プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

バッティストーニのリゴレットと欧州の指揮者辞任しまくり事情

まだ先の話ですが、チケットはどんどん売れているようですので皆様お早めに。

アンドレア・バッティストーニ来日、二期会

公演日:
2015年2月 19日(木) 18:30
20日(金) 14:00
21日(土) 14:00
22日(日) 14:00

ですが、僕最初の3日間取りました。いやぁ、なにしろバッティストーニと上江隼人さんの公演(19日と21日....前に「一日だけ」と書きましたが、2日間あります。)、そしてWキャストの成田博之さんも是非聴きたい。

でもって、バッティストーニは11月に自分のオペラハウス、ジェノバのカルロ・フェリーチェで、ヌッチの「ルイーザ・ミラー」やります。これはちょっと食指が。。。コロンバラも出ます。でもって、全く同じ週に、ハンブルグの市立歌劇場で、シモーネ・ヤング指揮のルイーザ・ミラーが! こちらはルイーザを、マチャイゼ、ミラーを、この間のローマ歌劇場来日の際にシモン・ボッカネグラを歌ったジョルジョ・ペテアン、こちらも良い。1週間で2つのルイーザ・ミラーを聴きに行くかと本気で思い始めています。この演目も日本ではなかなか聴けそうにありませんし。

ところで、欧州の歌劇場と指揮者の関係、すごいことになっています。すべて9月に起きています。

ウィーン歌劇場音楽監督ウェルザー・メスト辞任;音楽性の違いで支配人メイエール氏と対立
ナボリサンカルロ歌劇場音楽監督ニコラ・ルイゾッティ辞任:理由は?
□ウィーン歌劇場客演指揮者ベルトランド・ド・ビリーも今後の出演をキャンセル
□そしてムーティもローマ歌劇場音楽監督辞任、、劇場自体が破綻かな?
朝日新聞の記事
すでにトリノ王立のジャナンドレア・ノセダも辞任済

でもって誰がどこに行くんでしょうか?色々と噂になっていますが、一番ビッグで一番可能性のありそうなのが、ムーティがウィーンに行くということ。これはすごい! 来年2月にウィーン行きますので、それまでに御願いします、是非!
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/481-4ce25626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad