プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

イル・トロヴァトーレ

昨晩の新国立の"イル・トロヴァトーレ”は満足!終わってからも興奮さめやりませんでした。

まず、大拍手を送りたいのは、合唱。三澤さんにブラボーです。二幕目の「ジプシーの鍛冶屋の合唱」をはじめ、実に迫力があり美しい合唱が聴けました。先月から今月にかけてのボローニャ、バイエルンとも合唱が今ひとつピリッとしていなかったので、すっきりした感じ。まあ、ヴェルディのこの作品はナブッコなどと並んで、合唱がしまらないとどうしようもないですが。

レオノーラ  :タマール・イヴェーリ
マンリーコ  :ヴァルテル・フラッカーロ
ルーナ伯爵  :ヴィットリオ・ヴィテッリ
アズチェーナ :アンドレア・ウルブリッヒ
フェルランド :妻屋 秀和

タマール・イヴェーリは、急遽登板の代役だったらしいが、素晴らしい出来でした。4幕目でマンリーコへの思いを唄うアリア、同じくルーナ伯爵との2重唱は、グッと来ました。リリックな声で若いときのグルヴェローヴァみたい。この人は、2009年の新国立のオテロでデスモデナをやっていて、この時も素晴らしかったです。できれば毎年来て欲しい。

マンリーコのフラッカーロも上出来。けっこう難しい歌もうまく歌いこなしていました。3幕目の「レオノーラを助けに行くぞ」というアリアの最後のハイC(多分)は盛り上がりました。拍手喝采。

ルーナ伯爵のヴィットリオ・ヴィッテリも悪くなかったのですが、個人的には、ヴェルディバリトンとしては、もう少し高音に艶がほしいところ、3幕目までは高音に上がっていくところに段付きがありましたが、4幕目は素晴らしいできでした。

アズチェーナのアンドレア・ウルブリッヒも、おどろおどろしさが出ていて良かったのですが、私が持っているDVD(帰って来て探したのだが見つからない)が、たしかコッソットがやっていて、これが山姥のような迫力だったので、どうもやや軽く感じました。

ピエトロ・リッツォ指揮の音楽は、なかなか締まったヴェルディを聴かせてくれました。かと言ってドイツ風、オーストリア風にはなっていなくて、あくまでイタリア。途中のズンパッパも調子良く入り、堪能しました。

それにしても、制作時期的に近いとは言え、トラヴィアータやリゴレットと似たフレーズが多いなあ。

演出は、好き嫌いの出るところだと思います。最初から最後まで舞台を動き回る死に神は、ハリーポッターの吸魂鬼みたいでしたが、僕はまあいいんじゃないかと思います。ただ、最後にバックが真っ赤になって、大きな顔が出てくるのは、良くわからなかった。

ともあれ、今回の”イル・トロヴァトーレ”は今年見たオペラの中でも、出色の出来だったと思います。ブラヴィ!

ところで、そう言いながら一幕目は、また寝てしまいました。となりの家内に「良く寝ていたね」と言われました。何故でしょうか、一幕目は寝てしまうことが多い。オペラは寝ても追突しないからいいけど。。。。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/192-1b04b0b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad