プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ボリショイ&マリインスキー・合同バレエガラ

10日26日に、ひさびさにバレエ観劇に行ってきました。いやぁホントひさしぶり。2月の”ルグリの新しい世界”以来です。

やっぱり、バレエはいいですね。気分が高揚する。元気になる。オペラみたいに、小難しいことを考えずに楽しめる。(ま、それはこちらがド素人ということもあるからだと思うのですが)

3時間40分3部構成の長丁場でしたが、楽しみました。
flyer.jpg

キャストも豪華。何と言っても、一昨年のボリショイバレエ来日「明るい小川」に出ていたナターリヤ・オーシポワが来たのが嬉しい。正直ファンです。

それから、ウリヤーナ・ロパートキナ、ガリーヤ・ステパネンコ、イーゴリ・コルプなどなど。。くらいしか名前しらないんですが。

オーシポワの相手役のイワン・ワシリーエフは海賊のパ・ド・ドゥとドン・キホーテのパ・ド・ドゥで、ものすごいジャンプしていました。

たまたま、前日のNHK特集で、吉田都の引退までの数ヶ月のドキュメンタリーをやってましたが、バレエ・ダンサーというのはストイックな生活をしていますね。体の維持だけでも大変なものです。

オペラの歌手なら多少太ってもどうってことないけどね。吉田都もですが、ギエムみたいに40代になってもガンガン踊っている人はすごいと思います。好きなダンサーは旬のうちに見ておかないと........

今年の観劇で予約してあるのは、あと2つだけ。新国立の「アンドレア・シェニエ」と「トリスタンとイゾルデ」です。クリスマスのころに何かオーケストラでも聴きたいなぁ。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/184-269ba4ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad