プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ザルツブルグ音楽祭、ゲルギエフの”春の祭典”

今回のザルツブルグ音楽祭、唯一のバレエが、ストラヴィンスキーの「春の祭典」、「火の鳥」、「結婚」の三部作。音楽祭のテーマの"自己犠牲”は「春の祭典」がそのコンセプトをカバーしますが、あとの2つのプログラムも素晴らしいものでした。すべて、19世紀末から20世紀初頭にパリで一世を風靡したバレエ団「バレエ・リュス」の振り付けに沿っています。

なにしろ、マリインスキー劇場の総裁、ヴァレリー・ゲルギエフが、自身のオーケストラを指揮するのであるから、コンサートとして聴いても損は無い。ダンサーもすべてマリインスキーでキャスティングされている。ノルマはS席で400ユーロもしたが、このバレエは前から15列目のA席で99ユーロ、これはお得だった。ゲルギエフの切れのあるストラヴィンスキー、緊張感に溢れて、これだけで感動。

「結婚」はマイナーな群舞の作品だが、ニジンスキーの姉のブロニスラヴァの不思議に溢れる振り付けは、魅力的だ。

そして、「春の祭典」はマリインスキーならではの、ニジンスキー版、着ぐるみの熊他、不思議な動物が現れるのだが、とにかくすごい跳躍の連続、クラシックではないので、フェッテとか、リフト、ピロエットなどはないのだが、運動量がすごい。音楽とバレエの融合に恍惚。ちょっと、もののけ姫みたいな感じです。
th-th-DSC01757.jpg
th-th-DSC01758.jpg

そして、最後が「火の鳥」これは20世紀初頭にマリインスキー(キエフバレエ)のソリストだった、ミハイル・フォーキンの振り付け、モダンとクラシックの融合。長いプログラムでしたが、美しい衣装と、巧みな踊りで飽きさせません。火の鳥を演じたのは、セカンド・ソリストのアレクサンドラ・イオシフィディが超絶技巧を見せます。この人、背が多分175cmくらいある。これでは、普通のクラシックでは主役ができないのでは。火の鳥では、その体が生きました。

マリインスキーは5月2日に、ゲルギエフがその生涯を掛けたと言われる新しい大劇場がオープンしたばかり。その力を音楽と踊りで余すところなく披露してくれました。

th-th-DSC01774.jpg

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/322-b9c69b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad