プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

マチャイゼに会いたい秋

今年は2月の真珠取りと5月のタイスで、グルジア出身の今が旬のソプラノ、ニーノ・マチャイゼにやられてしまい、以降彼女のスケジュールばかり気になっています。ヌッチとシラクーザ以外でこんなにスケジュールが気になる歌手はいません。「やられた」という感じになったのは、デセイを聴いて以来かも。

でもって、マチャイゼは来年2月にフォルヌヴィル伯爵夫人役(多分)でアムステルダムの歌劇場(珍しいですね)で、ロッシーニの「ランスへの旅(指揮:モンタナーリ)」に出演決定。切符はまだ未発売ですが、もう飛行機予約しました。この週はウィーンでヌッチのシモンがあります。これはチケット取りました。すでにアロケーションかかっていましたが、なんとか取れてラッキー。だって、あとのキャストがフィエスコ:フルラネット、アドルノ:ヴァルガス、そしてアメーリアがフリットリ。NHKホールのかたきが取れます。ただ、指揮者がフィリップ・オーギャンってのがちょっと?なんですが。ワーグナーっぽい?

そして、もうひとつロンドンでのアンドレア・シェニエも見て来ます。カウフマン。家内のリクエスト。

マチャイゼは9月にはLAでトラヴィアータをやります。LAオペラのことはほとんど日本の方のブログには出ませんが、なかなか良いのです。タイスもLAで聴き、マチャイゼの相手役アタナエルはドミンゴでしたが、トラヴィアータでもジェルモンはドミンゴです。「ドミンゴ劇場」と最初は、やや馬鹿にしていたんですけど、何回か聴くとここで聴くドミンゴはいつもものすごいです。気合いがはいっています。そして何より良いのはMETではスターになろうとするけど、LAでは音楽監督なので、マチャイゼなどの若手を育てるために、ちょっと後ろに下がるんです。そして、指揮者のジェームズ・コンロンが素晴らしい。地味な指揮者ですが、実に品がある。観客と演出がやや品が無いのが残念ですが。

しかし、9月は個人的にはニュージーランドに「ロード・オブ・ザ・リング」の旅に行くので、LAには行けないでしょう。そうすると11月にハンブルグで、なんとルイーザ・ミラーに出るのですよ。こっちのほうが魅力的。

予算も考えずに妄想に耽っています。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/475-9dfa6095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad