プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ローマ歌劇場を連れてムーティがやってくる(続々)

やっとNBSから正式発表になりました。来年5月のローマ歌劇場来日、予定通りムーティ指揮のナブッコ(スカルピッタ演出)とシモン・ボッカネグラ(ノーブル演出)の2演目です。まだ、5-6月としか日程が書いてありませんが、先日アップしたように、ローマ歌劇場の発表通りだと、シモンが5月25,27,31日、ナブッコが、29,30と6月1日でしょう。キャストもまだ仮ですが、フリットリ、ガナッシ、メーリ、ルカ・サルシ、タチアナ・セルジャン、ゲオルグ・ペテアン、リッカルド・ザネッラート、ローマ歌劇場で歌っている若手が中心です。ここ数年でみな、すごくうまくなったそうですから期待! フリットリは多分、アメーリアかな?

値段もまだ決まっていませんが、S会員用のまとめプライスから見るとスカラより少し安そう。

ちなみに2015年は5月にロイヤル・オペラ、パッパーノ指揮でマクベス、ドン・ジョヴァンニ、2016年が、5月にフォルクスオーパー、 こうもり、メリーウィドウ、チャールダッシュの女王。そして10月にはウィーン国立がメスト指揮でばらの騎士(これ行きたい!)とワルキューレで来るそうです。

しかし、今の日本の原発の状況で、引っ越し公演自体がこれからどうなるのかがわかりませんね。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/352-f03e5440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad