プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

弊著「実践ライセンシングビジネスマネジメント」電子版のご紹介

今日は音楽の話からは、はずれるのですが、昨年5月に売り切れとなりました弊著弊著、「実践ライセンスビジネスマネジメント/ロイヤルティで稼ぐ仕組みを構築する」(2009年9月日本経済新聞社出版社刊)についてのお問い合わせが増えておりますので、電子版のご紹介をさせて頂きます。本書は3,000部を発行致しましたが、昨年5月に完売してしまいました。Amazonなどで販売されておりますのは、古本屋扱いで、元々の価格 ¥2,900-の2倍程度の価格になってしまっております。このため、本書の私の著作部分(出版社名などを除く)を電子化して販売しております。

この本の再版については、あらたに改訂し書き下ろしで本年4月に発刊予定でしたが、遅れております。ご存じのようにTPPの著作権関係の交渉合意がなされていないことが大きな原因です。実際は、それとは関係無く書ける部分も多くあるのですが、骨子となる部分が固まらないと、どうも書く気にならないのです。大変申し訳ございません。
c0246147_13431937.jpg

ということで、当面は「実践ライセンスビジネスマネジメント」の電子版をご利用ください。本書は発刊から4年経っておりますが、著作権、商標権、契約書、実践面などで、内容に古いところはなく、本年も私の大学院での授業の教科書としても、この電子版を使用していきます。

「実践ライセンスビジネスマネジメント」電子版の購買をご希望の方は株式会社ブランドッグのウェブサイト、 http://www.brandog.net/ の右上の「お問い合わせ」より、「本購入希望」などの語句タイトルに入れてご連絡下さい。電子版の概要、及び購入方法は発刊済の書籍版と全く同じで下記でございます。

■タイトル:実践ライセンスビジネスマネジメント/ロイヤルティで稼ぐ仕組みを構築する

■書籍版発刊年月:2009年9月15日

■著作者:草間文彦

■書籍の定価:2,800円(税抜き)

■体裁、内容:B5版 ソフトカバー 312ページ、11章よりなります。(詳細下記)

□電子版体裁、PDFフォーマット(書籍版にある出版社名を記した部分は削除されています。)

□価格:1,400円(税抜き)

□販売方法:データによる送付(宅ファイル便経由/非圧縮 PDF版約100MB)

□支払い方法:請求書をメールでお送りしますので、御入金確認後に発送致します。

□その他:データの再コピーは、著作権法で禁止されています。

□本書の書評など
-Amazon
-行政書士の方のブログ

□本の内容(チャプター)
Chapter 1ライセンスビジネスとは何か

1知的財産権の種別
2©や®はなぜ必要なのか?
3現代ライセンスビジネスの誕生
4ライセンスビジネスの実態
5ライセンスビジネスの基礎知識

Chapter 2ライセンスビジネスの魅力

1新規の参入障壁が低い
2低いリスクで大きなリターンが得られる可能性
3メインのビジネスを助ける
4人にモチベーションを与えるビジネス
5企業にとっての外部へのメッセージ効果
6ライセンスビジネスのリスクは?

Chapter 3ライセンス市場

1ライセンスビジネスの市場規模
2世界のライセンス市場の特徴

Chapter 4プロパティの種類

1エンターテインメント
2コーポレート&トレードマーク
3スポーツ
4ファッション
5大学関係
6アート
7NPO
8音楽
9出版
10プロモーションライセンス
11これから伸びてくるプロパティは?

Chapter 5ライセンスビジネスを組み立てる

[ステップ1]プロパティの選択
1プロパティの情報を得る97
2ステップ1:プロパティの選択106

Chapter 6ライセンスビジネスを組み立てる[ステップ2]

契約内容、その交渉と確認
1権利の存在:著作権
2著作権を確立するのに登録は不要
3権利の存在:商標権
4商標区分とは
5商標権の確認方法
6商標権を登録する
7商標の種類
8使わないと消えてしまう? 登録商標
9意匠権
ライセンスビジネスの重要なルール
ロイヤルティ──料率と支払方法
プロモーションのロイヤルティ
ライセンス申請書
秘密保持契約
保険
品質管理
流通販路
契約の解除、終了
準拠法と合意管轄
契約条項確認書

Chapter 7ライセンスビジネスを組み立てる[ステップ3]

ライセンスビジネスの開始
1ビジネスプラン
2ビジネスプランを構成する要素
3プラン、モニター、コントロール(PMC)の重要性
4ロイヤルティ徴収の方法:証紙管理制度
5ロイヤルティの海外送金
6業務監査権(オーディット)
7ライセンスマニュアル
8コンプライアンスという責任
9ライセンサーはオールマイティか?
契約書の落とし穴

Chapter 8ライセンスビジネスの戦略

1DTR(Direct To Retail)
2再許諾とバイセル
3プロダクト・プレイスメント
4タイアップとタイイン
5偽物の問題
6ライセンスエージェントの働き

Chapter 9ライセンスビジネスとブランドマーケティング

1ブランドとは
2ブランドエクイティ
3ブランドトランスファー
4ライセンスビジネスにおけるブランディング戦略
5調査の重要性
6プロパティのイメージコントロール

Chapter 10ライセンスプロデューサー 誕生への期待

1ライセンスプロデューサーの条件
2アウトソーシングの勧め
Chapter 11これからのライセンスビジネス
1高いクオリティの“ブランドの経験”
2DTRの完全実現
3権利侵害品の駆逐

エピローグ──LIMAとの6年間

参考文献

巻末資料
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/409-e774b6fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad