プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

アイーダ コンサート形式 at 新国立

今、帰宅しました。公演が終了したのは20時くらいだったのですが、劇場で合流した建築家のS氏夫妻と、アイーダにめぐって熱い話になりました。 ちなみに、僕達の意見のあったのは、カラヤン指揮でテバルディのアイーダがベストということ。

しかし、今日のアイーダ、凄く良かった!無事切符も取れました。C席で4階だったのですが、これには安いという他にも理由が。コンサート形式の場合、通常のオペラとは逆で、オーケストラがピットから出て、ステージ上で歌手の後ろに来ます。こうなると音響が、いつものオペラと全然違って、1階で聞くと、オーケストラが遠いのに、すごく響いて明確に聞こえて、なんかCDで音の処理されたように聞こえるんです。でも高いところで聞くと、それが自然に聞こえます。ただし、真ん中の席を取らないといけません。

ヘー・ホイ、中国の誇るソプラノ(って全然知らなかったんですが)、まさにアイーダそのもの。この前のフォークトがローエングリンそのものとすれば、これに勝るとも劣らない! しかも、今時珍しい、重厚な声質、ドラマティコに近いリリコ・スピント(習ったばかり)ですね。

アイーダを100回歌っているというだけあって、一人楽譜無しでした。高いところまで声は出ますが、けっこうメゾっぽくて、中音の表情が豊かです。そして中音と全く同じ声質で高音の高いところまで出せます。最後、消えていくようなピアニシモにするのが得意なようで、これは美しかった!ブラバ!!が飛び交ってました。

そして、ラメダス役の水口聡、大変な熱演でした。水口というと、明るく華のあるテノールという感じが強かったのですが、今日の水口はラメダスの苦悩をにじませる、素晴らしいヴェルディ・テノールでした。後半、特に良かったと思います。しかし、しょっちゅう、水を飲んでました。エビアンの小さな瓶でしたが、1リットル瓶が必要だったのでは。4幕目では、もう完全に役に入り込んでましたね。はっきり言って、水口さん、こんなに凄い歌手とは思いませんでした。

アムネリスの清水華澄は、期待通り。声質がヘー・ホイとは全く違うので、役のバランスとしても良かったし、迫力ありました。そして、僕の大好きな妻屋秀和さん。今日は変な衣裳も、銀色に塗られることもなく、まっとうな姿でランフィスを歌いましたが、やはり日本の誇るバスですね。締まります。

残念だったのは、アモナズロのユアン・チェンイェが物足りなかった。うまいんです。でもそれだけという感じで、色気というか、悩める父の感情が全然伝わってこない。堀内さんのアモナズロを思い出すと、相当落ちます。

あとは、省略されたところが、けっこうあったような気がします。アイーダトランペットの出番もいやに少なかったし、1幕2場のバレエ音楽がなかったのも、ちょっと物足りない感じ。最初の日中のお偉いさんの、スピーチが長すぎます。あれ、不要。

それでも、この公演、素晴らしかったです。今年は新国立、ドン・ジョヴァンニ、ローエングリンと来て、このアイーダ、ずっと素晴らしいですね。

日曜日の切符まだあるみたいです。是非行ってください。満足すると思います。

で、明日も新国立の研修所公演、コジ・ファン・トゥッテ、そして明後日は、世界バレエ開幕のドン・キホーテと3日間連続観劇です。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/224-02a58f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad