プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

アバド来日

10月にクラウディオ・アバドがルツェルン祝祭管弦楽団を連れて来日します。もう80歳で、ヨーロッパでもルツェルンに住んで、地元と年に一回ベルリンフィルを振るだけと聞いていましたので、これはびっくり。梶本音楽事務所さん、やった!という感じです。

5月にヨーロッパに行った時、ちょうどアバドがベルリンフィルでベルリオーズを振るというので行こうと思ってましたが、健康状態などを見て、公演の1ヶ月前まで切符を売らないというので待っているうちに、ザルツブルグ音楽祭の影響でベルリン→ザルツブルグのフライトがいつもの10倍の値段になってしまい、あきらめました。

で、今度は絶対日本で聴かせて頂こうと思っていたら、10月のこの週、仕事でロンドン行きです。あー、ついてないなぁ。アバドは一番好きな指揮者なのですが、生で一度も聴いたことないのです。残念。あとは夏のルツェルン音楽祭に行くしかないなぁ。

一方、10月ロンドンで仕事を早めに切り上げると、17日か19日にブッセートでのファルスタッフに行けるんです。Festival Verdiの真っ最中ですが、なんとレーナード・ブルゾンが出ます。1916年生まれですから77歳のはず。これも行きたい。

あれも行きたい、これも行きたいです。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/334-8813fd2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad