プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリエッラ・デヴィーアにやられた....

ベタなタイトルですみません。でも、僕としては「誰々にやられた...」というタイトルは、ずいぶん前のナタリー・デセイ以来。

デヴィーアは良く日本に来ているので、いつでも聴けるだろうと思って録音で聴いていたのが、一昨年あたりから来なくなり、焦って去年の11月にイタリアのカターニャでトラヴィアータを歌うというので、チケットを入手して行く気まんまんだったのが、ドタキャンされました。でもって、カターニャの仇を江戸で討つということで、昨日の藤原歌劇団のトラヴィアータに行って来ました。

素晴らしかったですね。それ以外言いようが無い。64歳ということで、声に衰えがあるのではないかと思いましたが、高音がややきつそうだったのは一幕目の最初の部分のみ、あとはもう素晴らしいコロラットゥーラのソプラノが響きました。そして、五線内の中音部の表現力の素晴らしさ。これは他の歌手だって素晴らしい人はいますが、デヴィーアの自然さ、さりげなさ、力のこもらない歌い方、それでいて声の表情がすごい。1幕2場の"Morro"は、これまで聴いた誰よりも力が抜けていましたが、(机も叩かない) どんな他のソプラノよりも「死ぬ」覚悟が胸に響き、ウッと来ました。でも我慢。 "Amami Alfredo"も拍子抜けするほどサラリと。ちょっとオケが盛り上がりすぎ。3幕目の"E tardi"なんかつぶやくようでした。でも凄いんですね。その後のアリアかシェーナか、自分自身のことをtraviata/道を踏み外した女、と歌うところ、その"Ah della traviata"が聞こえた途端、落涙。鼻水も出てきてもうダメでした。ここでやられるとは思わなかった。まさにそこに生身のヴィオレッタがいたのです。

今日は一階一列目で見たので、高音がやや頭の上を飛んでいってしまう感じがありましたが、オペラにのめり込むには最高の位置。こんなそばで見ても年齢を感じさせません。可愛いトラヴィアータ。しかし、まったくブレスが聞こえないんです。どこで息をついでいるのかもわからない。もちろんプロンプターボックスも無し。「椿姫」で出世した某ソプラノ歌手など、50歳を前に声も衰えブレスが響き渡っています。エライ違いです。

ベルカントのトラヴィアータはいいですね。メイも良いし。でも、自然さではデヴィーアにかなわないですね。ピアニシモはすごいけど。古くはサザーランドかしら。そしてデセイ。

今日は、合唱もデヴィーアに合わせて抑え気味でしたが、とても良かった。ただ、オケはところどころやや鳴らしすぎという感じも。園田隆一郎の指揮は、かなりスピード速かったですが、これはデヴィーアの好みか? 基本的にはインテンポで、ズンパッパで好感持てました。ところどころ伸ばすのも歌手と調和して、必然性があって良かったです。沼尻竜典の伸ばし方とは全然違う。

演出は藤原としてはモダンでシンプルで非常に好感が持てました。3幕目、二人が寝ながら歌い、「パリを離れて」に移っていくところなどは、新しい藤原を感じました。序曲のところで1幕目も3幕目も幕が閉まっているトライヴィアータは久しぶりです。この序曲はゆっくり目を閉じて聴きたいので、幕が閉じていると安心です。

村上敏明は、いつものように堅実で正確な歌唱を披露していましたが、今日は特に演技にも力が入っていましたね。ただ、たまには他のテノールも聴きたいという感じで、7日の別のキャストにも行きます。

残念だったのは、堀内康雄。今日はどうしたんでしょうか。不調でした。ファンなのでその不調さについては開拓ないですが、まあ、たまにはこういうこともあるんでしょう。カーテンコールでも精気がなかったです。体調悪かったのかなぁ。心配。

特筆したいのは、アンニーナの家田紀子。今まで聴いたアンニーナで最高! 下手なヴィオレッタなら喰われてしまいそう。あまり良いので、思い切ってカーテンコールで"Brava"かけましたが、後ろの方から同時に二人くらい"Brava"が聞こえました。デヴィーアと二人で、そのまま””花の二重唱か、”ノルマとアダルジーザの二重唱”に移行できそうでした。

やっぱり、藤原歌劇のイタリアオペラはいいですねー。肝を押さえています。去年の夢遊病から続けて聴いていますが、ホントいいです。特に女声は層が厚いですね。で、明後日の佐藤亜希子さんにも期待です。

来年はシラクーザを呼んでオリー伯爵! 今日の公演もそうですが、S席で20,000円ですから、他の引っ越し公演の1/3です。デヴィーアの9月8日の公演も、まだチケットあれば是非!

で、明日はいよいよファルスタッフです。

th_2013090502ope.jpg


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/364-e1ec5a5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。