プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

今年後半の観劇予定

ロサンジェルスにいます。昨日まで仕事でラスベガスのライセンスショーというのに行ってました。泊まったホテルがルクソールという、ピラミッドの形をしたホテルで、巨大なスフィンクスはあるは、ホテル内に宮殿はあるは、でこれは"アイーダ”の舞台にしたら最高ではないかと思いますが、ラスベガスにはオペラはありません。代わりに、セリーヌ・ディオンとサンタナがショーをやっていました。毎年、行くのですが、ギャンブルにも興味の無い僕にとっては、最悪のリゾートですね。

ロサンジェルスオペラも、もうシーズン終了ということで今回の旅行では、オペラチックなことは何もなし。

僕は、毎年オペラのシーズン・オフの7.8月は、バレエの公演やJAZZを聴きに行きます。今年は、3年に1回の世界バレエフェスティバル。色々なダンサーが出るプロダクションにはAとB、それにGALAがあり、GALAはほとんど切符を取るのは不可能です。取りあえずBプロだけ取ったら、友人からAプロの切符も譲ってもらえることになりました。

バレエはについてはあまり良くわかっていないのですが、上手い下手は、見てすぐにわかります。今回は、パリオペラ座のエトワール(最高峰のクラス)オレリー・デュポンと一昨年でオペラ座を引退したマニュエル・ルグリが、一緒に踊るのが何よりの楽しみ。また、ボリショイバレエのオシポワという若いダンサーもご贔屓です。

そして、全幕物では、ドン・キホーテも切符取りました。これは、タマラ・ロホという超絶技巧を持ったダンサーが踊ります。彼女のドン・キホーテは2回目ですが、すごいですよ。

バレエのダンサーはやはり40歳くらいでリタイア(オペラ座の定年は42歳)するので、見られるときに見ておかないと、だめなんです。体のシェイプを保つ、怪我のリスクなど、オペラ歌手よりもストイックな生活を強いられていますね。

あとは、ちょっと先になりますが、11月2日に新国立でバレエ、シルヴィアを見ます。シルヴィアは、コッペリアと並ぶ一連の作品ですが、コッペリアほどは上演されません。踊りも良いのですが、作曲が両方ともレオ・ドリーブ、フランスの作曲家で、オペラ"ラクメ”の作曲家です。花の二重唱は良く知られていますよね。

非常に才能のあった作曲家で、チャイコフスキーがコッペリアを見て、"バレエ音楽はこうでなくては”と感心したという逸話もありますが、どうもあまり勤勉な人ではなかったのか、あるいは音楽学校の先生になって、生活が安定してしまったかで、この3作品くらいしか残っています。あと確か、カディスの女というオペラ(?)があるくらい。しかし、バレエはだいたい音楽では評価されませんが、コッペリア、シルヴィアは素晴らしい。

で、オペラの方は、7月の新国立研修所公演の”コジ・ファン・トゥッテ”。研修所公演はとにかく安い。\2,000-です。それで、みんな出演者は必死に練習してくるので、けっこう見られます。何より若い歌手がだんだん有名になっていくのもわかっておもしろい。

9月は藤原の”夢遊病の女"僕の大好きな演目です。あとは、エヴァ・メイのリサイタル。オペラシティでの公演。エヴァ・メイははずれだったことはありません。10月は新国立のピーター・グライムズ、初めて見ます。11月は、レオ・ヌッチが来ます。今年は2回、うまくすればシチリアであと1回、計3回レオ・ヌッチが聞けそうです。もう70歳ですからね。今のうちに聞いておかないと。

その2日前の11月12日は、ナタリー・デセイのランメルモールのルチアの演奏会形式。ただ、最近のデセイの調子はかなり悪いようで、7月のスカラ座のマノンも降板した(代わりにネトレプコが出る)とのことで、心配です。

あとは新国立の、セヴィリアの理髪師を12月で取っています。結局、ウィーン国立歌劇場の来日公演は取っていません。今年はウィーンまで行って2演目見たからいいか、という気分もあります。

やはり、むしろ無理しても11月のシチリアのパレルモとカニーニャのマッシモ歌劇場の二人のフォスカリ(ヌッチ)、椿姫(デヴィーア)に行くほうがいいかと考えています。

ここ、ロサンジェルスでオペラのことを書くのはむなしい感じもしますが、LAオペラもドミンゴが総監督なので、捨てたものではありません。過去にプッチーニの三部作を見ましたが、リチートラの外套は素晴らしかった。この9月にもドミンゴがバリトンで二人のフォスカリをやります。けっこう渋いのをやるんですよ。そして、ジェームス・コンロンというイギリス人(多分)の指揮者がなかなか良いのです。

さて、そろそろ空港に向かう時間です。それでは。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/216-b5056a20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad