プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

新国立劇場でやってほしい演目ベスト10

まことに勝手なブログです。

新国立劇場で、是非公演してほしい演目を10個あげてみました。

1.シモン・ボッカネグラ(ヴェルディ)

今、世界の歌劇場で上演されているヴェルディの作品としては、トラヴィアータ、リゴレットに続いてドン・カルロスと同じくらいの頻度で上演されているのがこれです。シモンの熱狂的ファンとしては、是非やってほしい。今年大阪のいずみホールで堀内康雄のシモン聴きましたが、素晴らしかった。タイトルロールは彼で良いと思いますが、どうしても外人を持ってきたいというなら、誰かなぁ、最近出番が減っているゲルフィなんかどうでしょうか?

2.二人のフォスカリ(ヴェルディ)

これもヴェルディですが、内容的には暗すぎるかも。ただ、タイトルの力があるので、集客できるのだはと思います。しかし、これもバリトン誰にするかは問題ですね。ヌッチは当然呼べませんし、マッシモ・カヴァレッティはこれ歌うかな? スグーラは若すぎるし。フロンターリはつまらんし。。ストヤノフ? あまりに暗いというなら、エルナーニでは?(これも明るくはないですが)

3.パルジファル(ワーグナー)

音楽監督も飯盛さんになりますし是非!日本でレベルの高いの聞きたいですね。もちろん、新国立に最近出演したフローリアン・フォークト、これ良く歌ってますから、まだ呼べるんじゃないでしょうか?

4.ナクソス島のアドリアネ(リヒャルト・ストラウス)

同じく、飯盛さんの得意そうな演目。これ、僕好きですねー。劇中劇のオペラが始まるところが特に。これは、幸田浩子のツェルビネッタで藤村実穂子のアドリアネで、充分素晴らしいと想います。

5.ベッリーニで何か一作。新国立ってベッリーニやっていないと思うんですけど、どうでしょうか? 夢遊病の女が良いと思いますが、去年藤原が新国でやってますから、敢えてやりたくないかも。チェドリンスあたりが呼べるならノルマもよいですが、清教徒が現実的かもしれません。ちなみに、夢遊病であれば、高橋薫子とシラクーザ、あるいはホセ・ブロスでお願いします。

6.ロッシーニからひとつ。ロッシーニもセヴィリアとチェネレントラくらいしかやってないんじゃ内かなぁ。湖上の美人、ランスへの旅(歌手を集めるのが大変ですが)あたり、是非やってほしいです。

7.後宮からの逃走(モーツァルト)

それか、皇帝ティートの慈悲でも良いのですが、モーツァルトもたまには変わったのやってくださいよ。

8.利口な女狐の物語(ヤナーチェク)

現代に近いところで、これを是非! オペラファンの間では今人気です。演出は面白いのにしてください。

9.真珠取り(ビゼー)

フランスものも一つ。本当はドリーブのラクメやってほしいですが、タイトルロールを呼べないでしょう。ランカトーレが最高ですけど。真珠取りもランカトーレが良いと思いますが、ちょっと値段が高くなりすぎそう。誰か他で。これも音楽美しいし、合唱が多いので新国立の合唱団で聴きたいですね。フランスもの、ひとつやってほしいですね。この前来日したスペインのソプラノ、アイノア・アルテータがフランスもの得意なようなんで、グノーのファウストかロメオとジュリエットでもいいです。あと、フランスの歌手としては、パトリシア・プティポンを呼んで欲しい。正直、12月のオランピアは彼女を呼んでくれたら良かったなぁ。幸田さんには悪いけど。

10.あとひとつ迷うところですが、ヘンデルのジュリオ・チェーザレ、ジモーネ・ケルメスあたりがやってくれないでしょうか?この人、あまりオペラに出ていないようなんですが、バロックオペラのアリア集は出していて素晴らしいです。

番外:連隊の女(ドニゼッティ)、デセイ以外のイメージが浮かばないのが問題ですが…. エフゲニー・オエーギン、これはロシア系で歌える人は見つかると思います。 三部作(プッチーニ)、ジャンニ・スキッキで集客できると思いますが、実は外套と修道女アンジェリカが素晴らしい。


と、年末が近くなると、こういう夢を見ます。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/397-c5894be7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad