プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

大野和士&リヨン歌劇場管弦楽団

しばらくブログを更新していませんでした。6月はオペラ、バレエ不毛の月で、1週間トレードショーでラスベガスに釘付け。ショーは色々あるんですが、オペラはないんですよね。フリットリとリナ・ヴァスタのリサイタルからずっと日が空いて今日の大野和士のよこすか芸術劇場でのコンサートでした。

■曲目
ルーセル バッカスとアリアーヌ 第2組曲
ストラヴィンスキー バレエ音楽「ペトルーシュカ」(1947年版)
ムソルグスキー(ラヴェル編曲) 組曲「展覧会の絵」
□アンコール
マ・メール・ロワ

印象派の絵画というイメージの音。フランスですねぇ。一番良かったのは、実はアンコールのラヴェルマ・メール・ロワだった。ハーディングのラ・ヴァルスも素晴らしかったけど、彼のはほとばしる理論派の情熱。大野のは、画家が絵を描いていくような、そうエクス時代のゴッホか、初期の窓を書いていた頃のマチスか。。彫刻的なバッティストーニとも違う、成熟した大人の音です。フランス好きですからね、たまらんです。

展覧会の絵は、実に軽くテンポ良く、ラヴェルのアレンジ部分を前に出した音。もともとの重厚さはほとんど影を残していません。ペトルーシュカもゲルギエフなどと全く違いますね。打楽器を多彩に使って色彩が出ています。オケの細かいミスは多々あるんですけど、それを上回るイメージディレクション。

バレエ曲が2つありました。うまいです。現代のピエール・モントゥか!!

今年は本当にフランスオペラが多い、9日はこのオケでホフマン物語。楽しみです。

5月にLAでジェームズ・コンロン式での素晴らしいタイスの瞑想曲を聴きました。そのあとフリットリのリサイタルでも。で、たまたま立ち寄った丸善でこのデュフィの版画を買ってしまいました。瞑想曲が聞こえてきます。

10415680_10152239336966156_2074228686615945572_n.jpg
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/461-8fed70bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad