プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ドン・キホーテ by タマラ・ロホ

さて、週末3連続観劇の最終日は、第13回世界バレエの初日、ドン・キホーテです。このブログはオペラの好きな方が多いと思いますし、僕も昨日も書いたようにオペラ75:バレエ25くらの割合で見ていますが、オペラはそれなりに勉強しているものの、バレエは全く見るだけです。とは言え、今回の世界バレエも4演目全部行きますけど。でもって、好きなダンサー(バレリーナ)は、今日のタマラ・ロホとオーレリ・デュポン。オペラで言うと、チェチリア・バルトリとナタリー・デセイにそっくりなタイプの両ダンサーです。

ロホはスペイン人ですが、超絶技巧を使い、回転、バランス静止、ものすごい難しいテクニックを全くなんなくこなします。特に回転のすごさ、軸がぶれない、これはもう他を圧倒しています。かたや、今回は、プログラム公演で2演目を見る、フランスパリオペラ座のエトワール(最高位のダンサー)オーレリ・デュポンは、表現力が素晴らしい。クラシックもモダンもこなし、存在そのものがバレエの表現になるようなダンサーです。

もちろん、他にも素晴らしいダンサーはたくさんいますが、今回の世界バレエ、この二人が僕のお目当てです。IMG_0065.jpg

こういう笑っているロホの写真は珍しいです。

さて、今日のドン・キホーテ、期待通りでした。ロホのドン・キホーテを見るのは2度目ですが、前回はミラノスカラ座バレエ団を引き連れて来たのですが、この群舞や脇役がひどくて、特に男性のダンサーは腹ボテみたいなのもいて、がっくりきました。ロホと相手役のABT(アメリカン・バレー・シアター)のスター、ホセ・カレーニョは素晴らしかったのですが、回りがひどすぎました。

今日は、脇を固めるのは東京バレエ団。最近の日本のバレエのレベルは、非常に高く、脇役にするのももったいないような陣容で、主役二人をアシストしました。見応えありましたね。ロホが演じるキトリの相手、バジルを演じたのは、若手のスティーブン・マックレー。彼はもともと出演予定だったベテランのセルゲイ・ポルーニンに代わって出てきたのですが、その変更に関する主催者の発表が下記の通り。
--------------
※世界バレエフェスティバル全幕特別プロ「ドン・キホーテ」(7/29)に出演を予定しておりましたセルゲイ・ポルーニンは、パートナーのタマラ・ロホとのリハーサル時間の調整ができず、十分なリハーサルが行えないことから、公演への影響を懸念したロホの提案により、全公演を降板することになりました。
ポルーニンに代わり、タマラ・ロホのパートナーとして英国ロイヤル・バレエ団のスティーヴン・マックレーが出演いたします。
---------------

これって、大スターのロホが、長年のパートナーを切り捨てて、一回りも若いパートナーに切り替えたってこと?なんか、そう思えますね。「ロホの提案により」というのが、凄いですね。世界バレエ全公演から下ろされちゃったんです。

ま、そのくらいの実力のあるタマラ・ロホ。今日もピルエット(回転)、アラベスク(?、アティテュード?)(静止)が、超人的で、拍手喝采。それに、スペイン人で黒髪、黒い瞳、これほど、ドン・キホーテのヒロインに似合うバレリーナもいないでしょう。

あまり、長く書きません。このくらいでおしまい。来週日曜は、世界バレエAプログラムです。オーレリ・デュポンの話になると思います。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/226-c5f0f88f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad