プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ヴェルディイヤーもあと3ヶ月、それといかにヴェルディにたどりついたか。

今年ほどヴェルディを聴いている年はありません。そりゃそうですよね。生誕200周年ですから。

今までに聴いたヴェルディの作品をリストして、まだ生で見ていない演目がたくさんあるのに、びっくりしたというか、焦ったというか...... いやー、もう少し見ているかと思いました。

下記の通りです。生で見た作品には✓を付けてあります。群盗は来週見るので、先に✓をしておきました。番号の無い作品は、その前にある作品の改作で、通常、ひとつの作品としてカウントされません。

✓1.オベルト (1839)
2.一日だけの王様 (1840)
✓3.ナブッコ (1842)
4.イ・ロンバルディ (1843)
イェルサレム (1847)
✓5.エルナーニ (1844)
6.二人のフォスカリ (1844)
7.ジョヴァンナ・ダルコ (1845)
8.アルツィーラ (1845)
9.アッティラ (1846)
✓10.マクベス (1847)
✓11.群盗 (1847)
12.海賊 (1848)
13.レニャーノの戦い (1849)
14.ルイザ・ミレル (1849)
✓15.スティッフェーリオ (1850)
アロルド (1857)
✓16.リゴレット (1851)
✓17.イル・トロヴァトーレ (1853)
✓18.ラ・トラヴィアータ (1853)
19.シチリアの晩鐘 (1855)
✓20.シモン・ボッカネグラ (1857)
✓21.仮面舞踏会 (1859)
✓22.運命の力 (1862)
✓23.ドン・カルロ (1867)
✓24.アイーダ (1871)
✓25.オテロ (1887)
✓26.ファルスタッフ (1893)
✓27.レクイエム(1868)

17作品は見ています、と言うか10作品も見ていない、と言うか。この中で最も回数を見ているのは、トラヴィアータで、なんと14回も見ています。トラヴィアータは好きなんですね。年に1回は見ないと気が済みません。あとはだいたい2-4回見ていますが、運命の力とスティッフェーリオは1回だけです。

今後、見たい、そして探せば海外か日本で見られる可能性のありそうなのは、ルイーザ・ミレル、シチリアの晩鐘、二人のフォスカリくらいでしょうか? 他は、よほど運が良く無いと見られそうにないです。

この中で最高に良かったのは、昨年チューリッヒで見たシモンボッカネグラ(レオ・ヌッチ)です。これは他を圧倒して良かった!あれからヌッチを1年半で4回聴きました。もう聴けなくなるんではないかという焦りもありました。でも、まだ大丈夫そうですね。

最初からヴェルディだけが好きだったわけではなく、今でもヴェルディだけ好きというわけではないんですが、でもヴェルディが一番好きな作曲家になりました。僕はもともと、ボサノバ、ブラジル音楽ファンで、今でもそちらのほうがずっと年季を積んでいて詳しいと思います。オペラはほんの10年ちょっとしか聴いていません。クラシックは、JAZZを良く聴いていたころに、グレン・グールドを聴いて入り込みました。良くあるパターンです。ゴールドベルグ協奏曲ですね。グレン・グールドって僕の世代では、高橋和巳かサリンジャーという感じで、必ずはまるピアニスト。あと、ビル・エバンスもそうです。でもそのうちグールドは聴かなくなります。だんだんバッハも他の演奏者で聴くようになりました。それでカザルスに行き着いたのですが、すぐにカザルスの演奏のボッケリーニにはまってしまいました。チェロ協奏曲は今でも心の糧です。

そして、ボッケリーニから戻って、スカラルッティ、コレルリ、アルビノーニ、ヴィヴァルディなどのイタリアンバロック。その頃、イムジチ良く聴きました。そして、レスピーギ、ローマ3部作も好きでしたが、リュートのための古風な舞曲とアリアをずいぶん聴きました。というわけで、今年のバッティストーニのレスピーギに興奮して2度も行ってしまったのです。あとはフランスの室内楽でしょうか。特にラベルの弦楽四重奏はボッケリーニとならんで、「僕の1枚」です。

で、イタリアの交響曲を聴こう化と思ったら、無いんですよね。オペラしか。で、オペラに行きました。最初はヴェリズモと、ロッシーニ。入りやすかったです。ヴェルディは、カラスにはまったころ(2年くらいカラスばかり聴いていた)、ジュリーニの指揮のトラヴィアータが気に入って、そこから入りました。

ヴェルディの何がいいのか? そんなことを書き出すと長くなるのでまた今度。まあ、やはり彼が音楽家であるだけでなく、”イタリアの劇場の人”であること、音楽がどんどん進化したことが魅力かなぁ。

今は、プッチーニやヴェリズモはあまり聴かなくなりました。イタリアだとヴェルディ以前ですね。特にベッリーニは好きです。そしてワーグナー、リヒャルトストラウスもけっこう好きです。まだまだ聴きたい、勉強したい音楽たくさんあります。バロック・オペラ、それからバレエ音楽(バレエももちろん)、あとは、消えつつあるボサノバとMPBのヒーローたちを聴きに行きたいです。あんまり時間がないですね。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/381-2431dcd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad