プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

サイトウキネンフェスティバル行き

インターフェロン治療の効果のほどはまだわかりませんが、副作用は落ち着いてきたので、オペラ観劇再開です。この治療やっているときは長いオペラは辛いですね。何度も話しますが、前回の2007年にNHKホールでバレンボイムがトリスタンとイゾルデ(ワルフラウト・マイヤー!)を振ったのを聴きましたが、休憩入れて5時間。解熱剤飲んでも9度くらい熱があって、いやー、ホントトリスタン和音に溶け込みました。今迄聴いたワーグナーでは最高でしたが。

9月6日の仏語5幕版ドン・カルロスリゴレットの2連戦も行けそうです。ただ、どこかは切れてしまうので、ドンカルロの最初の休憩あたりで池袋から百合ヶ丘に向かわないとダメだと思います。

それと、10月11,12日に同じくテアトロ・ジーリオ・ショウワで藤原の「夢遊病の女」があります。何度も見たプロダクションですが、藤原のこのベッリーニは安定しているので、是非行かなくては。.......と、この.....の間にゆりフレンズの窓口に電話してセブンイレブンでチケット取って来ました。便利なものです。

では、次ぎにブログを書くのは、日曜日の松本からの帰りのあずさ号の中でしょう。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/473-90db2095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad