プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

ドン・カルロとリゴレットの日にちが重なったぁ!!

困った、困った。2つの魅力的なヴェルディの公演が、なんと9月6日に重なってしまいました。ひとつは、フランス語版5幕という、世界でもめったにやらない「ドン・カルロ」、フランス語上演ですが、タイトルは「ドン・カルロス」になっていますね。15時から東京芸術劇場。

もうひとつは、同日18時からのリゴレット。14時と19時くらいだったらどちらかを1時間ミスれば、両方とも見られるんですが、池袋で多分18時くらいに終わって(5幕ですから)、瞬間移動して百合ヶ丘に行かないと間に合わない。でも、両方切符取っているんですよね。ドンカルロの後半あきらめるか、リゴレットの最初をあきらめるか.....頭が痛い。ドン・カルロはこの前、モデナで素晴らしいシモン・ボッカネグラを聞いたときに、ヌッチの相手役のフィエスコを歌ったコロンバラが来日します。そしてリゴレットは久々のジルダを歌う、日本のベルカントディーヴァ、高橋薫子さん。あー、困った。一日ずらしてくれればいいのになぁ。

もう少し日にちが近くなったら、両劇場の休憩のスケジュールを聴いて決めようと思っています。

それにしても、今忙しくて、明後日からまたアメリカ出張。今日、なんとか「パゴダの王子」見に行きたかったんですが、ダメでした。

明後日からラスベガスなんですよね。LAでもこの前みたいに、運良くタイスが見られたりするんですが、ラスベガスはショーはたくさんやってますが、オペラはない。今回泊まるマンダレイベイの隣のホテルがルクソールで、ロビーはまるで「アイーダ」のセットみたいなんで、そのままロビーでオペラできると思うんです。

あと、心配なのは、3月に現地で主役二人+オケまでキャンセルくらった「真珠取り」を見たパルマ王立歌劇場、ますます運営危機のようです。今年のヴェルディフェスティヴァルはどうなることやら。。。。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/460-a6b03382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad