プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デセイのトラヴィアータ

トリノ王立歌劇場の"ラ・トラヴィアータ”に行ってきました。

ナタリー・デセイの大ファンで、トラヴィアータにも目がない僕としては、1回の観劇だけでは足りないと思い、2日間のチケットを取ったのですが、23日の初日はS席(前から6列目の真ん中!)をとったにもかかわらず、どうしてもやむを得ない突発的事情が発生して、行けませんでした。(涙)家内だけ1幕目の途中から見られたとのこと。

気を取り直して29日、これはグッとランクが落ちてD席5階の天井桟敷でしたが、双眼鏡持って見に行きました。


ヴィオレッタ … ナタリー・ドゥセ
アルフレード … マシュー・ポレンザーニ
ジェルモン … ロラン・ナウリ
フローラ … ガブリエッラ・スボルジ
アンニーナ … バルバラ・バルニェージ
ガストン子爵 … エンリーコ・イヴィッリャ
ドゥフォール男爵 … ドナート・ディ・ジョイア
ドビニー侯爵 … マリオ・ベッラノーヴァ
医師グランヴィル … マッティア・デンティ
ジュゼッペ … サビーノ・ガイタ
フローラの使用人 … マルコ・スポルテッリ
伝令 … トルコ・トニョッツィ

トリノ王立劇場管弦楽団合唱団
指揮…ジャナンドレア・ノセダ

デセイはこの日、高音でまれに喉にひっかかるような声が出ていましたが、全体としては素晴らしい出来。細かいところまで気を抜かない歌唱と、デセイならではの演技に魅了されました。ジェルモン役のナウリ(デセイの実の夫)も長身なこともあり、立派な威厳のあるジェルモン。2幕目のヴィオレッタとの舞台は、緊張感にあふれてこの日一番良かったと思います。

アルフレード役のポレンザーニは、やや線が細いか?特に一幕目の乾杯の歌あたりそのように感じました。ただ、聞いている場所が5階ですから、、1階で聞いたのと比較してみたかったところです。いずれにしろ二幕目以降は声も温まってきた感じでした。

ノセダの指揮、全体を通して見ればとても良いと思うのですが、クライマックスシーンでやや音量が大きすぎて、歌唱を圧倒してしまっている感じがありました。これも5階のせいか?それと2幕目の最初のあたりでジェルモンの唄うスピードに演奏が遅れている箇所がありました。

甲乙つけ難かったのが、ローラン・ペリの演出。一幕目序曲のところでヴィオレッタの棺の行列が舞台を横切るという意図はわかるのですが、トラヴィアータの序曲は今回のようにゆっくり演奏しても3分弱。全くただの行列という感じで、ヴィオレッタの行き着く先を暗示するというところまでは感じられませんでした。

舞台は数多くの大きな立方体を使って構成されているのですが、立方体が多すぎて、出演者の動きに制限が出てしまっていました。特に後半のフローラのパーティなどは、舞台に大勢いるのですが、ほとんんどずっと直立したまま。

これも5階から見ると鳥瞰的に見るために余計気になるのかもしれません。前のほうの歌手は動いているので。

というわけで無駄になったS席チケットが恨めしい結果になりましたが、デセイの出来には満足。デセイに始まりデセイに終わる(最後のシーンもヴィオレッタ1人だけで倒れる)という感じが強かったですが。。P1010549.jpg





関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/180-c75e11a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。