プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

つれづれ。。

ただいま、WOWOWでMETのオペラ見ています。ヘンデルの”ロデリンダ”。ちょっと見て、仕事に戻ろう(GWなのに)と思っていたら、けっこう引き込まれました。カウンターテナーのアンドレアス・ショルがすごい!グリアモルドのカイザーも。。どちらかというと男声がいいかなぁ。僕の好きなルネ・フレミングですが、今ひとつという感じがします。ピークは過ぎたのでしょうか。それともヘンデルに合わないのか。後者でしょうね。僕は彼女の最高の歌は、R.ストラウスの「四つの最後の歌」だと思っています。

METも長いこと行っていません。ドミンゴのシモンと、クーラのスティッフェーリオを見たのは何年前だったかなぁ。2010年ですね。4年以上行っていないんだ。1991年くらいからほとんど毎年1-2回は仕事で行っていたのでNYは懐かしい感じがします。うちの奥さんが幼稚園、高校、大学を過ごしたところだし。でも僕がオペラにはまったのは2002年くらいで、それまでは、NYと言えばJAZZでした。その頃はお酒も飲めたので(今はC型肝炎で禁酒中)JAZZの思い出のほうが多いですね。あとはABT。

しかし、そろそろNYにも行きたくなってきた。

そろそろ、秋のシーズンの観劇プランも決めないといけません。今年は仕事と学校が忙しいので、まだチケットはとっていないものが多いんですが、だいたい行きたいのは決まっています。

新国立は、もちろんクプファーの新演出のパルジファル、これはすごいことです。それとドン・カルロかな。ドン・カルロは9月に芸術劇場でフランス語版5幕やります。これは、この前モデナのシモンで聴いたコロンバラが出ます。1日しかやらないのがもったいない。リヨンのホフマン物語ももちろん行きます。今年はフランスオペラ多いです。そして、上江隼人さんのヴェルディリサイタル。スティフェーリオ歌います。7/31に紀尾井ホール、小さいホールなので、すぐにチケット売り切れますから、これは押さえています。

藤原のラ・ボエームにフリットリが出ますが、どうしようかなぁ。あまりプッチーニを聴きたいと思わないんです。外套とアンジェリカくらいでしょうか、聴きたいと思うのは。

今年は海外はあと2回くらい、それも仕事がびっしりなので、オペラは見られてもそれぞれの出張で1回づつくらいです。今月中のドミンゴ、マチャイゼのタイス、LAオペラです。これはチケット押さえました。行けるといいなぁ。あとは10月にロイヤルオペラでキーンリサイドのリゴレット。こちらは、滞在中にやっているんで、行ければ行くという感じです。むしろロイヤルオペラでオーシポワのマノンがあるようなので、そちらのほうが魅惑的です。

あとは、秋に多分ヌッチが来るでしょう。もちろん!行きますよ。そして9月の頭には、まだ発表になっていませんが、なかなか素敵なリゴレットがあります。GW中に、色々と調べて決めたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/445-79a4e474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad