プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

レオ・ヌッチを聴く!

レオ・ヌッチ!70歳を過ぎて現役、かつ最高のイタリアンバリトン、ヴェルディバリトン。今年は11月に来日します。http://www.tokyopromusica.jp/concert/concert_20141128.html
今回はロッシーニやベッリーニも歌ってくれます。たしか2014-2015シーズンはどこかでセヴィリアに出るはずです。どこだったかな?調べなくちゃ。

ヌッチは、今とにかく聴けるだけ聴いておきたい歌手ですね。最近衰え気味だった中高音部がまた輝いてきましたし(3月のシモンではびっくりしました)、表現力はますます凄い! 最近の "Si Vendetta" なんか神業としか言えない域に達しています。彼はわざと音階をはずすんですね。それもかなり。ただ、それが感情の発露として聞こえるので(それを意図している)、全然おかしくない。しかも感情を入れる歌手の陥りがちな「やり過ぎ」にならないんです。それが全幕を通じて聴けるのが「シモン・ボッカネグラ」。私の若い知人は、今年から来年にかけて、ヌッチのシモンをどこまでも追っかけるそうです。

とりあえずは10-11月のスカラ座。これがおもしろいのは、タイトルロールがヌッチとドミンゴのダブルキャスト。スカラ座ならではの豪華版。ドミンゴの時はバレンボイムが珍しく振ります。この二人は若い時イスラエルでとても親密だったんですね。で、ヌッチは当然バレンボイムでは歌いまでん。ステファノ・ランザーニです。その他のキャストは次の通り

SimoneLeo Nucci (31 Oct.; 2, 5, 9p Nov.)
Plácido Domingo (6, 11, 13, 16, 19 Nov.)AmeliaCarmen Giannattasio (31 Oct.; 2, 5, 9p Nov.)
To be determined (6, 11, 13, 16, 19 Nov.)FiescoAlexander Tsymbalyuk (31 Oct.; 2, 5, 9p Nov.)
Orlin Anastassov (6, 11, 13, 16, 19 Nov.)Gabriele AdornoRamón Vargas (31 Oct.; 2, 5, 9p Nov.)
Fabio Sartori (6, 11, 13, 16, 19 Nov.)PaoloVitaliy Bilyy (31 Oct.; 2, 5, 9p Nov.)
Artur Rucinski (6, 11, 13, 16, 19 Nov.)PietroErnesto Panariello

で、ヌッチとヴァルガスは、来年1月のウィーンでも聴けます。

Leo Nucci | Simon Boccanegra
Ferruccio Furlanetto | Fiesco
Ramón Vargas | Gabriele Adorno
Barbara Frittoli | Amelia

これすごくないですか!おそらく史上最強のシモン。まだ指揮者は決まっていないようですが。。ティーレマンというのは無しにしてほしいなあ。

フォスカリも歌うと思うので要チェック。ヌッチのウェブサイトには全然スケジュールが載っていないんですね。

ただいま自宅療養中なので、こんなことやってます。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/470-be697bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad