったです。何もこのレベルの人を海外から呼んでこなくても、、という気がしました。

ヴァルトラウテのカティア・リッティングも同様で、ブリュンヒルデを引き留めようという迫力がありません。これも藤村実保子の時が非常に良かったので、”落ち”具合が目立ちました。

反対にノルンは3人ともとても良かったと思います。ソプラノ、メゾというのはやや音が高いかなと思いましたが、そう感じさせませんでした。

「神々の黄昏」は4つのリングの中で最も長く、休憩入れて6時間15分。お尻が痛くなります。もっとも、同じ日にさいたま芸術劇場で行われていた「ヘンリー6世」は8時間10分!とのこと。アメリカ西海岸までのフライトタイムですね。
「神々の黄昏」の舞台は4つの編の中で最もシンプルですが、記号性が強く詩的なイメージを出していて好きです。2幕目の後半あたりからは、かなり感動です。ただ、当方トールキンの”ロード・オブ・ザ・リング”の大ファンでもあるので、指環をラインに戻すあたり、どうもイメージがダブってしまいます。

指揮のダン・エッティンガー、今日はすごい拍手が起きていましたが、ブーも入ってました。正直この演目、聞き込んでいるわけではないので、何とも言い難いのですが、歌のほうがブリュンヒルデを中心にそこそこまとまって締まっていたのに対し、金管を中心としたオーケストラが、なんかバラけるというか、ボワーとしているというか、締まらないような気がしました。ジークフリートの葬送行進曲の時は非常に盛り上がっていて、ここは締まっていたので良かったかな?

ところで、1幕目のジークフリートの家で、前回のリングの時はジークフリートがスーパーマンのTシャツを着ていましたが、今回はブリュンヒルデが着ていました。ただ、サイズがなかっただけか? それとも今回の方が、ブリュンヒルデが強いとか、6年の間にはTシャツは取っ替えひっ替え着るようになったとかいう、演出上のジョークがはいっていたのでしょうか?

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/175-566de597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad