プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

バルバラ・フリットリ リサイタル atオペラシティ

26日、バルバラ・フリットリをオペラシティに聴きに行きました。やっぱり素晴らしかった。2006年にムーティーと来日した時のレクイエム、2008年にサンフランシスコまで見に行ったシモン・ボッカネグラ、に続き、生で彼女を聴くのは3回目でしたが、オペラ・シティという小さいホールこともあって、歌手に近い席で、彼女の歌い方の細やかな点まで堪能できました。

リヒャルト・ストラウスの”4つの最後の歌”は、他の歌手が歌うのとは違い、情熱的、イタリア的。中音から高音にかけて、いくつもの歌唱法を駆使して、表現豊かに盛り上げます。リートと言うより、ヴェルディ歌曲という感じです。いつもルネ・フレミングのCDで聴いていますが、全然違う歌い方。神がかっています。感動しました。

ヴェルディは3曲、”イル・トロヴァトーレ”、”シモン”、”運命の力”のアリア、ロマンツァでしたが、これらも本当に素晴らしい。知性的に押さえた高音が、最後に解き放たれて響きわたる、まるで教会音楽のような音の展開。そして、アジリタの素晴らしさ。又さっきも言いましたが、中音の表現力のバリエーションが色彩が変わるように美しい。メゾソプラノも充分カバーする音域を表現します。

そして、アンコールは、トゥーラン・ドットのリュウのアリア。もちろん素晴らしかったですが、本当は当日やらなかったヴェルディの"アロルド”のミーナのアリアが聴きたかったです。

それにしても、昨年のMET来日の際に、ドン・カルロのエリザベッタをやるはずが、スポンサーの機嫌を取るために(あくまで私見)、ラ・ボエームのミミに回したのは悔しい。本人もブログでエリザベッタをやりたかったと言っていました。せっかくとったチケットも魅力半減で、いつかリベンジしたいものです。

この日、もうひとつ感動的だったのは、イタリア人指揮者のカルロ・テナン。まさにヴェルディ的な、メリハリのついた、素晴らしい演奏を聴かせてくれました。特に、「運命の力」の序曲は思わずブラボー! 昨年のフィレンツェ歌劇場のメータの指揮よりも、洗練はされていないけど、イタリアっぽくて、ワクワク感に溢れていました。また、東京フィルのクラリネットが良かったです。

これだけの、パフォーマンスを堪能して、チケット(下の方のランクですが)\4,000-です。オペラ・シティがんばっています。一昨年暮れにはレオ・ヌッチのリサイタルもやったし。ナタリー・デセイもやったし。こういうホールを応援したいですね。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/197-0a8e948b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad