プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

引っ越し公演関係&デセイがやってくる!

ヴェローナのアイーダ at 東京ドームの延期または中止は、おそらく今週主催者側から発表になるでしょう。けっこう強い根拠のもとに書いておりますが、その後、再交渉が成立して来日、チケット販売再開ということになったら、はずれです。すみません。

それと、スカラ座の¥25,000-オペラ体験チケットは、現在は福祉関係者など、限られたところでしか売られていません。¥25,000-でB席だったら、もう一回行きたいんだけど。

あと、吉報。ナタリー・デセイ、引退宣言後もこの秋、トゥルーズのオペラハウスでマノンに出たり、全く唄わなくなったのではなさそう。来年4月にピアノのフィリップ・カサールと共に来日します。ドビュッシー、シューマンなどの歌曲のリサイタルになりそうですが、とても嬉しいです。僕、現在の歌手で彼女とヌッチが一番好きですから。

それと、デッカー演出のトラヴィアータをデセイが舞台で歌うまでをドキュメンタリーにした、「椿姫ができるまで」が、まもなく上演されます。これもとても素敵な映画みたいです。

12月10日に、トッパンホール(だと思いました)で、堀内康雄と佐野成宏のリサイタルがあるはずなんですが、全然情報が入りません。これ、多分ヴェルディ中心になると思うので、楽しみなんですが。。。

あと、マイナーなものが好きな方、ヴェルディの初期作「オベルト サン・ボニファーチョ伯爵」が、テアトロ・ジーリオ・ショーワで10月に公演されます。2,500円から4,500円といつもながら良心的な価格。素晴らしい小ホールです。僕は、ちょうど出張&パルマヴェルディフェスティヴァル行きで行けません。残念!

今日はこれで。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/354-cd0cccfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad