プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ドン・ジョヴァンニ at 新国立

先月、今回のカバー歌手の演奏会方式のリサイタルを聴いたし、ドン・ジョヴァンニも何回か見たし、と思い、チケットを取っていませんでした。ところが19日初日の評判があまりに良いので、急遽電話してチケット取りました。金曜日のソアレ、B席に2枚残っていました。なかなか良い席でした。

とにかく、タイトルロールのマリウシュ・クヴィエチェンが素晴らしい。出だしのレチタティーヴォから他の歌手と格が違います。今まで、ジル・カシュマイユのジョヴァンニが一番と思っていましたが、クヴィエチェンがトップになりました。名前がもう少し覚えやすいといいんですが。かならず噛みます。さすがにMETでジョヴァンニを歌っただけのことはある、という感じですね。

ドンナ・アンナのアガ・ミコライも、ゴージャスで素晴らしい声。エル・ヴィーラのニコラ・キャンベルが、とても清楚でちょっとおとなしめだったのですが、配役逆のほうが良かったのでは、と思いました。日本人では、いつもながらバスの妻屋さんの騎士長が素晴らしい。晩餐の場面、非常に充実していて感動しました。

ちょっと勘弁というのは、オッターヴィオのダニール・シュトーダ。ただ一人のテノールがこれほど不出来というか、もともとダメなんでしょうね、こんな歌手を招聘するなんてなぁ。カバーの鈴木准さんの方がよっぽど良いと思います。

とは言え、あまりのクヴィエチェンの良さで、登場すると耳が釘付け。2回聴きに行く方も多いようで、僕も明日の公演行きたいと考えてます。

こういう人が、新国立に年に1回とは言わないけど、2年に1回くらい来てくれるといいんだけどなぁ。

ところで余談ですが、今回、アトレ会員での前売りは間に合わなかったので、アメックスでチケットを直接取りました。そしたらドリンク券がついてきました。シャンパンも飲めるチケットです。車だったので、ジュースにしましたが、前日にチケット取って、こんなおまけが付いてくるのは、得した気分です。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/210-9cad0075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad