プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動のレオ・ヌッチ at オペラシティ

昨日、オペラシティの駐車場に車をつけたのが開演3分前。愛車プジョーをリュックベンソン監督"TAXI"のように、猛烈に飛ばしてきたのだけれど、1曲目の”詩人の祈り”は扉越しに聞くことに......世界初演だったのに......でも2曲目からは、オペラシティの係員のお姉さんが優しく席に誘導してくれました。有り難う!!

今年4月にチューリッヒ歌劇場で「シモン・ボッカネグラ」のタイトルロールを聞いた時、終わりの20分感激で涙が止まりませんでした。指揮のカルロ・リッツィまでが幕じりに下がって、最後はヌッチ一人のカーテンコールが延々と続くのを最前列で見た幸福。それがまた蘇りました。今度は初台で。

70歳のヌッチ、高音の輝きは若いときより薄れたと思いますが、中低音での表現力はまだまだ進化していると思います。今日、ヌッチの過去のCDを聞いて改めてそう思いました。ヌッチは進化を続けています。70歳にしてまだ新しいヌッチが現れてくる!!


とは言え、最初の部分では、やや中低音が不安定な感じがあり心配しましたが、2部のロドリーゴの「私は死ぬ」のあたりから素晴らしくなりました。エンジン全開。ロドリーゴのこれ、確かに歌いましたよね。プログラム(席に忘れてきてしまった)では、イル・トロヴァトーレの「君の微笑み」になっていたと思いますが。いつも車の中で聞いているので、曲は覚えていても曲の題名覚えてないんです。(シャッフルにするからなお良く無いね)ポーザ候が死んでいくところですよね。これはもう涙なくしては聞けないアリアですね。フォスカリも良かった。良すぎた。困る。だって、本当は11月28日に、シチリアパレルモのマッシモ劇場まで行って、ヌッチの「二人のフォスカリ」見る予定だったんです。事情があり行けなくなってしまった。あー、、、、でもヌッチのフォスカリ、全編聞きたいです。仮面もエルナーニも良かった。この人は、小さな声でも(バリトンのピアニシモって言えるのでしょうか?)音を上げていっても、絶対に音程がぶれることがない。豪快に歌いあげるけど、緻密で正確なのです。それが、ルーチョ・ガッロなどと全然違う。(ガッロも大好きですが)安心して、身をゆだねてヌッチの歌の世界に入っていけるのです。シモン・ボッカネグラだって、ヌッチでないと泣けない。他の歌手では、そこまで身も心も歌手に託せないのです。
thIMG_0090.jpg

だから、音大の生徒やプロの歌手もたくさん聴きに来ているのです。実際、来月、新国立にセヴィリアのバルトロを歌うブルーノ・プラティコさんも来ていたそうですし、若手バリトンの大貫志朗さんも来ていてご紹介頂きました。(イケメン!)エルナーニを聴きながら、ヌッチは歌手であり、また、ヴェルディの語り部だなとつくづく思いました。イタリア語は少ししかわかりませんが、ヴェルディと同じバリトンの声で、ヴェルディの大切にした、平和、愛(プッチーニの愛ではない)、名誉、などを伝えてくるのです。あの人柄で。。。

thIMG_0094.jpg

アンコールが5曲!連続です。それも、いきなりリゴレットの「悪魔め、鬼め」ですよ。こんなのアンコールで歌わないでしょ。ソプラノが夢遊病のフィナーレのアリアをアンコールで歌うようなものです。すごいパワー。聞くところによると自転車で鍛えているそうです。そして、アンコールでイル・トロヴァトーレも歌いました。もう大満足。聴衆全員スタンディング・オベーション。ヌッチの周りにはステージ下に人が集まり、握手攻め、中には、ヌッチに腰を下ろしてもらって写真を撮っている人までいました。人を魅了しますね。僕もiPadで写真とっていたら係の女性が来ましたが、ステージ前で写真撮りまくられているヌッチを見て、笑いながら、「えー、ちょっと..」っとだけ言って戻りました。やっぱりオペラシティのスタッフ大好き!

ヌッチは自分のヴェルディイヤーは日本で始まり(今回のツァー)日本で終わる(来年のスカラ座来日のリゴレット)と言っています。彼は日本大好きなんですよ。僕も去年から今年にかけて”最盛期”のヌッチを3度も聴けて幸せです。

レオ・ヌッチ、日本なら人間国宝ですよね。それにしても、東京で月曜にゲルギエフ指揮でデセイが、水曜日にヌッチが聴ける、それも大きすぎないホールで。けっこう贅沢な街です。
それと、東京プロムジカ、このところ素晴らしい企画ばかりやりますねー。今日、なくしたプログラムを購入する電話をしたついでに、会員になりました。がんばれー。





関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/257-ac060808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。