プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

クプファーのパルジファルが楽しみ!

いよいよですね。新国立劇場、飯守新監督の初演 "パルジファル”
https://www.facebook.com/nnttopera?fref=ts

これは楽しみです。もう演出をすることはないだろうと思われていた(か?)、ハリー・クプファーの新作です。僕はクプファーのリング、大好きなんですよ。特に最初のライン河の底のシーン。幻想的です。パルシファルとしては去年の春のMETのライブ・ビューイングのカウフマン、パーペ、ダライマンの素晴らしい公演以来。ワーグナーとしても去年5月のハンブルグ歌劇場でのヤング指揮コンビチュニー演出、フォークトが出たマイスタージンガー以来。なんかワクワクします。

今シーズンは新国立行きますよ! ”ドン・ジョヴァンニ”、"ドン・カルロス”、”こうもり”、”マノン・レスコー”、”沈黙”とチケット取ってします。”運命の力”も行くでしょう。

やっと、まともな音楽監督がきちんとしたラインナップを作ってくれた感じがします。音楽監督がシーズンオープニングを振る!、これでなくっちゃ。できれば、彼の得意なリヒャルト・ストラウス、”ナクソス島のアリアドネ”か”パースの美しき娘達”あたりも入っていれば最高でした。ワーグナーファン(僕もワーグナー協会員ですが)には、日本のワグネリアンとして最高の指揮者である飯守泰次郎でしょうが、彼のストラウスも本当に素晴らしい。

今年後半から来年早々
の観劇プラン、こんな感じです。

■2014/10/11 パルジファル(新制作大期待) 新国立
■2014/10/12 夢遊病の娘   テアトロ・ジーリオ・ショウワ
(これお勧めです。この劇場で3度目になりますが、いつもとても良い。イタリアの小劇場の感じ。A席で¥3,800-!!)
■2014/10/19 ドン・ジョヴァンニ(グイヴィチェンではありませんが、新国立の十八番)
                        新国立
■2014/11/16  シモン・ボッカネグラ(ヌッチ)   スカラ座
■2014年11月  眠れる森の美女(新制作)      新国立      
■2014/11/18 ルイーザ・ミラー(ヌッチが主役と演出、指揮がバッティストーニ、行くつもりではいますが......)    ジェノヴァカルロフェリーチェ劇場
■2014/11/19 ルイーザ・ミラー(マチャイゼ、ペテアン、毎日ルイーザ・ミラー)
                     ハンブルグ市立歌劇場
■2014/11/26 レオ・ヌッチ氏を囲む会(ヴェルディ協会主催、どうぞご参加ください。)      
                          リッツ・カールトン東京
■2014/11/28 レオ・ヌッチリサイタル      オペラシティ
■2014/12/3 ドン・カルロ 新国立
1月       こうもり            新国立
■2014/1/14 ウィーン・シュトラウス フェスティヴァル・オーケストラ
                           サントリーホール
■2014/2/1    シモン・ボッカネグラ(ヌッチ、フリットリ、ヴァルガス、フルラネット!なんと豪華な!)
                           ウィーン
■2014/2/3    ランスへの旅(マチャイゼ、大好きな歌手で大好きな演目です。)      
                           アムステルダム
■2014/2/4    アンドレアシェニエ(カウフマン) ROH
■2014/2/19 リゴレット/バッティストーニ上江隼人 文化会館
■2014/2/20 リゴレット/バッティストーニ成田博之  文化会館
■2014/2/21 リゴレット/バッティストーニ上江隼人 文化会館

今年は貯めてきた飛行機会社のマイレッジがヨーロッパ往復4-5回分あり、この恩恵を受けています。ただ、11月はまだ仕事の調整が付かず行けるかどうかは50%/50%です。いずれにしろマイレッジを使うのは達人になってきたかも。。。
    
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/482-a62c9a20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad