プロヴァンスの海と土を少し 湘南人草間文彦

勘三郎忌追善大歌舞伎

ひさしぶりに歌舞伎行きました。10年ぶりかと思ったら、前回は2008年、演目も同じ「寺子屋(菅原伝授手習鑑)」あの時は松王丸が先代の勘三郎、武部源蔵が海老蔵でしたが、まさしく勘三郎の一人舞台。「泣き笑い」は鬼気迫るものがありました。

僕はオペラは「椿姫」から入ったのですが、歌舞伎はもう40年近く前、20代の時にこの「寺子屋」から入りました。その時の松王丸が先々代の勘三郎。その頃は、全然歌舞伎を知りませんでしたが、それでも我が子の首がはねられると知りながら寺子屋入りをさせる松王丸の苦悩でジーンときました。(今はウルウルになってしまいますが)その後、先々代勘三郎や先代松緑で何回か見ました。富十郎のも見たような気がします。

今日は中村屋の勘三郎ではなく、仁左衛門のちょっとクールな松王丸、勘九郎が武部源蔵でした。寺子屋の後も「吉野山」、「」鰯売戀曳網と追善興行ならでは中村屋の得意な演目が続きましたが、七之助はすごいと思いました。今日は時代物でしたが、世話物もさぞや素晴らしいだろうと思わせる演技と声の回しぶり。誰かに似ているというのではなく、彼独自の世界がありました。寺子屋では松王女房役の玉三郎とのやりとりになり、さすがに力の差が出ましたが、鰯売の蛍火の妖艶な様、そして遊女から姫に、そして鰯売の女房に変わる様はあっぱれでした。

ただ、十七代が作った勘三郎の遊びたっぷり(実際遊びをたっぷりしたんだと思います)、余裕たっぷりで、自分の人生経験がすべて役に出るような域に勘九郎が達するまでにはまだまだ長い時間がかかるでしょう。十七代は良くアドリブで客席に下りて来て観客と話しをしたり、時事の話題を織り込んだり。。。普通の役者にではできないことをやりましたね。本当、粋でした。先代もNYでの歌舞伎公演など、遊びがたっぷり入った演目をやりました。新作はあまり好きではありませんが、「ふるあめりかに袖はぬらさじ」の岩亀楼の主人、玉三郎とのやりとりの凄かったこと。今思い出しても目頭が熱くなります。この時も寺子屋をやりましたが、それから2年で鬼籍に入りました。勘九郎さんもまだ何年もお父さんから"粋”な遊びを学びたかったでしょう。

先代、先々代の三回忌、二十七回忌の追善公演ということでたっぷり想い出に浸らせてもらいます。先々代でしかみていないけれど、妹背山婦女定訓の清澄も良かったなぁ。

自分なりにオペラは十八番を作ってありますが、歌舞伎はそんなに見ていないので、せめて五番くらい。オペラの"シモン・ボッカネグラ”にあたるのが、「加賀見山旧錦絵」です。最近は後日談の「鏡山再岩藤」ばかり上演されているようですが、「加賀見山旧錦絵」のほうが舞台が素晴らしくきれい。敵役の岩藤がパオロです。(なんのこっちゃ?)

また、時々歌舞伎にも行くとしましょう。
kabukiza_201410f.jpg
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://provenzailmar.blog18.fc2.com/tb.php/483-2a85b4bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad