プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

カルミナ・ブラーナ

3月のイタリア旅行から帰ってから、当然忙しくなるとは予想はしていたけど、いや思った以上です。もう忙しくて、、観劇はおろか、家でゆっくりと音楽を聴く時間もない始末。ブログも書けませんでした。

それでも先週、今週と2週連続で、新国立劇場のバレエ「カルミナ・ブラーナ」を見て来ました。これは、新国立劇場の”顔”ですね。素晴らしい!今回の公演は来月退任するデヴィッド・ビントレー監督の総決算。あらたに、新制作の”ファスター”との2本立て。任期中一度も指揮をしなかった、顔さえも出さなかった、オペラパレスの尾高なんとかいう人と違って、ビントレーは在任の4カ年の間に素晴らしい仕事をして、新国立バレエを新たな高みに導いたと思います。

このカルミナと来月の最終公演、"パゴダの王子”はどうしても見なくては。。いつでも見られると思って、僕はそれほど新国立のバレエってたくさん見ていないんです。ザハロワなってしょっちゅう来ていたのに一度も見ていない!!

とは言え、2週連続で見たこのカルミナ・ブラーナ、とにかくかっこいいい!Coolです!興奮とタメ息!

今日もこれから仕事なんで、感じたことだけ。。

img5092.jpg
・バレエの振り付けには、ビントレーの天才的な才能を感じますが、とにかくこれを表現するダンサーの力がすごい。これだけのクォリティのバレエが国内で見られるなら海外行かなくていいのでは、と思ってしまいます。

・そして、カルミナ・ブラーナは総合芸術ですから、音楽も大事なんですが、ポール・マーフィーの指揮、新国立の合唱、高橋淳、安井陽子、荻原潤の歌唱、どれもすごいです。特に、ポール・マーフィーのは、難しいバレエ音楽の指揮を見事に緊張感とテンポの良さで引っ張りました。今年は、去年はゲルギエフ指揮でマリインスキーバレエの、結婚、火の鳥などのバレエ・リュス作品を堪能する機会もありましたが、ボニングなきあと、そうそう真剣にバレエ音楽を振ってくれる指揮者がいないのです。 まあ、クラシックバレエではこうはいかないと思います。パ・ドゥ・ドゥとかありますしね。ダンサーに合わせて振らないとバレエができませんから。そういう意味では、素晴らしいミンスクの音楽を聴くというのは難しいですね。

・配役ですが、20日の米沢唯はシャープで躍動感のあるフォルトゥナ、今日の湯川麻美子は妖艶で感情がほとばしるフォルトゥナを演じました。両方とも良かったですが、僕はやはり世代的にも湯川さんかな。男性ダンサーでは、英国から来たシングルトンがすごい! アルビン・エイリーみたいです。

・ファスターに出た、本島美和さん、大ファンです。最近は世代交代気味ですが、彼女の存在感と優雅さ、”シルヴィア”でも思いましたが、日本のモニカ・ルディエール、、って言ったら、「まだそんな歳じゃない」と言われそうですが、優雅ですね。
ko_20001683_kouen.jpg

良いオペラを聴くと、1週間くらいそのシーンやイメージ、コンセプトが頭を占領して、自分の人生とのかかわりを探しまわることになりますが、良いバレエは、とにかくポジティブなエネルギーをくれます。元気になります。

最後に、今回は今日は2階最前列のA席、先週は4階2列目真ん中のD席でしたが、D席の音の良さにびっくりしました。4300円でシャンパン付き!

それもあって、とにかく満足です。6月のパゴダも2回見に行きたいものです。







関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/443-0f1515fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad