プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ニューイヤーGALA

2008-01-06 09:47

オペラパレス(新国立劇場)の5日のガラ行ってきました。本年初のコンサート!4階の天井桟敷席だったけど、値段が、昨年のベルリンのトリスタンの10分の1以下と考えれば全く"Value for money!"

今回は、”ナブッコの、「行け、我が想いよ、金色の翼に乗って」の合唱を楽しみにしていて、実際とても良かったのだけどやはり全幕物で見たいところ。

二人の日本人は良かったですが、外人組は、どうもパッとしない。最近のオペラパレスはずっとそんな感じ。

ラ・ボエームに代役が急遽決まったドメニコ・バルザーニは、練習不足?音程が不安定で、最初の「セビリアの理髪師」の"フィガロ”のアリアは口が回らない感じ。

アンコールの「乾杯の歌」でもアンネッテ・ダッシュに比べて、天羽明惠のソプラノは、声量もひびきも素晴らしく、これなら外人はいらない、という気がしました。

佐野成広は、おとといのNHKのオペラコンサート同様、”ブラボー!” イタリアに住むだけあって、声もイタリア、ちょっと影のある甘い声を聴くと、イタリア料理食べたくなる感じ。f0148711_1022235.jpg

新国立バレエ団も美女ぞろい。MAXIM'Sのレストランを模した、舞台も洒落ていて楽しみました。今年はオペラパレスでバレエも少し多めに見たい。ゆうぽーとよりも明らかに観客には快適です。

さて、来週はプラハの魔笛ですが、年末に色々予約入れたので、何がなんだかわからなくなってきて、整理しました。今後の予定と、5日のGALAの演目は下記。

2008.1.5新国立GALAコンサート新国立
2008.1.13魔笛、プラハ国立県民ホール
2008.1.25ナクソス島のアリアドネ新国立
2008.2.11夕鶴、鮫島由美子サントリーホール
2008.3.2カヴァレリア・ルスティカーナ横須賀芸術
2008.3.10アイーダ新国立
2008.3.16オペラ研修所公演「フィガロの結婚」新国立中ホール
2008.4.13魔弾の射手新国立
5月 バレエ"バヤデール” 新国立

GALAの演目

第1部:バレエ
 「アンド・ワルツ」:M.ラヴェル(高雅で感傷的なワルツ)

 「こうもり」から“グラン・カフェ”

第2部:オペラ

 ロッシーニ『セビリアの理髪師』より「私は町の何でも屋」ドメニコ・バルザーニ
 ロッシーニ『セミラーミデ』より「麗しい光が」 アンネッテ・ダッシュ
 マスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ』より「オレンジの花は香り」新国立劇場合唱団
 プッチーニ『トスカ』より「星は光りぬ」 佐野成宏
 モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』より「カタログの歌」ドメニコ・バルザーニ
 J.シュトラウス?世『こうもり』より「チャルダッシュ」アンネッテ・ダッシュ
 ヴェルディ『ナブッコ』より「行け、我が想いよ、金色の翼に乗って」新国立劇場合唱団
 ヴェルディ『椿姫』より「ああそはかの人か」 天羽明惠、佐野成宏
 ビゼー『カルメン』より行進曲と合唱 新国立劇場合唱団
 グノー『ファウスト』より「宝石の歌」アンネッテ・ダッシュ




関連記事
スポンサーサイト

FC2Ad